バドミントン

【バドミントン】全日本学生選手権 男子 個人戦 西川・野村ペアがダブルス準V!山澤はシングルスで3位入賞!

全日本学生選手権 個人戦
2017年10月23日(月)~26日(木)
一宮市総合体育館

団体戦ではベスト8と涙をのんだ男子。インカレ個人戦ではチームのエースダブルスである西川裕次郎(社4)・野村拓海(社2)ペアが、並みいる強敵を破り見事準優勝を飾った。またシングルスでは、ルーキー山澤直貴(経1)がインカレ初出場で3位に輝くなど、単複ともに優勝とはならなかったが、好成績を残し団体戦の悔しさを晴らす結果となった。

DSC 2073 R
堂々の準優勝を飾った西川・野村ペア

試合結果

シングルス

選手名結果
山澤直貴 3位
桐田和樹 ベスト16
西川裕次郎 ベスト32
 野田悠斗 ベスト32
原口翔多 ベスト32
早川竣 2回戦敗退

ダブルス

選手名結果
西川・野村拓海 準優勝
桐田・山澤 ベスト16
早川・荒木惇 2回戦敗退

 

戦評

 シングルス

 シングルスには法大から6選手が出場。第1試合を順当に勝ち上がるが、第2試合で早川竣(スポ4)が格上相手に第1ゲームを先取するも逆転負けを喫しコートを去った。野田悠斗(経2)が日大エース原口を破るなど5選手がいい勢いのまま3回戦進出を決めた。

 3回戦では桐田和樹(経3)、山澤直貴(経1)がそれぞれ明大・澁谷、筑波大のエース馬場を破るなど本職のシングルスでその実力を見せつけた。
 インカレ個人戦初出場となった野田は第1ゲームを奪うも、前後左右に揺さぶられ、得意のスマッシュを繰り出すことができない。第2ゲームを落とし後がなくなり、迎えた第3ゲームは一進一退の攻防が続くも18-20からミスにつけ込まれまさかの逆転負け。初のインカレはベスト16という悔しい結果に終わった。
 また1年生ながらインカレ出場を果たした原口翔多(社1)も、2回戦で中大・緒方をフルゲームの末に下したものの、3回戦の相手は昨年王者の強敵、古賀穂(早大)。第1ゲームでは粘りのプレーを見せるものの、徐々に力の差を見せつけられ2-0のストレートで敗戦。それでも「思った以上に戦えた」と確かな収穫も得られたインカレとなった。
 主将の西川裕次郎(社4)は日大・小倉と対峙。第1ゲームを先取したものの、相手も徐々にアクセルを上げ始め、第2ゲームを落とすと相手の勢いを止められず第3ゲームも奪われ1-2でシングルスは敗退となった。

 第4試合には桐田と山澤が出場。桐田は日体大のポイントゲッター、小本との対戦となった。第1ゲームは相手の連続得点を許しリードを広げられるも、得意の早い展開から強打を繰り出し19-19に追いつく。しかし最後はミスがたたり19-21で第1ゲームを落とした。第2ゲームも1点を争う接戦となるものの、終盤にかけてシャトルに足が追いつかずミスが増え、19-21とあと一歩のところで悔しい敗戦となった。
 山澤は日体大・山下を下した龍谷大・本田との一戦。序盤から得意とするスマッシュで相手に反撃の隙を与えず21-14で第1ゲームを奪うと、第2ゲームも勢いそのまま21-16で勝利を奪取。ベスト8へ駒を進めた。

 山澤の準々決勝の相手は2回戦で早川を下した成富(龍谷大)。龍谷大は団体戦で準優勝を果たしているだけに、苦戦が予想されたが、試合は終始山澤ペース。強打で押し切り、第1、第2ゲームともに21-15と危なげなくベスト4進出を決めた。

