水泳

【水泳】インカレ展望&直前インタビュー 男子編 強いHUSTの復活へ シード権は全員で守り切る インカレ水泳2017大阪決戦金曜開幕

2017年8月24日(木)
法政大学多摩キャンパス

9月1日に開幕する第93回日本学生選手権(インカレ)。前回総合8位でシード権を奪還した男子。今年はそのシードを守ることが最大の目標になる。前回大会決勝に進んだ選手が3人残り、メダル獲得を目指す。今回は注目選手7人のインタビューをお送りする。

女子編はこちら→【水泳】インカレ直前インタビュー 女子編 築き上げたチーム力結実の時 総力戦奪い返すぞシード権 インカレ水泳2017大阪決戦明後日開幕

dansi R
さらなる高みへ。昨年取り返したシード権死守を狙う

選手エントリー

種目選手名1選手名2選手名3
50m自由形 平沼晃多(経2) 森本祥之(経3) 後藤和真(経1)
100m自由形 平沼  後藤 岡本拓巨(経1)
200m自由形 廣川剛己(経2) 岡本 斉藤凌(経4)
400m自由形 吉岡康樹(経2) 廣川 市丸貴之(経2)
1500m自由形 伊藤瑞輝(経4) 吉岡 市丸
100m背泳ぎ 木下大輔(社1) 内藤良太(人2) 津村航平(経3)
200m背泳ぎ 内藤 津村 木下
100m平泳ぎ 戸野本陽友(経3) 塚本悠太(社4)
200m平泳ぎ 熊倉勇大(スポ1) 塚本 戸野本
100mバタフライ 赤羽根康太(人1) 塩沢雅人(スポ3) 林孝晟(経3)
200mバタフライ 馬場航平(スポ3) 林孝 伊藤
200m個人メドレー 林寛人(経3) 緒方魁(経4) 常深皓貴(経3)
400m個人メドレー 緒方 斉藤 常深
※選手エントリーの掲載順は日本水泳連盟発表種目別エントリー掲載順に則っています。

展望

 前回は総合8位に入り2年ぶりにシード権を獲得した男子。その得点源になっていた選手たちが抜け、昨年よりも厳しい戦いが予想される。

 自由形では200㍍自由形に出場する斉藤凌に注目が集まる。過去同種目に出場した2度のインカレ、今年の日本選手権、ジャパンオープンといずれも予選突破と安定感の溢れる選手だ。しかしその全てがB決勝と勝負弱さも見えてくる。学生ラストシーズン、初の表彰台へは自己ベストを1秒以上更新することが必要となってくるが「そのタイムを最低目標としてさらに上を狙う」と力強く語り、後輩へ最高の結果で大きな背中を見せる構えだ。DSC 0216-2 R
初の決勝、初の表彰台へ齊藤

 背泳ぎでは前回200㍍背泳ぎで決勝に進んだ2人が進化して帰ってくる。前回6位の津村航平が狙うは表彰台。他の選手に比べインカレへは気負わず、気楽に。その分、自然体の軽い泳ぎで上位を目指す。前回8位の内藤良太は200㍍背泳ぎに加えて100㍍背泳ぎでも決勝進出を狙う。過去4度出場した日本選手権で予選突破経験はないが、高校総体やインカレでは好成績を残し続けた夏に輝く尻上がり型。今月、100㍍では3年ぶりに自己ベストを更新し、前回5位相当の55秒73をマーク、調子を上げ続けた中でインカレへ挑む。
 平泳ぎには塚本悠太を始めとする3選手がエントリー。塚本は得意とする100㍍平泳ぎで予選突破を狙う。DSC 0407-2 R
表彰台を狙う前回6位の津村

 バタフライ勢は楽しみな選手が多い。100㍍ではルーキー赤羽根康太が初めてのインカレへ。シーズン序盤はけがの影響もあり、苦しんだが徐々に復調。今大会ではインターナショナルタイムDである52秒61の突破を目指す。
 200㍍バタフライでは前回7位の伊藤瑞輝がラストインカレを迎えた。こちらもシーズン序盤は苦しんだが5月のジャパンオープンで1年ぶりに1分57秒台をマークするなど調子は上向き。前回覇者、坂井聖人と今年のユニバーシアード王者、幌村尚の早大コンビなど敵は多いが「自分にもチャンスはある」と虎視眈々と表彰台を目指す。また100㍍、200㍍の両方に出場する林孝晟も3度目のインカレで2種目共に予選突破を狙う。DSC 0451-2 R
後半の伸び次第で決勝も見えてくる赤羽根

