陸上

【陸上競技】第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走  古豪の片鱗見せるも… 三大駅伝初陣は悔しさ残る12位フィニッシュ

第30回出雲全日本大学選抜駅伝
2018年10月8日(月)
島根県出雲市

   1区のエース坂東がまさかの出遅れとなり、波乱の展開で幕を開けた今回の出雲路。総合6位という目標を掲げて試合に臨んだ法大は、中盤区間で粘りを見せ、一時は6位の中央学院大と並走するも、アンカー増田が中盤に突き放され総合12位という結果に。法大の三大駅伝初陣は、ややほろ苦いものとなった。

 G4A7890 R
悔しさの残るレースとなったアンカー増田

試合結果

総合成績

順位 大学名記録 
1位 青学大 2時間11分58秒
2位 東洋大 2時間12分10秒
3位 東海大 2時間13分31秒
4位 拓大 2時間14分16秒
5位 帝京大 2時間15分02秒
6位 中央学院大 2時間15分04秒
7位 立命大 2時間15分07秒
8位 城西大 2時間15分11秒
12位 法大 2時間16分14秒

法大成績

区間選手名個人記録(区間記録)総合記録総合順位
1区(8.0㎞) 坂東悠汰(4) 24分14秒(15位) 24分14秒 15位
2区(5.8㎞) 岡原仁志(3) 17分08秒(11位) 41分22秒 12位
3区(8.5㎞) 大畑和真(4) 25分35秒(5位) 1時間06分57秒 9位
4区(6.2㎞) 土井大輔(4) 18分21秒(7位) 1時間25分18秒 9位
5区(6.4㎞) 坪井慧(3) 19分00秒(4位) 1時間44分18秒 7位
6区(10.2㎞) 増田蒼馬(3) 31分56秒(15位) 2時間16分14秒 12位
 

総評

 神々が出雲大社に集まることから、島根県出雲市では『神在月』と呼ばれる10月。第30回の記念大会の出雲大社にはスタートを控えた今年も21名の精鋭が集まっていた。

 最高気温25℃と汗ばむ気温で行われた今大会。前大会は悔しい途中棄権に終わった法大は序盤で遅れるが、徐々に順位を上げ、来季出場へのシード権を確保できる6位まで、わずか5秒と迫ったが、最終区で突き放され12位に終わった。1区の走者はエースランナー・坂東悠汰(4)。「昨年のリベンジでもあったので、何としても区間賞を(取る)」と意気込んだが、失速しまさかの15位。「前年(区間順位9位)より順位を落として、チームにも迷惑をかけてしまって申し訳ないです」と自分を責めた。5.8㌔と最も短い2区には岡原仁志(3)が起用された。区間11位ながら、順位を3つあげて、12位で中継所に入った。「『自分が流れを変える』気持ちで挑みましたが、あまり流れを変えられなかったので、また頑張りたい」と切り替えていた。

 出遅れを取り戻したい法大は3区の主将・大畑和真(4)が出場。「自分のペースで前を追っていこう」と順調に順位を上げ、9位で中継所へかけこんだ。区間5位の好走をみせた主将だったが、「さらに上位校の選手も近づいていたので、抜けば流れも変わっていた」と満足な表情はなかった。のどかな田園風景が続く4区には土井大輔(4)が登場。出雲駅伝は意外にも初出場。「シーズン前半でチームに迷惑をかけてしまったので取り返したい」と意気込み目標の区間5位には及ばなかったが、区間7位と安定した走りを披露した。

 5区にはスピードが持ち味の坪井慧(3)が抜てきされた。学生三大駅伝初出場の坪井は「緊張より、やってやるぞ」と順調な走りで、二つ順位を上げた。さらに、区間4位でシード権確定となる6位との差をわずか5秒に縮める大仕事を成し遂げた。「自分でも良くやったなと思うが、区間3位を狙いたかった」と少し悔しそうだった。坪井から襷を受け、シード権獲得に向けてスタートを切ったのは増田蒼馬(3)。「中央学院大と6位争いができれば」と狙っていたが、順位を下げてしまう走りとなり、総合12位で出雲ドームのゴールテープを切った。

 青木涼真、佐藤敏也(ともに3)をけがで欠きながらも、シード権獲得へあと一歩と迫ったオレンジエクスプレス。大畑主将は「悔しい気持ちでいっぱいです」と唇を噛んだが、坪井らの走りは今後に活きる明るい材料といえる。さらなる戦力の底上げを図り、あと一歩だった総合6位を伊勢でつかみとりたい。(藤原陸人)

