準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立大1回戦 優勝には『2連勝』が絶対条件の中迎えたリーグ最終戦 1回戦を快勝で3季連続優勝に王手をかける!!

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対立大1回戦
2018年10月20日(土)
法大多摩グラウンド

空き週をはさみ迎えた秋季リーグ最終戦。自力優勝を達成するためには最終戦である立大に2連勝が絶対条件となった。一時は同点となるも、主将鳴川宗志(社4)が走本塁打を放つなど中軸が機能し勝利。明日への弾みをつける結果となった。

DSC 1692 R
鳴川は走本塁打を放つなど気を吐いた

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0
法 大 1 0 0 2 0 2 3 0 × 12

(法大)尾崎、石橋錬–乘松
(立大)山村、松原、濱崎–木村一

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (8) 大石悠月(経2) 静岡 4 0 0 0
2 (6) 大石智貴(経3) 静岡 4 1 0 0
3 (7) 鳴川宗志(社4) 鳴門 4 2 2 0
4 (3) 佐々木勇哉(社3) 花巻東 4 4 1 0
5 (9) 石橋優一郎(法4) 徳島北 2 1 0 1
6 (4) 三品勇人(社4) 報徳学園 2 0 1 1
7 (2) 乘松幹太(現3) 新田 3 2 3 1
8 (1) 尾崎海晴(社2) 鳴門 1 1 0 0
  PR 中川大輔(社2) 日大三 -  - 
  1 石橋錬(社1) 遊学館
9 (4) 細木雄斗(社1) 報徳学園 3 1 0 0
本塁打:鳴川(7回)
二塁打:佐々木2(6、7回)
盗塁:大石智2(1、5回)三品(6回)大石悠(7回)佐々木(7回)
 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
尾崎 3 5 0 2 1
石橋錬 6 1 2 0 0

併殺:細木―佐々木(1回)

 

戦評

 勝てば優勝への望みがつながる一戦。頂点へ向けもう負けられない法大は、慶大戦までの打線と守備に若干の変更を加え立大を相手に迎えた。  法大の自慢の打線がこの日も猛威を振るう。

 まずは初回、2番の大石智貴(経3)が相手の失策で出塁するとすかさず二塁へ盗塁。続いて捕逸で三塁へ到達すると、4番佐々木勇哉(社3)の内野安打で生還し先制点を奪う。続く4回にもこの試合6番に入った副将三品勇人(社4)の右犠飛、7番乘松幹太(現3)の内野安打で2点を加える。中盤から終盤にかけても攻撃の手を緩めることはなく、6回にはまたも乘松の中前2点適時打、7回には3番鳴川宗示(社4)の右中間を破るまさかの2点走本塁打とバッテリーミスで8点目を加え、効果的に得点を積み重ねる。

 翻って守りの場面、大事なカード頭の先発のマウンドには尾崎海晴(社2)。背番号20番の自慢の速球には力が見られず安打を許しながらも、3回を1失点にまとめ試合をつくる。継投のバトンを受けたのは石橋錬(社1)。ポーカーフェイスの若き右腕は速球と変化球を自慢の制球で操り、登板した4回から9回をわずか1安打で立大打線を完全にシャットアウト。勝利をたぐり寄せる完璧な投球でまさに「絶対に負けられない戦い」をつかみ取り、明日への望みをつなげた。  

 「空き週にはいつもと同じようにルーティーンの練習ができた」。主将の鳴川が語る通り、選手たちに慢心や消極的な気持ちはない。明日の勝利、そして胴上げへの手はずは整った。気合い十分、いざ頂点へ。

(戦評:磯田健太郎・写真:村井美咲、梅原早紀)

 

監督・選手インタビュー

鳴川宗志(気迫の走本塁打で勝利に貢献!)

ー今日の試合を振り返って
打線もつながり、守備も大きな失策がなかったので本当に自分らしいいい試合ができたと思います。

ー自分たちらしい試合展開とは
守備からリズムを作って攻撃につなげるという理想通りの展開でした。

ーご自身の打撃について
打撃は決して調子が良いわけではないですが、4番の佐々木や5番の石橋が当たっているのでとにかくつなごうという気持ちで打席に入っています。 ー今日特に打線の中軸が機能していたが ここ最近三品が当たっていたので、三品を6番に置くことで得点力が上がるのではないかと思いました。あと細木が三塁を守るということで、その点も含めて打線を少し入れ替えました。

ー空き週の取り組みは
空き週もいつもと同じように、ルーティーンの練習をしました。

ー明日へ向けて一言お願いします
明日勝てたら優勝が決まり、負ければ今季が終わってしまいます。なので最後4年生として、後輩たちの新チームへ良い流れでつながるようなプレーをしていきたいです。頑張ります!

 

佐々木勇哉(全打席安打となる4安打と大暴れ!) 

ー今日の試合を振り返って
優勝が懸かっている大事な試合で、いつも通りの法政らしい試合ができて良かったと思います。

ーリーグ戦で4年生と一緒にプレーできるのもあとわずかです
4年生には春からたくさんお世話になっていますし、思い入れもたくさんあるので、最後に優勝して良い形で引退してもらえればなと思います。

ー空いた1週間の過ごし方は
いつも通りの練習をしました。基礎から振り返るくらいの感覚でやりました。

ー今季4番として意識してきたことは
好機でまわってくることが多いので、その時にしっかり決めたり、相手の投手の得意としている部分を狙ったりなど、4番の仕事だと思うことをしてきました。

ー明日の試合に向けて
簡単な試合にはならないと思うんですけど、今日みたいな感じで自分達らしい試合をしていきたいと思います。

 

細木雄斗(リーグ戦初スタメンで攻守ともに活躍)

―今日の試合を振り返って
スタメンで緊張したのですが、ヒットも打って守備で打球もさばけて、良い試合になったと思います。

―立大の印象は
体の大きい選手が多く、しっかりバットを振ってくる印象だったので、そこを警戒しながら守備につきました。 -初スタメンはいつ告げられたか 昨日の練習の時ですね。

―本間監督からの起用の点に関した話は
打撃には自信があって、そこを期待されていると思うので。失点しない守備を、という言われました。

―同じ報徳学園出身の三品選手と話すことは
1年生と4年生で、高校での関わりはありませんでした。ですが、今は本当にお世話になっています。

―攻守ともに意識したことは
ミスを恐れず思い切って、消極的なプレーだけはしないように心がけました。

―秋以降の目標は
自分のできることを謙虚に続けながら、試合に出たら活躍したいと思います。

 

 

フォトギャラリー

  • DSC 1692 R鳴川は走本塁打を放つなど気を吐いた

  • DSC 1701 R佐々木は4打席4安打と4番の実力を示す
  • DSC 2154 R初スタメンの細木は攻守において活躍
  • DSC 1640 R先発尾崎は3回を1失点に抑える
  • DSC 1816 R継投の石橋錬は3回から無失点に抑える好投

  • DSC 2085 R走本塁打で生還した鳴川
  • DSC 1729 R先制に成功しベンチでハイタッチをする大石智
 
 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み