 個人メドレーでは前回200㍍でB決勝2位に入った常深皓貴が「自分でも楽しみな状態」と語るほどの好調さで、200㍍、400㍍共に決勝に進めるところにいる。来季は主将としてチームを引っ張る側になる。その前に決勝に進み実力を見せ安心して先輩たちに卒業してもらいたいところものだ。さらに400㍍個人メドレーでは斉藤、緒方魁と共に3人そろっての決勝進出も夢ではない。
DSC 0137 R
平泳ぎで勢いに乗る常深

 リレーでは3種目全てのリレーに出場することになるであろう斉藤が鍵になるのはもちろんのことながら、初めてのインカレで大役を担う1年生たちがどれだけ力を発揮できるかが決勝に進むかどうかを分けると言っても過言ではない。メドレーリレーではバタフライに赤羽根が起用されることが濃厚だ。同日に行われる個人種目の100㍍バタフライからどれだけ調子のいい泳ぎを見せ、リレーへとつなげられるか。2つのフリーリレーには後藤和真と岡本拓巨の2人がメンバーに入る可能性が高い。昨年の高校総体200㍍自由形王者の岡本は今季けがで出遅れたがウエイトトレーニングを中心に強化。夏に合わせてきた。5月に100㍍自由形で自己ベストを更新するなど勢いのある後藤は今季200㍍にも挑戦するなど変化を恐れない。インカレに200㍍で出場することはかなわなかったが、800㍍フリーリレーで成果が見られるはずだ。DSC 0096-2 R
リレーでの活躍が期待される岡本

 今年のチームのスローガンは”The ressurection of seahourse”8年前には男子総合優勝を果たした法大も今はシード権を争うチームになっている。今の3,4年生は前々回大会のシード落ちの地獄から這い上がり、前回シード権奪還の喜びを味わった。インカレの酸いも甘いも知っている彼らがいる間に法大を新たなステージへ。1回シード権を取るだけではなく、続けて獲得することでその先が見えてくる。強いHUSTを取り戻すためのシード権死守。伝統と誇りを胸に大阪の地に暴れに行く。(飯田翼)DSC 0357-2 R
主将としてチームを引っ張っぱる緒方

選手インタビュー

緒方魁

―インカレを前に今の調子は
あと8日ですが、調子は上がってきています。あと8日間しっかりと、もっともっと上げていきたいと思っています。

―インカレでの目標は
200㍍個人メドレーと400㍍の個人メドレーに出場するのですが、400㍍に一応標準を合わせています。昨年は、400㍍でB決勝という結果でしたが、今年はやはり主将としてもチームの4年生としても決勝には、確実に残っていきたいと思います。自分の得意な種目であるバタフライと背泳ぎで前に出れるように、そして後半しっかりと、失速しないようにという練習を意識してやっています。

―現状の課題は
平泳ぎが他の選手と比べてかなり遅いという所があるので、そこをできるだけ離されない様にという所と、得意である背泳ぎを特に意識してやっています。

―今後インカレに向けての対策は
本当にここからは調整して調子を上げていくだけだと思うので、しっかりと気持ちの面でも泳ぎの面でも上げていきたなと思っています。

―今年のチームスローガンについて
僕が中学生時代ですが、8年前に法政大学はインカレで総合優勝しています。その時の強さを取り戻そうということで法政大学の復活という事でそういうスローガンにしました。復活と言ってもいろいろな意味があり、ただ個人的な強さではなくて、チーム力の強さを復活させようという事でそういうスローガンにしました。

―現在のチームの雰囲気は
今は、みんな楽しくインカレに向けてしっかりと気持ちを作ってワイワイやっていると思います。

―期待の後輩は
来年の主将でもある常深皓貴や副主将である林孝晟。1年生で入った赤羽根康太君、2年生の内藤良太君、たくさんいるの本当に期待できる後輩たちだなと思います。ogata R
主将として4年生として昨年を上回る成績を残しラストを飾りたい

