陸上

【特集記事】リオデジャネイロオリンピック出場者壮行会

リオデジャネイロオリンピック出場者壮行会
2016年7月14日(木)
法政大学市ヶ谷キャンパス

 来月8月5日に開催が迫ったリオデジャネイロオリンピック。法大からは現役生1名、卒業生7名の選手が出場する。日の丸を背負い世界へ羽ばたく選手たちにエールを送るべく、卒業生や在校生を交え壮行会が盛大に行われた。

shuugou R
リオデジャネイロオリンピックに出場する選手たち

リオデジャネイロオリンピック出場者

現役生

競技 種目名前   学部学年
競泳 女子800㍍リレー 青木智美   社4

 

卒業生

競技種目名前卒業年度
陸上  男子110㍍H 矢澤航 2013年度卒業 
男子400㍍  金丸祐三  2010年度卒業
フェンシング 男子エペ  見延和靖  2010年度卒業
重量挙  男子62㌔級 中山陽介  2008年度卒業
女子48㌔級 三宅宏実 2007年度卒業
女子7人制ラグビー 中村千春 2010年度卒業
加藤慶子 2011年度卒業

※女子7人制ラグビーの2名の選手は合宿中のため欠席

激励コメント

田中優子総長

 リオデジャネイロオリンピック出場を決めた皆さん、本当におめでとうございます。皆さんは非常に優れた身体能力と才能を持って生まれ、鍛えてこられたと思いますが、それだけではやはりここまでは来られなかったでしょう。皆さんはきっと"自律"、すなわち自分を律する能力を鍛え、ここまでの記録をつくってこられたのだと思います。"自律"という能力は、今法政大学が進めようとしています″実践知″という知性でもあります。実践をしながら知性を磨いてきた皆さんの能力は、スポーツ選手としてだけではなく、社会においても立派に仕事を成し遂げていく能力なのだと思っております。ですからぜひ自信を持ってオリンピックに臨んでいただきたいです。そしてまたオリンピックだけではなく、その後も社会のため、世界のために貢献していただきたいと思います。皆さんは法政大学の誇りです。おめでとうございました。

五明公男(法友体育会会長)

 今回、私たちの願い、法政の熱い思いを背負って出場する選手が8人いますが、今日6人の方が来てくれました。本当に我々の誇りです。ぜひ本番ではコンディションの調整に気を付けて最高のパフォーマンスを発揮してください。選手たちの活躍が我々の誇りとなり自信となります。今日出ていただいた6人の活躍が私たちの元気の源になります。

三宅義信(元重量挙オリンピックメダリスト)

 今日は法政大学での31回目のオリンピックの壮行会です。たくさんの方々に集まっていただきました。そしてまた、総長の田中優子さんにもおいでいただき、選手はありがたいなあと思うと同時に、やはり感謝の気持ちを忘れてはならないと思います。そして一人でオリンピックに出るわけではなく、法政大学や地元の方々など、いろいろな方々に支えられて皆さんは今日に至ったのではないかと思います。私は今から56年前に法政大学の学生としてオリンピックに出場しました。そのときもいろいろと体育会には大変お世話になりました。法政大学の学生として、また後ろに日の丸を背負っている者としての気持ちを今思い出しました。「スポーツマンシップにのっとり正々堂々と戦う」。この精神がなくてはオリンピックでは勝てません。勝つというのは決して敵に勝つというだけではありません。やはり己に勝つことが非常に大事なことではないかと思います。自分を信じて冷静に自分を見つめ、力を最大限に発揮していただきたいです。大会まで絶対にけがをせず、焦らず、しっかり自分の与えられた任務に力を注いでほしいと思います。またその後の東京オリンピックに向けても頑張っていただきたいです。法政大学の誇りと自覚を持って堂々と戦ってきていただきたいなと思います。

 

選手コメント

青木智美

 本日はこのような会を開いていただきありがとうございます。社会学部4年、競泳の青木智美です。私の目標といたしまして、去年の世界水泳で800㍍リレーに出場したのですが、日本新記録が樹立できなかったので、今年こそは世界水泳と同じメンバーでそのリベンジを果たせたらいいなと思います。皆さん応援よろしくお願いします。
 

矢澤航

 今日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。陸上競技110㍍H日本代表の矢澤航です。4年前のロンドン五輪の選考会でフライング失格をして、4年間ずっとリオ五輪に出るためにトレーニングしてきました。やっと掴んだ夢の舞台で1本でも多く走れるように頑張りますので皆様応援よろしくお願いします。

金丸祐三

 本日はこのような盛大な会を開いていただきありがとうございます。陸上競技400㍍代表の金丸祐三です。私の目標といたしましては、克己を活かすということで自己ベスト更新を目指して頑張っていきたいと思います。余談ではありますが、私はカラオケなどに行った際に毎回締めで法政大学の校歌を歌うほど愛校心を持っています。法政魂を胸にリオで自己ベストを目指し頑張りたいと思います。本日はありがとうございました。

見延和靖

 皆さん、こんにちは。フェンシング男子エペ部門でオリンピックに出場致します、2010年度卒の見延和靖です。僕はかなりの遅咲きで、男子エペという種目ではインターハイにも出場できないくらいのレベルでした。それでもここまで来れたのは、母校である法政大学に育てられたからだと思っております。オリンピックでしっかりと結果を出して法政大学の名を上げられるように頑張りますので、みなさん応援よろしくお願い致します。本日はどうもありがとうございました。
 

中山陽介

 ウエイトリフティング62㌔級に出場します、中山陽介です。本日はこのような会を開いていただき誠にありがとうございます。そしてこの会場に大勢の方々に来ていただきまして、本当にありがとうございます。僕は8年前に卒業したんですけれども、ここに今日、4年間共に戦ってきた同期の仲間もわざわざこの会場に激励に訪れに来ていただきまして、本当に昔の4年間のことを思い出させられました。法政大学で培った4年間の精神力は今の僕の能力でもあります。そのおかげでリオデジャネイロオリンピックにも出場することができました。大会本番では280㌔以上を目標に8位入賞を目指して頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします。
 

三宅宏実

 皆さんこんにちは。ウエイトリフティング48㌔級に出場します、三宅宏実です。田中総長さんをはじめ、学校の関係者の皆さん、そして在校生の皆さん、本当に今日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。私は4度目の挑戦になるんですけれども、しっかり練習して自信をつけて、リオでは思いっきり全力で精一杯出し切れるように頑張りたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします。今日はありがとうございます。
 
 

フォトギャラリー

  • shuugou Rリオデジャネイロオリンピックに出場する選手たち
  • aoki R日本新記録の更新を狙う青木
  • yazawa R矢澤は夢舞台での飛躍を誓った
  • kanemaru R自己ベスト更新を目指す金丸
  • minobe R遅咲きで五輪への切符を勝ち取った見延
  • nakayama R8位入賞を目標に掲げた中山
  • miyake R4度目の挑戦となる三宅
  • tanaka R田中優子総長も激励の言葉を述べるため駆けつけた
 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み