陸上

【陸上競技】第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 往路展望

展望記事
2019年1月1日(火)

 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根)がいよいよ明日に迫った。シード校として臨む今大会は「総合5位以上」を目標に掲げ、前回超えを目指す。今回は戦力分析と共に展望記事をお届けする。

 G4A4715
 2区エントリーの坂東(右)と、7区エントリーの土井

エントリー

区間エントリー

区間距離選手名
1区 21.3km 矢嶋謙悟(経4)
2区 23.1km 坂東悠汰(スポ4)
3区 21.4km 岡原仁志(経3)
4区 20.9km 狩野琢巳(社4)
5区 20.8km 青木涼真(生命3)
補欠 大畑和真(社4)
強矢涼太(経3)
佐藤敏也(社3)
松澤拓弥(社3)
寺沢玄(法2)
田辺佑典(経2)
大会当日、補欠と区間エントリーされたメンバー間でエントリー変更ができる

往路展望

 いよいよ明日、法大が4年連続の箱根路に挑む。三大駅伝初戦となった出雲では不本意な結果でスタート。しかし次の全日本で17年ぶりのシード権を獲得するなど徐々に本来の力を発揮し始めた。そして迎えた箱根路。目標の総合5位以内に向けていったいどんなドラマを見せてくれるだろうか。

 先日発表された区間エントリーメンバーには法大三本柱の坂東悠汰、青木涼真の二人の名があり体制は盤石と言える。特に今年も花の2区に起用された坂東は「今の状態は良く、法大記録を積極的に狙っていきたい」と坪田智夫駅伝監督の持つ2区の法大記録超えを狙う。坪田監督も「非常に良い形で状態をあげている」と坂東を評価した。今季は出雲を貧血に悩まされたが、全日本では復調し、万全とはいえない調子の中でも3人抜きの走りを見せた。このままコンディションを上げ、箱根で万全の状態で臨むことができれば、区間賞争いに食い込み、区間上位で走り切るのは間違いないだろう。この坂東の走りが法大の総合順位を左右する一つのキーポイントとなる。チームに勢いをつけるうえで重要なエース区間での快走に期待したい。

 G4A8022 R
2区での快走が期待されるエース坂東

 

 そして法大の目標達成に欠かせない重要な歯車となってくるのが前回大会の『山の主役』、青木涼真だ。今大会も“山上りの5区”にエントリー。青木は今季、関東インカレの3000㍍SCで二連覇を果たし、大学陸上界にその力を見せつけた。けがで出雲を欠場するものの、全日本は1区で出場。けが明けとは思えない快走を見せ次期エースとして成長を見せている。前回は9人抜きの力強い走りを見せた青木。「今年は区間賞という高いレベルを要求されると思うので気が引き締まる。例年より気合が入っています」と意気込む。今大会も力強い山上り、そして前回以上の走りが期待できそうだ。『山の主役』から『山の神』へ。青木が箱根駅伝最大の難所、5区を攻略できれば法大の目標達成に大きく近づく。

 往路はこの二人に加え、チームの主力にまで成長した岡原仁志や、最終学年の矢嶋謙悟、全日本で三大駅伝デビューを果たし、土井大輔や鈴木亮平らが今大会のキーマンに挙げるなど仲間からの信頼も厚い狩野拓巳もエントリー。これに加えて、主力の大畑和真や佐藤敏也がリザーブとして控えており、法大の体制は盤石と思われる。

 各々がコンディションを万全の状態で臨むことができれば、目標の総合5位以内に弾みをつけるだろう。伝統のオレンジの襷を肩にかけた法大ランナーが新春の箱根路を駆け抜ける。(須藤大樹)

  G4A7969 R
青木は今年も山の主役となるか

 

スポーツ法政新聞241号(箱根号)配布のお知らせ

 今年も2日間に渡り、大手町、芦ノ湖(往路のみ)、各中継所及び横浜駅周辺にてスポーツ法政新聞の配布を行います。(選手通過1時間前を目安に始めさせていただきます)
 数に限りがございますので、お求めの際はお早めにお願いいたします。

121

 

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

1koスポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み