斉藤凌

―最後のインカレが目前ですがお気持ちは
やる気しかないです。

―調子は
まだ完璧ではないですが、あと1週間あるのでそこで仕上げていけたらなと思います。

―今取り組んでいることは
もう今は強化できることはないので、泳ぎを修正することがメインですね。

―200㍍自由形ではどのようなことを目標にしていますか
個人的にタイムを狙っていった上での表彰台が狙えるかなとは思うので、狙っていきたいと思いますね。タイムとしては1分48秒3は最低目標ですね。そこを狙っていたらそこは出ないので、最低でもというところです。

―コーチや監督から言われていることは
僕はレースが多くなると思うので、そこはタフにやらなければいけないよということです。あとこの結果が今後に関わってくるので結果を出すことと、レースを積んでもチームのことを考えなくちゃいけないので、点数でも考えるようにということですね。

―団体での目標はありますか
もちろん男子の場合はシードを守らないといけないので、そこが目標です。

―個人では
個人では絶対に決勝に残って、点数をどれだけ多く稼げるかというところになってくると思います。

―今後も水泳を続けるということでしたが
インカレ次第という感じです。

―期待の後輩は
インカレはすごく独特の雰囲気があり、1年生はプレッシャーに押し潰されて力を発揮できないということもあります。1年生の出るメンバーとしては赤羽根康太(人1) と後藤和真(経1)というのは個人ではもちろん、リレーでも関わってくる選手です。その2人には1年生ですがいい意味でプレッシャーを与えながら期待している部分はありますね。

―意気込みをお願いします
毎年、シード取って落としての繰り返しだったので、良かったのも悪かったのもどっちも味わっています。下の代にはシードを取って良かったという思いのなかで、新しいチームを始めて欲しいと思うので、そこだけは絶対に守りたいと思います。saito R
安定感だけではなく爆発力に期待

伊藤瑞輝

ージャパンオープンまでを振り返って
選手権の結果が色々あり悪くて、オープンで結果出したかったので、その中でベストに近いタイムでこれはよかったかなと思います。ただ、その安堵もあってか法明立の試合で気が緩んでしまいタイムも非常に悪く、インカレまでもう試合がないということで不安の中で練習をしていた感じですね。でも、安岡コーチの方から直接指導していただいて、本当に強化期間の厳しい期間には「そんなんじゃインカレ戦えないぞ」と気合を入れられました。ですが引退間近になりインカレ近くになってきて、もう一度同期等々でミーティングだったり話し合う機会を設けて、もう一度気持ちの入れ替えということができたので、監督の方からも「お前はもう心配ないよ」という風に言っていただけるくらいまで状態をいいほうに持ってこられたので、そこはもう後はやるだけなので心配はいらないですね。

ーでは、今は好調なのですね
そうですね、非常にいいと断言できます。

ージャパンオープンが終わってから具体的にどのような練習に取り組んでこられましたか
まずはプルの強化ですね。上半身の強化ということで、やはりスイムでもパドルなどをつけてしっかりと水を捉えてかききるという所を重点的にやりました。ウエイトの方でもトレーナーの方から厳しい指導をしてもらいました。陸上トレーニングが僕の場合苦手ですが、今まで以上に陸上の方でもかなり追い込んでいたのではないかなと。だいぶ周りのOBからも、激励に来てくださったときに「スリムになった」というか「筋肉がパンプアップしてて絞れているんじゃないか」という風には言われていて、泳ぎの方もそうですし、身体の見た目的なところでもいい方向に持ってこられているのではないかなということで、全体的にパワーが付いたのではないかなと思います。

ーインカレでは200㍍バタフライと1500㍍自由形に出場ということになります
何としても200㍍バタフライは決勝に残って、一つでもいい順位に、とは考えています。ただ、今年の選手権から、200㍍バタフライは特にレベルがぐんと上がってしまったので、本当に気が抜けないところですね。なので、予選から自己ベストを更新して決勝でどこまで順位を上げられるかが勝負になってくるかなと思います。1500㍍自由形に関しては、2年前は本当に出ただけの挑戦になってしまいました。今年も挑戦になりますが、1個上のOBの竹田(渉瑚・平28年度卒=現オーエンス)先輩が抜けてしまって1500の安心感がなくなってしまって、決勝は非常に厳しいですが1点でも多くとれるように頑張っていきたいと思います。

