バレーボール

【バレー】2017年度春季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦 対宇都宮大 ストレート勝ちで開幕からの連勝を5に伸ばす!

2017年度春季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦
2017年4月22日(土)
国武大3号館体育館

開幕4連勝と勢いに乗る法大、勝浦に乗り込んでの一戦は、序盤に伊元の3連続サービスエースが飛び出すと差をつけて1セット先取。そのまま流れを相手に譲ることなくゲームを進め、開幕からの連勝を5に伸ばした。

IMG 3057 R
リベロの2人は法大の守備に欠かせない存在だ

試合結果

トータル試合結果

3
 法大 
25 1セット 17 0
宇都宮大
25 2セット 17
25 3セット 18

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
23 佐藤優弥(文1) WS
15 前田隆二(営2) MB
16 伊元幸正(営2) WS
14 竹田健太郎(文2) WS
6 森川航多(デザ工4) MB
19 西田寛基(営2) S
20 白井乾太(営2) L
1 小林慎平(営4) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
7 河西孔明(法3)
22 大村翔哉(営1)
18 藏田大輝(法2)
24 中田啓貴(文1)
2 榎本京祐(法4)
26 竹田将也(法1)

戦評

 ここ2試合でいずれもストレート勝ちを収め波に乗る法大。その勢いは衰えず、今試合も快勝となった。
 第1セットは開始直後から練習から力を入れてきた法大のブロックが決まり幸先の良いスタートに。さらにフェイントやクイックを織り交ぜ着実に得点を挙げる。法大はさらにピンチサーバーの河西孔明、強烈なサーブで得点を量産する伊元幸正を中心にサーブで得点を重ね18-11とリードを奪うと、その後はそのまま優勢を維持。最後は同じくピンチサーバーで出場した藏田大輝がサーブで崩してから自らバックアタックをたたき込み25-17で第1セットを先取した。
 しかし第2セットは打って変わって序盤から試合はきっ抗。法大は各ポジションからバランスよく得点するものの宇都宮大も粘りを見せ、サイドアウトの続く一進一退の攻防に。それでも法大はサーブポイントでブレイクし流れを引き寄せ、タイムアウトで立て直しを図る宇都宮大にを勢いに乗らせない。またリベロの白井乾太が相手のスパイクもしっかりと拾い上げ鉄壁の守備を見せつけ、結果25-17とこのセットも法大が危なげなく奪った。
 ストレートですっきりといきたい第3セット。ここにきて法大の出だしの悪さが目立ち、宇都宮大がサーブやセンター線からの攻撃で試合の主導権を握るかたちに。それでも長く続くその課題を払拭するように8-9の場面から4連続得点し逆転すると、終盤にかけ法大の得点源である伊元や竹田健太郎のサーブ、スパイクの精度がますます上がり、相手に攻撃の選択肢を与えない。主導権を奪い返した法大が最後25-18で第3セットもしっかりと勝ちきり、開幕5連勝を飾った。
 今回もストレート勝利で連勝を伸ばしている法大だがこの先の試合では、ますます小さなミスや個々人の課題が試合の流れ、そして結果を大きく左右する。これまでのひとつひとつの試合を自信に変え、目標へまた一歩ずつ歩みを進める。(本間美来)

インタビュー

河西孔明

―今日の試合振り返って
チームで修正したい点が結構あって、これから上位戦が結構続くのでそれに向けて修正していきたいです。個人的にはサーブを打ったのですがレシーブなので、もっとこれからに向けて頑張りたいです。

―チームで修正したい点とは
ブロックとかもそうですし、ほとんどですね。細かいところでミスが目立つので、とりあえず全部直していきたいです。

―開幕5連勝となりました
確実に勝っていきたいというのはあるのですが、とりあえず全勝優勝をまず目指して、入れ替え戦に向けて弾みをつけていきたいです。

―勝浦は遠かったと思いますが、コンディションは
電車の時間が長かったので、選手みんな疲れてるかなと思ったのですが、そんなことなくて、みんなしっかり調整できてたんだなと思いました。

―チームの雰囲気作りで心掛けていることは
自分はとにかくピンチサーバーなので、雰囲気作りだけは誰よりも負けないという感じで、先輩にも同期にも後輩にも声を掛けられるようにしています。

―チームの中ではどんな役割を
上級生として後輩に伝えなくてはいけないことは伝えて、チームの盛り上げ役、ムードメーカーとしてやっていきたいなと思います。

―後半は1年生も多く出場しましたが
緊張している部分もあったので、そこらへんはベンチから自分がどんどん声を掛けて送り出すということをしていきたいです。

―次戦へ意気込み
明日は立正戦で、これから上位とやることになるので自分もそうですし、他のメンバーも気合を入れて勝ちにいきたいです。

IMG 2960 R
今試合でもピンチサーバーで登場した河西はチームを勢いづけた

 

竹田健太郎

―今日の試合を振り返って
今日はブロックだったり細かい部分を徹底しようと意識していました。ですがサーブのミス等、結果として細かいミスの目立つ試合となってしまったので、納得は出来ないかなと思います。

―課題としていた立ち上がりに関して
先制点も取れましたし、悪くない流れだったとは思います。ですがサーブカットが荒れたりと相手に流れが移りかねないミスも多かったので、明日はその点を修正していきたいなと思います。

―チームも連勝で勢いに乗っていますが、雰囲気としてはどうでしょうか
そうですね。1週目こそフルセットまでもつれてしまったのですが、それ以降はストレート勝ちが続いていますし、やはり連勝というのはチームのモチベーションを上げてくれますね。

―1部昇格へ向けてはこれからが正念場だと思いますが
課題を修正しながら一戦一戦を戦い抜いていくだけだなと思います。今季はどうしても上がらなければいけないと思っているので、最後まで気を抜かず勝ちの意識を徹底していきます。

―今後のチームの課題については
繋ぎなど細かい所ですかね。やはり相手が強くなれば強くなるほどそういった細かいミスが響いてくるので、相手に流れを渡さないためにもこれだけは徹底したいですね。

―今後に向けて意気込みをお願いします
最高のパフォーマンスが出来るよう一戦一戦しっかりと準備をして、1部に上がれるよう勝ち続けていきたいです。

IMG 2928 R
臨機応変に対応しフェイントする竹田健

フォトギャラリー

  • IMG 3057 Rリベロの2人は法大の守備に欠かせない存在だ
  • IMG 2960 R今試合でもピンチサーバーで登場した河西はチームを勢いづけた
  • IMG 2928 R臨機応変に対応しフェイントする竹田健
  • IMG 2955 RBクイックを決める森川
  • IMG 2970 R3連続サービスエースでガッツポーズする伊元
  • IMG 2978 R前田の多彩な攻撃は今試合でも光った
  • IMG 2982 R課題とされてきたブロックでもポイントを重ねた
  • IMG 3044 Rレセプションをする佐藤
 

 

体育各部一覧ページへ