スケート

【スピード】第36回全日本学生スピードスケート選手権大会 〈SP部門〉エース中村が1000㍍で優勝!阿部も500㍍で準優勝を飾る!

第36回全日本学生スピードスケート選手権大会
2016年12月10日(土)~11日(日)
群馬県総合スポーツセンター伊香保リンク

日本学生氷上選手権大会(インカレ)の前哨戦ともなる今大会。SP(スプリント部門)では、阿部啓吾(営3)が500㍍の1本目で自己ベストを更新する好レースで準優勝、総合順位も4位と好成績を残した。またエース・中村隼人(営3)は体調不良の中で今大会に臨んだが、最後の1000㍍2本目で優勝。エースの意地を見せつけた。総合でも6位と、法大は出場選手3名中2名が入賞となった。

hayato2 S
1000㍍②で優勝を果たした中村

試合結果(SP部門)

種目成績

種目選手名順位記録
   500m(1本目) 阿部啓吾(営3) 2位 35秒98
中村隼人(営3) 18位 37秒25
矢島友喜(営3)  46位 39秒54
1000m(2本目) 阿部啓吾(営3) 6位 1分13秒74 
中村隼人(営3) 7位 1分14秒22 
矢島友喜(営4) 48位 1分21秒71 
500m(1本目) 阿部啓吾(営3) 5位 36秒43 
中村隼人(営3) 14位 37秒12 
矢島友喜(営4) 46位 40秒13 
1000m(2本目) 中村隼人(営3)  1位 1分12秒58 
 阿部啓吾(営3) 6位 1分13秒70 
矢島友喜(営4)  44位 1分19秒98 
 

個人総合成績

選手名 順位 合計点
阿部啓吾 4位 146.130点 
中村隼人 6位 147.770点 
矢島友喜 45位 160.515点 

 ※SP...スプリント部門。500mと1000mを2日間にわけて2本ずつ走り、4本の合計で総合優勝を決める。

戦評

 3選手が出場したスプリント部門。
 500㍍を本職とする阿部啓吾(営3)。1本目では目標としていた35秒台に突入。1ヶ月ぶりのレースで見事自己ベストを更新し、表彰台を獲得した。しかし、続く1000㍍では順位を落とし、「もっとタイムを出したかった」と悔しい結果に。本人が課題と話した姿勢の高さを修正し、好成績を残してほしい。

 また、肺炎明けと万全な状態ではない中村隼人(営3)も1日目の1000㍍では7位と本来の力を発揮できず。しかし、続く2日目は1分12秒58で優勝。見事実力を発揮した。

 一方、主将の矢島友喜(営4)は練習不足が露呈し、下位に沈んだ。インカレまでにどれだけ調整できるかが、鍵となるだろう。 

 総合順位は阿部の4位が最高と表彰台を逃す結果となった。インカレまで残り1カ月を切った今。どれだけ調子を上げることができるか、注目だ。(八木下伸一)

選手コメント

矢島友喜 主将

―今大会を振り返って
練習不足という一言しかないんですが、言い訳になるのでなにも言いません。自分の実力不足でこういう結果になったと思います。

―今シーズン他の大会への出場は
ジャパンカップ第1戦と帯広で行われたトライアルのみですね。あとは学連(日本学生氷上競技連盟)の関係で忙しくて出れていないです。

―今大会の記録について
全然満足行かないですね。ただ、これが今の実力なのかなと思います。

―学連の仕事は大変ですか
やっぱり大変ですね。ただ、この大会もインカレも、学生主体っていうのがメインで動くものなので。競技運営がうまく行けばそれだけ私たちの力になりますし、大変なことは大変ですけど、学生のことを思えばいいかなと思ってやってます。

―インカレ出場種目は
まだ決まってないんですが、空いてる枠が1000㍍と1500㍍なので、そこら辺かなと思ってはいます。

―インカレに向けて
インカレは理事長という形で全部を統括しなければならないですが、レースは怠ることなく全力で向かっていきたいと思います。

yajima4 S
インカレに向け、練習不足を取り戻す

中村隼人

 ―今大会を振り返って
2週間前に肺炎にかかってしまって、10日くらい休んで、病み上がりの大会で。最初500㍍、1000㍍と良い滑りができなくて、最後の4本目は意地を見せたほうがいいかなと。頑張りました。

―結果が振るわなかった原因はやはり体調不良だったのでしょうか
そうですね。肺炎になって、熱も出て体力がすごく落ちちゃって。500㍍滑っただけで結構肺にきてって感じで。今回は無理かなと思っていたんですけど、最後頑張ろうと思ってました。

―今日の1000㍍2本目で意識されたことは
昨日の1000㍍は久しぶりのレースで力んでしまって、風もあって、余計な力がすごいいっぱい入っちゃったので、今日は速く滑ろうというよりも良い滑りを心がけて臨みました。

―距離別から今大会まで調子のほうは
帯広でジャパンカップ第1戦があって、そんなには良くなかったんですけどギリギリセーフって感じです(笑)。それから2戦3戦と屋外のレースで、インカレも屋外のレースなので気合いをいれて臨もうと思っていたんですけど、その2戦の時に肺炎になってしまって。1000㍍だけ出たんですけど、具合悪すぎて滑れなくて。3戦も棄権しました。ここまでは距離別、第1戦と調子よかったんですけど、そこからは全然ですね。

―現在体調のほうは
たまに具合悪くなったりするんですけど、何とか。昨日今日とレース4本滑って大丈夫だったら大丈夫かなと思っているんですけど。まだ本調子ではないですね。