ー5月のジャパンオープンで「インカレで最高の結果を残せるように」と仰っていましたが、個人で目指す順位やタイムはありますか
順位は、表彰台は厳しいところで、もちろん狙ってはいきたいところですが、現実的に考えて4番から6番は狙っていきたいと思います。あわよくば、僕が化ければ表彰台も無くはないので、そこは本当に当日の調子と今後の持っていき方だと思います。

ーインカレまであと1週間ほどですが、どのように過ごされていきたいですか
毎晩夜寝る前、これまで20年間続けてきた水泳人生もあと1週間ちょっともしたらなくなってしまうことで、ずっと寂しいことを考えてますね。「あーもう泳がなくなるんだ」とか。なので、あと1週間の中で法大のプールに来る回数も限られてきてしまうので、プールに感謝したり周りで応援してくださる人に感謝したり、感謝の気持ちを大切にしながら今は練習をしているという感じですかね。

ー先ほども仰っていたように、水泳人生最後の大会がインカレとなるわけですが、インカレにかける思いを教えてください
僕の第一の人生の集大成なのでいい終止符を打てるように、失うものも何もないので思い切りやるだけですね。

ーインカレに向けてファンの皆様に一言お願いします
ファンの方いますかね?(笑)僕は副主将をやっているので、副主将の名に恥じないようにやっていきたいです。あと、シードも危ないので、何とか後輩にシードを繋げられるように自分の責務を果たしていきたいなと思います。mizuki R
ラストの大会でも1500㍍自由形に挑戦する野心家。本命の200㍍バタフライでは表彰台へ

常深皓貴

―インカレを前に今の調子は
自分の状態も、順調に進んでいて、自分でもどこまで出るのか楽しみな状態です

―インカレでの目標は
2種目とも決勝に残って200㍍は表彰台を狙っていきたいと思います。

―現状の課題
今は完璧に来ているので、ここからは自分の感覚と自分の体のキレを出してどこまで自分のタイムを上げれるかとても楽しみです。

―今後インカレに向けての対策
テーパ時期が一番大切だと思うので、どれだけスタート台に立った時に自信を持って挑めるか、どれだけ楽しみなレースだなと思って挑めるかというのが大切だと思うので、そこへの突き詰めではないですが、そういう心の余裕を今作ってるところです。

―緒方さんから次のキャプテンという話がありましたが、今のチームの雰囲気や状況はいかがですか
言っていいのか分かんないですが、個人個人が取っていく事によって、全体のチームのまとまりにつながると思います。とにかく今回は取れる人が取っていかないと、絶対シード落ちるので、そこを大切にしたいです。次の代からは、また自分で考えていって自分が全部まとめていって、また強い法政を作っていけたらなと思っています。tunehuka R
今季好調。次期主将としての責任も背負いインカレを戦う

津村航平

―インカレ前ですがお気持ちは
あまり入れ込むとダメなタイプなので、気楽にやっています。

―調子は
いい方だとは思いますが、あまり明確に言葉にすると結果がついてこないことが多いので、いい方なんだろうなくらいの感覚で捉えています。

―インカレという大会にどのような印象をお持ちですか
学生の全国大会なので、言い方は悪いですが本来の日本選手権よりは一段レベルが下がりますし。自分でも決勝を戦えるので、楽しい大会だとは思っています。

―得点に対するプレッシャーや気負いはありますか
特にないですね。普通に泳げば取れるラインにいるので、あまりそういうことは意識していないです。

―表彰台を狙うという言葉もありましたが
そうですね。乗れるとは思っています。

―とても淡々としていらっしゃいますが、緊張は普段からしないのでしょうか
そうですね(笑)。試合が試合なので、あまり緊張はしていないですね。日本選手権のときは合宿にも行っていて、やらなきゃと思いやったらだめでした。次のジャパンオープンは逆に気持ちが切れて、腑抜けた状態で出たら選手権より速かったんですよね(笑)。なのでこういう方があってるんだなと思って、意識はしていないですけど、緊張はしないようにしています。

―取り組んできたことは
軽く泳ぐことです。あまりパワーがないので、どれだけ体を浮かせて泳げるかということは意識しています。

―団体での目標は
シード権の死守ですかね。やらなきゃなとは思っています。

―それでは意気込みをお願いします
頑張ります。
tumura R
淡々とした中に闘志を秘め表彰台を狙う

内藤良太

ー5月のジャパンオープンまでを振り返って一言お願いします
4月、5月と大事な大会があり、結果的には良くなかったです。でも次に繋げられるように、そこでめげないでインカレがシーズン最後の試合なので、そこに合わせるようなプランを立ててここまできました。