Today's Pick Up

 坪井慧

 法大の3本柱の内の、佐藤敏也(社3)・青木涼真(生命3)を欠いて挑んだ出雲駅伝。そんな中、新たな戦力が頭角をあらわした。 その選手は今大会が三大駅伝デビュー戦となった坪井慧(経3)だ。

 5区を任せれた坪井は9位でタスキを受けとると、区間4位の走りで順位を2つ上げ7位で6区にタスキ渡し。チーム目標である6位を狙える位置まで追い上げる好走を見せたが、「区間3位を狙いたかった。」と悔しげに語り、更なる向上心を見せた。

 坪井は箱根に2年連続にエントリーされるも出場は叶わず。去年の夏では怪我に苦しめられ満足のいく練習が積めないという歯がゆい期間を過ごしてきた。しかし、その期間が坪井自身を成長させたと言っても過言ではない。それが証明された大会の1つが、第50回全日本大学駅伝対校選手権関東学生連盟推薦校選考会。そこでは組で4着というチームに流れを作る走りを見せつけた。

 夏合宿も1.2.3次合宿をこなし着実に力をつけてきている。3年生では山コンビが注目されている中、坪井のような存在が法大の躍動の鍵となってくることは間違いない。(近藤のぞみ)

 IMG 8714 R

選手インタビュー

坂東悠汰

 ―昨年同様1区でのレースとなりました
昨年のリベンジでもあったので、何としてでも区間賞をという気持ちで臨みました。しかし15位ということで、前年より順位を落としてチームにも迷惑をかけてしまったので、まずそこが申し訳ないです。

―先月の日体大記録会では5000mを14分フラット。法大エースの復活を告げたレースにも感じましたがいかがでしたか
合宿から中2日であのタイムだったので、状態としても手応えとしても悪くはないと感じましたし、この出雲駅伝に向けても1つ大きな自信にはなっていました。

―今年も前半は強い日差しが照りつけました
去年に比べれば低かったですし、走りやすい天候とまでは言えませんが自分としてはそこまで気にすることはなかったですね。

―今回は青木選手、佐藤選手を欠くなかでの駅伝でした
主力の2人が抜けるということだったのですが、それでも走る全員がしっかりとベストに近い状態に持ってきていたのでそこまで落ち込むことでもなかったです。(出雲駅伝で)総合6位という目標も変わりありませんでした。

―次戦に向けて意気込みを
チームとしては、今回は目標からかけ離れた順位をとってしまったので、まずは自分達の持てる力全てを出しきり、全日本、箱根と調子を上げていければと思います。個人としてもラストイヤーとなるので、より高い順位、より速いタイムを目指していきたいです。

岡原仁志

 ―今日のレースを振り返って
自分的には区間5番以内が目標だったので、課題の残る試合になりました。

―15番目でタスキを受け取りました
想定外ではあったのですが、自分が流れを変えるという気持ちで臨みました。ですが実際あまり流れは変えられなかったので、また頑張っていこうと思います。

―コンディションは
調子は悪くなかったのですが、走ってみて思うように動きませんでした。

―今日のレースの課題は
関東勢と勝負できなかったので、調子は良かったのですがうまく合わせられなかったのと、後ろでもらっても自分の走りをするというのができなかったことが課題だと思います。

―日体大記録会で自己ベストを更新されましたが振り返って
あの時は結構状態が良くて、今回もいけるかなと思ったのですが、うまく調子が合いませんでした。

―今後重点的に練習していきたいことは
ここから徐々に長い距離になっていくので、距離に対応できるようにしていきたいです。

―チーム総合12位という結果でした
目標が6位だったので、それに届かず悔しい結果でした。

―出雲は6区間とも3・4年生がエントリーされましたがチームの状況はいかがですか
4年生が元々けがが多かったのですが復活してきていて、1年生も上がってきているので、チームとしては良い状態かなと思います。

―全日本駅伝の意気込み
今回の出雲のリベンジで、もう一度区間5番以内を目指してチームに貢献したいと思います。

大畑和真

 ー好走だった今日の走りを振り返って
この駅伝は流れが一番大事な駅伝だと思います。スタートから後ろの順位でしたけど、自分のペースで走ることを意識してたので、どの順位でもらったとしても、しっかり自分のペースで刻むことを意識して走りました。