―今後特に修正したい部分は
肺炎にかかって、体力が本当に春先くらいの体力もないぐらいまで落ちている状態なので、とりあえずまた1から体力面を基礎上げして。あとは(全日本)スプリントに向けて短い練習を多めにして。500㍍は全然速くないので、1000㍍で少しでも上の人たちに追いつけるように頑張りたいです。

―全日本スプリントでは具体的な目標はありますか
現状あんまり期待はしてないんですけど、まずは大学生に負けないことです。あと今、ナショナルチームが世界とも対等に戦っているので、順位問より、ナショナルチームの人たち1人でも勝てるようにしたいなと思います。

―インカレで出場予定の種目は
1000㍍と1500㍍に出る予定です。

―インカレに向けて意気込みをお願いします
今年は人数も少なくて総合優勝は結構厳しいですけど、今年は1人1人の能力が上がって、少ない中でも上位を狙えると思うので。まずは1人1人が最高のパフォーマンスをすることと。今年1年自分が練習を引っ張ってきたので、レースでも自分がしっかり結果を出して、みんなの士気を高めたいと思います。

hayato4 S
今年は練習面でも成績でもチームを引っ張る存在となっている

阿部啓吾

(1日目終了時点)
―今日のレースを振り返って、まず500㍍についていかがでしたか
1ヶ月レースに出場していなくて、その明けのレースで。1カ月間しっかり練習してきたので、上手く練習の成果が出て良かったかなと思います。

―レース後はガッツポーズも 飛び出しましたが、レース内容としてはどうでしたか
内容としてはあまり感じは良くなかったんですけど。とりあえず自己ベストの35秒を出すのが目標だったので、35秒台に乗れたっていうのが嬉しかったです。
第1コーナーは中々いい感じでいけて、バックストレートも結構落ち着いて滑れました。ただ最後の第2コーナーが...。アウトコースだったんですけど、風か、勢いつきすぎたか上手く回れなくて。出口も膨らんでいたので、それが今後の課題かなって感じです。

―今回のタイムは自己ベストということでしょうか
はい、自己ベストです。この間、帯広の森競技会の時に36秒00が出て、35秒出したいなと思っていたところで出たので嬉しかったです。

―1000㍍の方はいかがでしたか
1000㍍のときはすごく風が強くて。気持ち的にもやられてしまっていたんですけど、500㍍の感じからすると、もっと良いタイムが出ても良かったかなと思います。12秒狙っていたんですけど、全然自己ベストにも届かなかったので悔しいですね。

―距離別選手権以来、ここまで調子はいかがでしたか
距離別から帯広の森競技会まで調子は上がっていて、これいいなあと思っていたんですけど。結局出られなかったんですけど、(その後の)ジャパンカップの前々日くらいに自分のブレードが壊れちゃって。本当に使えない状態になってしまって、新しい刃になりました。それで刃の高さが違ったりして違和感があったので、あまり調子がいいという感じではなかったです。
ただ、1ヶ月みんなと離れて練習している時は、ナショナルチームだったり、すごく速い先輩方と一緒に練習させていただいて、とても充実した練習ができたと思います。

―今大会で良いタイムが出た要因は、練習が良かったことが大きいですか
そうですね。しっかり調整もしてきたので。でも0.02秒しか伸びていないので、まだいけるなと思っています。

―明日に向けて
500㍍はアウト→インで前の選手を追えて、1000㍍はインスタートのイン上がりで今日よりも良いタイムが出せると思うので。自己ベストを目指して4種目すべてそろえられるように頑張りたいと思います。

(2日目終了時)
―500㍍のレースを振り返って
昨日よりもリンクは滑らなかったと思うのですが、順位的にけっこう落ちてしまい、イン上がりで凄く失敗してしまい、残念な結果になってしまいました。自分はコーナーの技術がないので、イン上がりだと、ずっと失速したままでてしまいました。昨日と比べてみんなタイムは落ちているので、そう考えると落ちたことはいいのですが、同走に最後の出口までは勝っていたのですが、ラスト50で追い上げられたのが悔しいです。

―1000㍍については
自己ベストを目標にやってきたのですが、少し届かずもっとタイムだしたかったです。インスタートが自分は好きなのですが、最後のバックストレートで同走が前にいず、追えなかったので、まだタイム全然出たんじゃないかなと思います。

―同期の中村選手が優勝しました
昨日は残念な結果で、肺炎明けで仕方ないなと思いますが、4本目でこのタイム出して優勝しているので凄いと思います。隼人は自分よりも非常に速く、ずっと隼人を追っていたいので、さすがだなと思います。練習できていなくても、優勝する実力はあって、見習いたいと思います。

―全日本スプリントに向けて
2種目とも自己ベストを目指していて、500㍍は35秒80をきれるようにと、1000㍍では12秒台を出すことを目標にします。課題として姿勢が高いので落ち着いて、低く滑れるように練習したいです。

―インカレに向けては
500、1本しかないので、どういう結果になるかはわかりませんが、今年の目標として3位以内を目標にしているので、インカレでチームに貢献できるように優勝するくらいの気持ちで頑張りたいです。

abe3 S
着実に力を伸ばしている

フォトギャラリー

  • hayato2 S1000㍍②で優勝を果たした中村
  • hayato1 S体調不良の中での大会となった(写真:中村)
  • hayato3 S1000㍍②表彰後(写真:中村)
  • abe1 S阿部も500㍍①準優勝と健闘した
  • abe2 S総合でも昨年の7位から順位を上げ4位となった(写真:阿部)
  • abe4 S500㍍①表彰後(写真:阿部)
  • yajima1 S大会運営をしながらの出場となった矢島
  • yajima2 Sインカレで挽回をはかる(写真:矢島)
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み