ー具体的にプランとはどのようなものですか
4月の日本選手権で気持ち的にも折れそうになり、泳ぎたくないという時期もありました。そこから友達とかに泳ぎのどこを気を付けたらいいかなどを聞いて、筋肉強化やストロークの効率を意識しながらやっていました。

ー今の調子はどうですか
調子は自分的にはいいと思うので、あとは自分を信じてどこまでやれるか、自分を信じてやっていきたいです。

ー昨年のインカレと同様に100㍍と200㍍の背泳ぎで出場されますが、それぞれどのような目標がありますか
初日が200㍍の背泳ぎなので、そこで必ず決勝に残って、チームに勢いをつけたいです。100㍍の時には表彰台に上れるようにという目標を立てているので、しっかり頑張っていきたいと思います。

ー昨年は、順位を落としてしまった理由を「精神面の弱さ」としていましたが、精神面に関してはどうでしょうか
昨年は決勝で失敗したので、精神面も今年は昨年よりも強くなったと思います。やはり一番に自分を信じることに着目して頑張っていきたいです。

ーインカレは団体戦となりますがどのようにチームに貢献していきたいですか
学校練ではなくてクラブ練なので、先輩方に恩返しができるのは点数を取ることだと思います。とりあえず、自分のできる最低限の点数を取ることで貢献していきたいと思います。

ー4年生はインカレで引退となります
4年生の方々は、みなさんいい方ばかりで、僕にとても優しくしてくださっています。そういう意味も込めて恩返しができたらな、と思っております。

ーインカレまでの1週間はどのように過ごしていきたいですか
今の調子で満足しているわけではないので、ここからどんどんあげていく気持ちで最高の精神状態でインカレを迎えたいです。

ー最後に、インカレに向けての意気込みをお願いします
インカレは、自分がチームを引っ張っていくという気持ちを持って挑んでいきたいと思います。naito R
2年目のジンクスなど感じさせない絶好調男

赤羽根康太

―インカレを前に今の調子は
やって来たことは、自分の中で決めてやってきたので、あとは、ちゃんと試合で結果が出せるように、ここから調整していくて言う感じです。

―インカレでの目標
100㍍で表彰台に立つことと、タイムでインターD標準(52秒61)を切ることです。

―今季を振り返って
4月の日本選手権でインターD標準を切る予定でしたが、結果的にB決勝4位どまりで終わりました。インタータイムにも0秒6くらい足りなかったです。年明けてからけがもして、また一から積み直したのですが、一回ジャパンオープンでも結果が悪くて心が折れました。でも「やってやろう、やるしかないんだ」と思って毎日取り組んできました。全力で毎日を過ごしてきたという感じです。

―現状の課題
後半がちょっと残りでキックが入ってこなくなるので、この1カ月は基礎練習を多くし、積極的にタイムを求めるようにして、自分の中で考えてやって来ました。

―今後インカレに向けての対策
泳ぎ込み期間は終え自分のタイムが上がってきて、ちゃんとパワーもついているという事が確認できました。あとは感覚や水の流しをもっと滑らかにできるようにすれば、多分楽に前半は入れて、課題の後半でも勝負をかけられると思います。スピードを意識しつつも持久系をまだまだこれから残り1週間くらい取り入れてレースに臨むという感じです。akahane R
勢い止まらぬルーキーが初のインカレに挑む

フォトギャラリー

  • dansi Rさらなる高みへ。昨年取り返したシード権死守を狙う
  • DSC 0610 R夏男内藤が絶好調でインカレの舞台へ
  • DSC 0124-2 Rラストインカレに臨む伊藤
  • DSC 0558-2 R個人、リレー両方で結果を残したい廣川
  • DSC 0379-2 R初めて2種目で出場する戸野本
  • DSC 0418-2 R前回100㍍バタフライでB決勝まで進んだ林孝
  • DSC 0420-2 R初インカレでリレーも出場予定の後藤
  • ouennインカレでは選手たちに勢いを与える大きな応援も魅力の一つだ

体育各部一覧ページへ