バレーボール

【バレー】 春季関東大学男子2部リーグ戦 対宇都宮大 勢い止まることなく2試合連続でストレート勝利!

2018年度春季関東大学男子2部リーグ戦
2018年4月22日(日)
亜細亜大学体育館

昨日の桜美林大戦、3-0で勝利を収めた法大が今日迎え撃ったのは宇都宮大。昨年秋リーグ戦ではストレート勝利した相手だが、気を抜くことは許されない。最初の1、2セット目では相手を寄せ付けないバレーでセットを奪うも、3セット目終盤に苦しい展開に。しかし、落ち着いて法大本来のバレーをすることで無事このセットを獲得し、開幕5連勝を挙げた。

 MG 4421 R
強烈なスパイクを放つ伊元

試合結果

トータル試合結果

3
 法大 
25 1セット 21 0
宇都宮大
25 2セット 11
27 3セット 25

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
15 大村翔哉(営2) WS
8 前田隆二(営3) MB
11 蔵田大輝(法3) WS
9 伊元幸正(営3) WS
24 緒方悠大(法1) MB
12 西田寛基(営3) S
19 竹田将也(法2) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
10 三木裕人(文3)
17 中田啓貴(文2)
21 村岡拓海(経2)
23 袴田智己(営1)
28 遠矢壮一郎(キャ1)

戦評

 前節までで3位である法大。入替戦のために、今節は1セットも落とさず、次節へつなげたい。
 第1セットは、序盤にサーブミスやブロックミスなどミスが目立ち、今ひとつな立ち上がり。しかし、緒方悠大(法1)が2連続で点を決め、その勢いのまま、伊元幸正(営3)がサービスエースを決め、試合を優勢に運ぶ。対して宇都宮大も、ブロックポイントなどで3連続点を決める場面があるなど、なかなか点差は広がらない。しかし終盤まで法大優勢のまま試合を運び、最後は前田隆二(営3)が鮮やかにスパイクを決め、第1セットをものにする。
 第2セットは伊元のサービスエースを皮切りに、序盤から6連続で点を決め、リードを保ち法大のペースに。緒方は、Aクイックを決めるなど、安定したプレーを見せる。また蔵田大輝(法3)のクロススパイクが決まりその勢いのまま前田がCクイックを決め、11−1に。法大の勢いに圧倒され、宇都宮大はミスを連発する展開。終盤まで10点のリードを保ったまま最後は伊元がスパイクを決め、25−11で第2セットを大差で勝ち取る。
 第3セットは第2セット勢いそのままに挑みたいところだったが、終盤まで両者譲らずシーソーゲームに。デュースに突入したが、最後は蔵田がスパイクをきっちり決め27-25で試合終了。ストレート勝ちで、次節への弾みをつけた。
 今節では出場した1年生が3枚ブロックで点を決めるなど、新体制になり法大に新しく加わった高さも機能していることがわかる。ここから大きな山場を迎える法大。次節の立大戦も1セットも落とさず、全勝優勝で1部昇格を目指したい。(高波真衣)

インタビュー

吉田康伸監督

ー今週2試合の総括を
先週2セット落としましたのでストレートで勝つというのを2戦やろうということで、今日の最後も危なかったですけども3-0で勝てたという結果に関しては満足しています。

ー3セット目最後に攻められてしまった要因は
昨日からセッターとのコンビがちょっと合っていない部分があったので、そこだけは来週に向けてセッターのトスの問題なのか、レシーブが乱れているから合ってないのかということも含めてもう一度確認していきたいと思います。

ー桜美林大戦でセッターの中田啓貴(文2)選手と仲村将大(法2)選手が途中出場していました。セッターとしてはいかがですか
仲村君の場合は完全にピンチサーバーとして起用しました。もちろんセッターもできるのですが役割としては完全にサーブの役割で出しました。彼は非常に練習の時からサーブで結果を出していくと言ってくれてましたので、もし彼が出て点数を取れば盛り上がるかなと思い使ったところ、昨日も何本か点数を取ってくれたので期待に応えてくれたなと思います。中田君は今週に関しては第2セッターということで入れました。セッターが4人いる中で見極めてメンバー入りを決めています。

ー今季、三木選手の活躍も見られますが、これからスタメンとして起用する可能性はあるのでしょうか
今のところは蔵田君との使い分けでやっています。三木君というよりも蔵田君をスタートから起用して、いけるところまでいこうという形でやっているので、結果三木君が途中からということになっています。セットの初めからは出てることもあるので、彼も今日最後非常にレシーブも上げていましたし、私の中の使い分けみたいな部分もあるので決してスタメンで使わないというわけではありません。そういった意味で途中出場が多くなっているというところはあります。

