バレーボール

【バレー】 秋季関東大学男子2部リーグ戦 対国武大 格下相手にフルセットに持ち込まれるも勝利!開幕4連勝

2018年秋季関東大学男子2部リーグ戦
2018年9月16日(日)
立正大学スポーツキューブ

 対戦相手は昨季8位の国武大。昨日に引き続き格下のチームとの戦いだ。ストレート勝利が期待される法大。第1セットを獲得するも第2、3セットと相手の攻撃を止めることができず、今季初の失セットとなってしまう。それでも最後は意地を見せ第4、5セットを奪取。不安要素が残る試合となってしまったが、何とかこの第4節を勝利で収めることができた。

DSC 0391 R
想像以上に相手の攻撃に苦しんだ試合となった

試合結果

トータル試合結果

3
法 大
25 1セット 17 2
国武大
25 2セット 27
25 3セット 27
25 4セット 23
15 5セット 13

法大スターティングメンバー

背番号選手名ポジション
15 大村翔哉(営2) WS
8 前田隆二(営3) MB
11 蔵田大輝(法3) WS
9 伊元幸正(営3) WS
24 緒方悠大(法1) MB
12 西田寛基(営3) S
10 三木裕人(文3) L
 ※WS…ウイングスパイカー、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ
 

途中出場選手

背番号選手名
13 白井乾太(営3)
19 竹田将也(法2)
21 村岡拓海(経2)

戦評

 前日のインタビューでは、絶対に落とせない相手としていた国武大との試合、開幕4連勝となるのか。

 国武大のサーブから始まった第1セット、序盤はお互いに点を取り合い互角の戦いを見せるが、後半西田寛基(営3)の無回転サーブでの連続サービスエースが決まったことで、法大に勢いがつきそのまま第1セットをものにした。

 1セット目の勢いを止めることなく、第2セットでは蔵田大輝(法3)が相手の3枚ブロックの壁を打ち破るスパイクを決め、さらに勢いづく法大であったが、国武大のサーブに苦しみ、良い攻撃ができない時間が続いていた。この悪い流れを止めるために白井乾太(営3)を投入し、相手の強烈なスパイクを拾うも流れを止めることができず、このセットを落とししまう。

 第3セットは、相手のサーブを読み、流れに乗り5点差をつける。しかし法大のミスが続き、同点にされ先にリーチをかけたのは国武大。粘りをみせる法大であったが第2セットに続きこのセットも、ものにすることができず流れは一気に国武大に渡ってしまう。

 もうこれ以上セットを落とせない法大に緊張感が走る。法大のサーブから始まった4セット目の序盤に相手に3,4点差つけられていたが、中盤に差し掛かったとき、緒方悠大(法1)がブロックを決め、大村翔哉(営2)のスパイクなどで連続で点を取り一気に逆転に成功する。後半は、相手のミスが続き、何とか第4セットを奪うことができた。

 会場にも緊張が漂う中、行われた第5セット。このセットでは、法大のブロック陣が相手のスパイクを連続で止め、勢いを作り、4点差をつけることに成功。勝利まであと2点というところで、法大のミスや相手のサービスエースなどで追いつかれてしまう。しかし大村が連続でスパイクを決め、何とか勝利を収めることができた。

 格下相手に苦戦を強いられ、フルセットまで戦ったが、この第4戦を白星で終えたことはとても大きいだろう。このまま負けることなく、上位戦まで連勝を重ねていくことを願う。(木庭優斗)

インタビュー

前田隆二

ー今日の試合を振り返って
今日の試合は2セット目と3セット目で中盤までシーソーゲームだったんですけど、連続でブレイクをすることが出来ず、結局(そのセットを)勝ちきることができなかったです。もう少し中盤でブレイクを取れるようなプレーが必要だなと思いました。

ー全セット苦しい試合展開となっていました。
相手が自分達より下のチームなので、負けてはいけないというプレッシャーがチームの中にありました。そのプレッシャーに負けずに自分達もプレーをいつも通りできるようになることが大事だなと思いました。

ー個人的に夏の間に取り組まれたことはありますか
個人的には今日はブロックが全然ダメだったので、もう少し相手のトスの上げ方を見てブロックで止めにいけるようにしたいです。

ー明日の試合に向けて意気込みを
立正も国際武道と同じで、(波に)乗らしてしまったら怖いチームなので、そこは相手に流れを渡さないように自分達の流れで試合を終えれるように頑張りたいと思います。 

伊元幸正

ー今日の試合を振り返って
自分たちのバレーをしっかりしていれば、フルセットまで行くことはなかったと思うし、しっかりサイドアウトを切って、ブレイクに繋げていればストレートでも勝てるチームだったので、そこは反省点のひとつかなと思います。

ー最終セットのチームの雰囲気はどうでしたか
フルセットは雰囲気でもって行くしかないと思っているので、一点一点決まったら走るつもりで、自分からチームの雰囲気をよくしていこうと思いながらプレーしていました。

ー今日のご自身のプレーについてはいかがでしたか
三木(裕人)があれだけ崩れてしまって、自分が二枚キャッチに入っている中で、もっと自分がカバーしてやれたらというにはありました。スパイクは大村(翔哉)とか蔵田(大輝)がいるので自分はレシーブに集中したんですけど、そのカバーをもうちょっとしていればよかったと思います。

ー明日の意気込みを
とりあえず今日勝ったことは大きいと思うし、本当に入れ替え戦に向けて絶対に負けられない試合が必ずあるので、絶対に勝たないといけない試合はストレートで勝って、強い相手はフルでもいいから勝てるようにしたいと思います。

フォトギャラリー

  • DSC 0391 R想像以上に相手の攻撃に苦しんだ試合となった
  • DSC 0490 Rセッター、ゲームキャプテンとして常にコート内の雰囲気を気づかう西田
  • DSC 0313 R前田の鋭いクイックが苦しい場面でも決まり、安定感あるプレーを見せた
  • DSC 0293 R流れを引き戻そうと必死にボールを止めにかかる(写真:左から)緒方、蔵田
  • DSC 0386 R昨季同様、スタメンとしてコートに立つ唯一の1年生緒方
  • DSC 0367 R昨日の立大戦に引き続き、調子を上げている蔵田(写真:右)
  • DSC 0474 R白井のプレーにコート内外が沸いた
  • DSC 0419 Rコートの外も一緒になり、チームを勝利に導こうとする選手達
 

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み