テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権 2日目 男子ダブルス1回戦 女子シングルス1回戦 男子は2ペアが勝利し2回戦進出を決める! 女子は横山がストレート勝ちで単複共に好調を維持

関東学生新進テニス選手権
2019年2月16日(土)
青山学院大学緑ヶ丘テニスコート、明治大学西調布合宿所テニスコート、早稲田大学東伏見テニスコート、立教大学新座テニスコート

新進本戦大会2日目。男子ダブルスには2ペアが出場、女子シングルスには4選手が出場した。中でもひと際目立ったのは1年生の活躍だ。男子は佐野有佑(経1)・高清水研人(経1)ペアがストレートで勝利し、2回戦に進出。女子は単複共に横山祥子(社1)が2回戦進出を決めた。

 sanotakashimizu2 R
ガッツポーズをする佐野・高清水(左)ペア

試合結果

男子ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
藤井俊吾(社3)・柚木武(スポ2)ペア 6-3,2-6,10-4 高村佑樹・名越大地(早大)
佐野有佑(経1)・高清水研人(経1)ペア 6-2,6-0 中村公宣・高橋和宏(専大)
 

女子シングルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
下地奈奈(社3)  3-6,2-6 平野聡美(慶大) 
小松茉莉奈(経2) 0-6,4-6  南文乃(亜大) 
蛸井涼華(スポ1) 6-4,4-6※ 吉田百花(明大)
横山祥子(社1) 6-3,6-2 鈴木舞(青学大)
※は日没の為中断試合

戦評

青学大緑が丘テニスコート

 青山学院大学緑ヶ丘テニスコートでは佐野有佑(経1)・高清水研人(経1)ペアが本戦1回戦に出場。第1セット第2ゲームからブレイクに成功するも、第3ゲームでブレイクバックを許してしまう。しかしその後、佐野のサイドラインぎりぎりを攻めるストロークが光り、2度目のブレイクに成功。第1セットを6-2で先取すると勢いは止まらなかった。第2セットは相手に1ゲームも譲らない快勝で2回戦進出を決めた。

 同会場で、横山祥子(社1)のシングルス1回戦が行われた。1年生ながら今季リーグ戦主力メンバーとして活躍する横山は、単複共に2回戦進出を決めた。
ポイントを決めると小さくガッツポーズをした。第1セット第4ゲームでブレイクに成功すると、辛抱強くラリーを続け、セット奪取に成功する。続く第2セットも好機となった第5ゲームをブレイクし、ストレート勝ちで次戦へつなげた。
 
早大東伏見テニスコート
 
 東伏見テニスコートの第1試合に登場したのは藤井俊吾(社3)・柚木武(スポ2)ペア。早大ペアとの一戦は互いに譲らないしびれた試合となった。 第1セットは互いにサービスゲームをキープする展開に。その中で第8ゲーム、法大ペアの息の合った連携からボレーを決めるなどポイントを稼ぎ、ブレイクに成功。そのまま6-3でこのセットを取る。第2セットは息を吹き返した早大ペアに対し大事な場面でミスを連発。2-6でこのセットを落とす。迎えたスーパータイブレーク。ここで法大ペアが本領発揮。柚木の強烈なサーブから流れをつかみ、藤井のボレー、コースギリギリのショットでポイントを重ね、ミニブレイクを一度もされることなく10-4で取り、2回戦進出を決めた。
 
 午後の東伏見コートに登場したのは下地奈奈(社3)。第3ゲームにブレイクを奪い、勢いに乗りたいところだったが粘りを見せる相手に苦戦を強いられる。続く第4ゲームでは度重なるデュースの末、ブレイクを奪われる。その後もミスが目立ち、第1セットを3-6で先取される。第2セットでも相手選手の粘りについていけず、主導権を握られる。このセットも2-6で落としてしまい、敗戦。練習期間があまり作れず試合に望んだと試合後に話した下地。春関では一皮むけたプレーが見せられるか、注目だ。
 
 日が沈み、すっかり暗くなった第5試合。シングルス1回戦には小松茉莉奈(経2)が出場した。 第1セットではなかなかゲームを取る事ができない展開が続く。結局このセットを0-6とストレートで落としてしまう。「第2セットではミスをなくして風の向きを考えてプレーをしていこう」と小松が語ったように第2セットからは、目立つようなミスは少なくなるも、相手の鋭く、正確なストロークに苦戦する。2回のブレイクを奪い、巻き返しを図るも最後は逆にブレイクを許してしまい、悔しい敗戦となった。
 