ー総合12位の結果については
今回の出雲ではチームとして『総合6位』という目標を掲げていたので、悔しい気持ちでいっぱいです。

ー「上位校にチャレンジしたい、去年のリベンジをしたい」とおっしゃっていましたが、達成されましたか
目標を掲げていたなかで12位なので、目標を達成できなかったので、チームとして悔しい駅伝に終わってしまいました。

ー3区のレースプランは
自分のペースで走ることを一番意識していました。流れによってはついていくかというプランもあったんですけど、前の大学との距離があったので、しっかり自分のペースで前に追っていこうと思って走りました。

ー下位で襷をもらいましたが、レースプランは変えましたか
自分のペースで走ることには変わりはなかったんですが、目標としていた6位を達成するために前の大学も見える位置にはいたので、とにかく1つでも順位を上げることを意識しました。

ー順位を3つ上げる走りでしたが
3つ上げたんですけど、さらに上位校の選手も近づいていたので、そこを抜ければ流れも変わっていたと思います。ですが、自分の今夏練習してきた成果はある程度は出せたと思います。

ー関東インカレ入賞後、今夏は主にどのようなことを重点的に練習しましたか
特にチームの全体練習の流れから自分が特別なことはしてなくて、とにかく練習メニューをこなすことを意識していました。今まで3年間、パーフェクトに練習をこなせなかったので、まずは練習をこなすことを意識してやりました。今年はけがもなく全部練習をこなせました。特別なことはせず、練習を継続してやるということを意識していました。

ーチームとして今夏はどのような練習をしていましたか
故障した選手もいましたが、それぞれの選手の状態に合わせて、比較的練習は積めていました。今回青木(涼馬、生命3)や敏也(佐藤、社3)がけがしたように、主力選手が欠けているときに、中間層の選手たちの実力の底上げが少し足りていなかったのかなと。でも、今回出雲走った選手は昨年は坂東(悠汰、スポ4)だけで、それ以外は初めてだったので、この経験を活かして、自分の走りを見直して、全日本駅伝あるので、目標としている『6位』を達成出来るように頑張りたいです。

ー大畑選手ご自身は好調のように見えますが、一番の要因は
練習が出来ていたというのが、結果につながったのかなと思いますけど、合宿の疲労とかあって、自分の動きが理想とはかけ離れています。ただ、きついなかでも、合宿で動かすということが出来ていたので、完璧ではない状態の中で、走れたことは大きな進歩だと思います。

ーSNSでは『大畑マジック』をよく見かけますが、今回はさく裂しましたか
個人が走れていたとしても駅伝はチームスポーツなので、結果を出せなければ意味がない。そのため、チームとしての意義があると思うので、ここで目標達成できなかったですけど、次あるのでここで落ち込むのではなく、「次こそはやってやろう」という気持ちでチーム一丸となって向かっていきたいです。

ー全日本、箱根と大会は続きます。これからどのようにチームを引っ張っていきますか
夏合宿ではキャプテンになってからチームを引っ張ろうと意識があって、集団の先頭に立って練習を引っ張ったりということをしてきました。だからといって、特別なことをするのではなく、まずは自分が競技に対してやるという姿勢を見せていかないといけない。キャプテンが出来ていなかったら、チームのみんなもついてこないと思います。(坪田)監督も合宿中、常日頃からおっしゃっているんですが、「当たり前のことをしっかり出来るようにしていくチーム」を作っていきたいなと思います。

ー今日応援してくれた方々に一言と、全日本駅伝に向けて一言お願いします
チームとして『総合6位』という目標を掲げていましたが、今回その目標を達成出来ず、応援してくださった皆さんの期待に応える走りが出来なかったので、次の全日本駅伝ではもう一回チームを立て直して次こそは『6位』という目標を達成出来るようにチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

土井大輔

 ―今日のレースを振り返ってみて
悪すぎでは無かったのですが、そんなにも良くなかったです。キープする走りしか出来なくて、5.6区の選手がデビュー戦の選手だったので負担をかけたくなかったのでその点は悔しかったです。

