バドミントン

【バドミントン】平成28年度関東学生新人選手権 勝俣が決勝進出も健闘及ばず準優勝

平成28年度関東学生新人選手権 準決勝・決勝
2016年11月20日(日)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

新たなチームの行く末を占う新人戦が行われた。男女ともに多くの選手が、準決勝および決勝の行われる最終日を前に姿を消す中、先月のインカレでも結果を残した勝俣莉里香(営2)がシングルスで準優勝を果たした。全体としてはふるわない結果に終わったが、勝俣の活躍は今後に期待を持たせた。

IMG 5939 R
優勝には届かなかったものの目覚ましい活躍を見せた

詳細結果

男子シングルス

選手名結果
小森園隆平 3回戦敗退
野村拓海 2回戦敗退
野田悠斗 2回戦敗退 
一ノ瀬力瑠 1回戦敗退
春日井一生 1回戦敗退
金子大地 1回戦敗退
佐藤優希 1回戦敗退
桐田和樹 1回戦棄権

女子シングルス

選手名結果
勝俣莉里香 準優勝
工藤ひな子 ベスト16
清水一希 ベスト16
鈴木優花 ベスト16
東久留望 ベスト16
甲斐妃美子 3回戦敗退
伊東佑美 2回戦敗退

 ※成績の記載に誤りがあり、訂正いたしました。深くお詫び申し上げます。

男子ダブルス

選手名結果
一ノ瀬・金子 2回戦敗退
佐藤・春日井 2回戦敗退
小森園・桐田 2回戦敗退
野村・野田 2回戦敗退

女子ダブルス

選手名結果
鈴木・東 2回戦敗退
伊東・清水  2回戦敗退
甲斐・工藤 1回戦敗退
 

 

戦評

 第1シードで2回戦から出場した勝俣莉里香(営2)は、準決勝まで順調に駒を進め、飯村梨衣子(東女体大)と対峙した。  
 第1ゲームは、互いに譲らず競り合うものの11-10と1点リードしたまま前半を折り返した。しかし、ネットミスやサイドアウトなど細かなミスを繰り返し、相手に6連続失点を許し14-21でこのゲームを失う。第2ゲームでは、ショットが冴え始め長いラリーをものにして21-15で奪った。その良い流れのまま臨んだ第3ゲームでも相手をコートの左右に動かし、甘くなったシャトルを確実に決めるなど終始主導権を握ったプレーで相手を圧倒し21-12。序盤は苦戦する場面もあったものの見事に勝利し決勝進出を果たした。  

 迎えた決勝戦では池内萌絵(日体大)との対戦。第1ゲームでは、少しミスが目立つ場面もあったが、緩急をつけたシャトルを打つことで相手のミスを誘う。その後もライン上に鋭いスマッシュを打ち込むなど安定したプレーを見せ、21-18でこのゲームを奪い優勝へ大きく前進した。しかし第2ゲームからは一転し、今まで決まっていたショットが決まらなくなる。徐々にペースが乱れ始め相手に連続失点を許し、その点差を縮めることが出来ないまま12-21と勝負はファイナルゲームへ。準決勝・決勝と2試合続けてファイナルゲームまでもつれ込んだため、体力も次第に限界に近づいていた。相手のショートサーブに上手く合わせられず、早い動きに対応できない苦しい展開が続く。また、一発で点数を取ろうと決め急いでミスを連発。10-21と大差で敗北を喫し準優勝で終わった。  

 インカレでは個人戦ダブルスで優勝し、今大会でもシングルスでで優勝まであと一歩と迫っていただけに惜しい敗北となった。しかし、相手についていくスピードや体力向上などたくさんの課題を見つけ、次につながる大会となった。全日本総合選手権までの数週間、しっかりと調整を行い、強敵揃いの舞台でも再び大学王者の実力を見せてほしい。(杉本ひかり)

 

選手インタビュー

勝俣莉里香

ー準優勝という結果について
秋リーグに怪我をして、シングルスがなくなって、そこからダブルスにしか出ていなかったので、ずっとシングルスは練習していなかったんです。ここ数日も新人戦に合わせるより次の全日本総合のダブルスに合わせて練習をしていたので、シングルスは本当にちょっとしか練習していなかったですね。だからどうなるかなと思っていたんですが、決勝戦までいったので勝ちたかったですけど、(準優勝という結果は)良かったです。  

ー今回の新人戦での優勝は最初から狙っていましたか
できるとは思ってなかったというか、シングルスの練習はしていなかったのですが、やっていくごとに勝っていけたので、試合に勝つごとにいけるかなという気持ちはありました。  

ー決勝戦の内容を振り返って
相手のショートサーブに合わせられなかったです。最初からサーブで相手の流れというか、相手のペースになってしまっていました。  

ー1ゲーム目を先取してから2.3ゲーム目は勢いを取り戻せませんでした
相手の方が動いていましたね。自分は一発で決めようとするけど、それをとられるともうダメというか動けなくなってしまったので。  

ー動けなかったというのは疲れの問題もあるのでしょうか
シングルスはダブルスより動くのでキツいんですが、今はシングルスの体力はなくて…そういうところで負けました。準決勝もファイナルゲームまでいってしまったのでそれもありますね。  

ー今大会で見つかった課題は
決勝で負けた相手にはこれから先もリーグ戦とかで当たる機会があると思うので、今回の相手のような速い球にもっと慣れていかないと、春リーグや来年戦っても同じような結果になると思います。全日本総合が終わったらシングルスもちゃんと練習し始めるので、今日負けた相手にも勝てるようにもっと練習します。  

ーインカレでのダブルス優勝を経て、何か気持ちの面での変化はありますか
ダブルスだと負けられないという気持ちがあります。大学の中では勝ったので、次は社会人にも勝っていかないといけないので、そういった意識は高くなったのかなと思います。  

ー全日本総合に向けて
当たるのは格上の人たちばかりで変にプレッシャーを背負うこともないので、挑戦者の気持ちで頑張って勝ちたいと思います。

フォトギャラリー

  • IMG 5939 R優勝には届かなかったものの準優勝と健闘した
  • IMG 5902 Rひかえめながらも気持ちのこもったガッツポーズを見せる
  • IMG 5997 Rあと一歩でシャトルに届かずしゃがみこむ
  • IMG 5979 Rしなやかなフォームから生まれるスマッシュは勝俣の武器のひとつだ
  • IMG 6023 R勝負所のミスで悔しさをあらわにした


 
 

 

 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み