 ※明大西調布テニスコートでの蛸井涼華(スポ1)の女子シングルス1回戦は、中断試合となった為、明日以降記事を掲載致します。 
 
(記事:草野慧、梅原早紀、加瀬航大)

選手コメント

下地奈奈(社3)

ー今日の試合を振り返って

最近就活もあって、練習時間とかも限られた時間しかやっていなくて。それでこうやって久しぶりにシングルスの試合をして、全然動けていなかったですね。(練習を)していない分自信もなくてそのまま最後までズルズル行ってしまった感じです。

ー試合ではラリーが続きました

テニス部の中で試合をした相手の特徴であったりだとか戦略というのをみんなで共有していて、その中に(相手選手は)ボールを緩急つけた方がミスをすると言われていたので。いつも自分は結構打ちこむタイプなのでラリーをして相手のボールを見ようとしていたんですけれど、自分のボールが緩いから攻められることが多くて、それに対して自分は逃げてばっかりでちゃんと戦えていなかったなと感じました。

ー新体制になって

そんなに変わったことはないんですけれど、ミーティングとかも月に1回は必ずして、みんなが意見を言い合える場を作りました。テニスの面でも練習する時にいつも自分だけじゃなくてみんなが何がしたいかとか聞きながらコミニュケーションを取りながら練習をしてきたことが今回新進の本戦に出ている選手が多くなったことにつながったかなと思います。

ー部の雰囲気は

個性的な人が多いですね(笑)。でも色々な意見が出てきます。みんなが性格バラバラで、だからいいのかなと感じます。

ーそのようなチームをまとめあげる上で

自分だけじゃなくて同期の子がもう1人いるわけで、その子とちゃんと話してこういうチームにした方がいいよねってことを話し合いながらチームに対してみんなからの意見もちゃんと聞く。自分達だけが一方的に言うんじゃなくて、向こうが何考えているかとかを分かり合えることでいいチームになっていくんじゃないかなとはすごく思います。

ー今後について一言お願いします

自分自身については大学を卒業してテニスをする気はあまりないので、最後の年ということで今までの自分のベストを出せればいいのかなとは思うんですけれど、そんなにプレッシャーに感じずにテニスしたいなと思います。部としては2部に昇格してから昨年度1部昇格を目指してやってきて、結果はできなかったんですけれど、初めての2部のリーグで2部大学のレベルが知れたのでそれを今年のリーグでどう挑戦していくのかというのをまたみんなで話し合いながら1部に昇格するために個々のレベルを上げていくべきなのかなと思います。

小松茉莉奈(経2)

ー今日の試合を振り返って
久々の公式戦ということもあって、自分の中で試合の組み立てがあまりわからなかったというのと、風に対応ができなかったというのが敗因なのかなと思うので、去年のインカレ予選から公式戦に出ていなかったのでそういう所も出てしまったのかなと感じたので、今後春関に向けて頑張りたいなと思います。
 
ー風の影響は
サーブとかも考えたり、ボールをいつも通り打ったらアウトになっちゃうとからもっと振らなきゃいけないとか、風が一定じゃなく難しくて、相手の方がそれに対応していたので自分はそこが弱いのかなと思いました。
 
ー第1セットを終えて次のセットに向けて変えていこうと思ったことは
1セット目が0-6だったので、とりあえずミスを減らして、風の向きを考えてラリーをしていこうと思っていたら、その方がよくて、つなぐことと風を把握しながら打つということを意識していました。
 
ー今年の目標は
本当は新進で何回か勝ちたいというのが目標だったんですけれど、こういう結果になってしまったので、春関でいつも1回戦負けとかなので春関で2回戦まで行って、その上を目指したいです。
 
ー今後について一言お願いします
少しでもチームの勝利にもしメンバーで出るとしたら自分が勝利に繋げられるように頑張っていきたいと思います。

フォトギャラリー

  • hujiiyuzuki Rスーパータイブレークをものにした柚木(左)・藤井ペア
  • sanotakshimizu R息の合ったプレーで2回戦進出を決めた佐野・高清水(左)ペア
  • sanotakashimizu2 Rガッツポーズをする佐野・高清水
  • shimoji R1回戦で惜しくも敗退となった下地
  • komatu R明日のダブルスに挑む小松
  • takoi R接戦の末中断試合となった蛸井
  • yokoyama R好調を維持する横山
 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 121

 

定期購読の申込み