―目標としていた区間順位は
区間5位を目標にしていました。結局区間7位だったので悔しかったです。

―走る前のコンディションは
春先からずっと調子が悪くて、夏に立て直すことができました。徐々に合宿から上がってきているので、調子としてはまずまずという感じです。

―最初で最後の出雲駅伝でした
前半シーズンで相当迷惑をかけてしまっていたので、取り返したいなという気持ちで臨みました。監督も、一番負担の少ない区間を割り当ててくれたと思うので、そう行った意図を汲んでチームに貢献していきたいと思っていました。

―チーム目標の6位は達成できませんでした
青木と佐藤がいなかったことは大きいと思います。しかし、あの2人に頼ってばかりいてはだめだなと今大会で痛感しました。4年生としても、その2人がいなくてはだめだねと言われたくないので6位が達成できなくて悔しいです。

―去年の全日本では悔しい結果でした
今回自分としては、100点の走りではなかったのですが、シーズン前半の悪い流れを断ち切る走りはできたと思います。全日本までやれることをやって行きたいと思います。

―また1区を走りたい気持ちはありますか
ないです(笑)。個人的には1区は向いていないと思います。しかし、チームのために行けと言われた所にはいかなくてはいけないと思っているので。任された区間はしっかりと走りたいです。

―全日本での意気込みをお願いします
チーム目標が6位なのですが、そこにチーム全体として達成できるように走っていないメンバーも含め狙っていきたいです。個人的には4年生という立場なので、他の区間の選手の負担を減らせるような走りをしたいです。

坪井慧

 ―今日のレース振り返ってみて
最初の流れは悪かったのですが2-4区の人が良い順位で来てくれたので自分は少しでも、6位に近づこうと思っていました。

―コンディションはいかがでしたか
夏合宿で少し体重を増やしてしまい、あまり調子が良くなかったのですが調子が戻ってきてよかったです。

―三大駅伝初出場でした
緊張というより、やってやるぞという気持ちの方が大きかったです。良い順位で襷を渡すことだけを考えていました。

―個人では区間4位という快走でした
自分でも良くやったなと思うのですが、強いて言うなら区間3位を狙いたかったです。

―夏合宿はどんな練習を積みましたか
去年怪我で走れなかったのですが、今年は1.2.3次合宿をきちんと走りきることが出来て、距離を踏むことができました。

―同学年には佐藤選手や青木選手という強い選手がいらっしゃいます
強い選手がいて良い目標にもなりますし、負けたくないとも思います。なので、これけらの駅伝でもしっかりとアピールしていきたいです。

―今後の改善点は
中盤垂れてしまったので、中盤粘れるような走りができるように改善していきたいです。

―全日本駅伝に向けた意気込みをお願いします
目標が6位なので、個人でも全体でも狙って行く走りをしていきたいです。

増田蒼馬

 ―今日のレースを振り返って
かなり順位を下げてしまったので、申し訳ない気持ちでいっぱいですね。

―7位という順位で襷を受け取りました
チームの目標としていた6位という順位がすぐ目の前にあったので、まずは中央学院についていって最後で6位争いをできればと思っていました。

―すぐに前の中央学院についていかれました
前半は結構良いペースで入れたので、追い付いて並走することができたのですが、中盤の下り坂で一気にキツさが出てしまいました。

―今回は青木、佐藤両選手を欠くなかでの出雲路でした
今回2人はいなかったのですが、夏合宿から全員が良い状態で来ていたので、今この時点でのベストメンバーでは走れたのかなと感じています。なのであまり悲観はしていませんでしたね。

―先月の日体大記録会では自己ベストを更新されました
合宿明けで調整も無かった状態でベストを出せたので、結果は悪かったですけど今大会自信を持って臨めるレースになかったのかなと思います。

―次に向けて意気込みを
今回順位を下げる結果になってしまったのですが、全日本、箱根と走る機会を与えていただけたら今回の借りを返せるような走りをしたいと思っています。

フォトギャラリー

  •  G4A7890 R悔しさを滲ませたアンカー増田
  •  G4A7758 Rエース坂東はまさかの区間15位に
  • IMG 8692 Rついに本領を発揮し始めた岡原
  • DSC 0088 R大畑はエース区間でも競り負けない走りを披露
  • DSC 0161 R土井の好走が坪井の快走につながった
  • IMG 8714 R三大駅伝デビュー戦となった坪井
  •  G4A7780 R遥々応援に駆けつけた法政大学後援会広島県支部の皆様
 

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み