ーここまでで5試合を終えてチームの課題は
特にサイドプレイヤーのスパイクの決定率が私が思っているよりは、あまり上がってこないというのが課題かなと思います。

ーその要因は
もともとそんなに身長が高いだとかジャンプ力があるというアタッカーではないので、ラリーが続いた中でコンビネーションで合わすような形ではありました。ただその部分がアタッカーが踏み込んで打ち切れてないところがちょっとあるので、サーブレシーブからのコンビだとか、ラリー中でのアタックの打ち方などをもう一度確認したいと思います。

ー来週の試合に向けて
来週が終われば1週空くので、もちろん立教さんも強いですが、前半戦は29日の大東文化戦が一つの大きな山場にはなります。もちろんセットを落とさないで勝ちたいと思いますが、とりあえずは負けないということで前半戦を残り2試合勝って、7戦全勝で終わって後半戦につなげたいと思います。

蔵田大輝

ー今日の試合を振り返って
下位のチームとの試合だったので負けるわけにも、セットを落とすわけにもいかなくて、結果3-0で取れたのはよかったと思います。

ー春季リーグ戦に向けて取り組んだこと
前濱口監督から教わったこともしつつ、吉田監督からは技術的なことと体づくりを教わりました。2人の監督から教わったことを生かして、練習やトレーニングをしてきました。

ー第3セットは苦しい場面がありました
相手が流れを掴んでいる場面があって、点差がついたり、先に20点台に乗られたりしましたが、自分たちがやってきたことをやれば勝てるセットだったので、それで取れたかなという感じです。

ー次の試合へ向けて
来週からは上位のチームともやることになるので、負けないように、セットも落とさないように勝ち進んで行きたいと思います。

袴田智己

ー今日の試合を振り返って
スタメンとして出てなかったんですけど、日頃の練習でやってるようなコンビと違って、 相手のトスの高さとか、自分たちがやっているコンビより、少しゆっくりめなテンポだったので、そういう相手に対してリズムを早く慣れさせたりとか、いざ使ってもらった時に出来なかったので、対応力をつけたいと思いました。

ーチームとしては
終盤戦になって集中力が切れがちになると思うので、最後のセットなんかは粘り勝ちというかラリーが続いて、最後に点取ることが出来たので、ストレートで勝てたと思います。

ー高校バレーと大学バレーの違いは
自分が出てた中では、打球の威力が違うなと思いました。高校のバレーで止められたようなスパイクでも、威力が違うと弾かれちゃったりするので、筋トレとかは積極的にやっていきたいと思いました。

ー同じ1年生である緒方選手については
高さが武器でスイングも速いし打力もあるので、そういう面では目標となる選手が同学年にいるってことは、すごく自分にとってはラッキーというか好都合です。あいつのプレーを参考にしながら一緒にやっていったら、自分もレベルアップできると思います。あいつは本当に俺にとって目標ですね。

ーこれからの課題は
大学バレーは高校バレーと違って、トスが早くなったりするので、横移動の時の素早さとか、身長の割に動けるなと思われるような選手になりたいです。

ーそのために取り組むことは
練習の中でのゲームの時、いいパスが相手から入った際にクイックに飛ぶんじゃなくて、セッターの動きとかセットアップの仕方を見ながら、大学バレーのトスが早いことにも反応していけるような身体の慣れをつけていきたいです。

ー来週の試合の意気込みを
自分はスタメンとして出ないと思うんですけど、この一週間の中で練習の中のゲームに出させてもらったら、ブロックが自分の武器だと思っているので、それがアピールできたらなと思います。

フォトギャラリー

  •  MG 4421 R強烈なスパイクを放つ伊元
  •  MG 4438 R今季のさらなる活躍に期待がかかる蔵田
  •  MG 4355 Rキレのあるスパイクを相手のコートに叩き込む大村
  •  MG 4316 R5連勝と勢いに乗る選手たち
  •  MG 4339 R高さを武器にチームの勝利に貢献する緒方
  •  MG 4364 Rコートの中でもチームを盛り立てるため、積極的に声を出している西田
  •  MG 4466 R相手のスパイクをきっちりブロックする前田(写真:左)、伊元
  •  MG 4406 R高身長を持つ1年生3人がコートに立った(左から遠矢、緒方、袴田)
 

 

 

体育各部一覧ページへ