 翌日の準決勝の相手は前日桐田を破り、勝ち上がった小本。第1ゲーム、ヘアピンとスマッシュをうまく使い分ける小本のプレーに対応できず、得意の強打を繰り出すことができない。7-21と圧倒されるが、第2ゲームは日本代表B代表の実力を発揮。以前はミスの多かったネットプレーを確実に決め、浮いた球を確実に決めこむ。21-21とデュースに持ち込まれるが、なんとか粘り勝ち23-21でこのゲームを奪った。勝負の第3ゲーム。勝機を見出すためにラリーを続けたのが逆にあだとなったのか、自ら攻める場面が減り、差をつけられる。しかしここから山澤も猛攻開始。前後に揺さぶって空いたスペースにショットを落としこみ、開いた点差を一気に縮める。それでも相手は実力者。山澤の決め球もしっかりと拾い上げ粘りを見せると、先に足が止まったのは山澤。17-21とあと一歩のところで第3ゲームを落とし、初のインカレはベスト4で幕を下ろした。

 0X0A4895 R
2ゲーム目に競り勝ち、雄たけびをあげる

 それでもこの結果は「自信になった」と山澤。1年生なだけに今回の成績は今以上の躍進につながっていくことだろう。また、今回悔しい結果となった法大のシングルスレギュラー陣である桐田、野田はそれぞれ3.2年生。今大会の経験を糧とし、さらなる活躍に期待したい。(本間美来)

ダブルス

 ダブルスには3ペアが出場。2回戦で荒木惇(国4)・早川ペアが敗れるも、2ペアが無事3回戦に進出した。
 西川・野村拓海(社2)ペアは関東2部リーグに所属する東経大ペアに苦しみながらも勝利、桐田・山澤ペアは日大の原口・谷口ペアをストレートで下し、4回戦進出を決めた。

 先に行われた桐田・山澤ペアの4回戦の相手は昨年のインカレ3位の市川・馬屋原ペア。法大は両者ともに前日のシングルスの疲れからか相手のパワフルなショットに押され、11-21と差をつけられ第1ゲームを落とした。続く第2ゲームも流れは日体大に。なんとか強打で応戦するも、熟練されたコンビネーションの前に差は開く一方。結果14-21のストレート負けでベスト16となった。しかし「インカレ前日から練習し始めた」(山澤)というこのペア。升監督も「(練習で)合わせない方が力を発揮できるタイプ」と評しているだけに、可能性を秘めたポテンシャルの高いダブルスだと言えるだろう。
 一方の西川・野村ペアは青学大の佐藤・伏見ペアと対戦。途中点数が競り合う場面も見られたものの、終盤にかけ実力差を見せつけ21-16で第1ゲームを先取。第2ゲームも追いついた試合運びで21-18と連取し、ベスト8進出で全日本総合の出場権を手にした。

 続く準々決勝。西川・野村ペアは日大の小倉・三橋ペアと対峙した。秋季リーグの日大戦でも同ペアに勝利を収めているが、三橋はユニバーシアードにも選出された実力者。負けられない一戦となったが、第1ゲームは相手のペース。前に詰められなかなか思うような攻撃に持ち込めず、16-21で第1ゲームを落とした。第2ゲームも開始からショットに押されサイドバイサイドを強いられる展開が続く。なかなか波に乗れず、インターバルを取られるも「流れが来たらいけると思っていた」と西川。ロブで粘り強く強打をしのぐと、相手の守備の隙を見逃さず一気に反撃を開始し、悪いムードを払拭。結果第2ゲーム、第3ゲームともに21-15で奪い、見事準決勝進出を決めた。

 翌日の準決勝の相手は早大の小野寺・中里ペア。優勝候補のひとつであるこのペアと、第1ゲームから1点を争う一進一退の攻防を演じる。点数はきっ抗したものの、終盤に西川・野村ペアが本領発揮。相手のミスにも助けられ、一歩のリードを保ったまま、21-19で第1ゲームを奪った。第2ゲームは法大の連続得点で幕を開けると、終始法大ペース。中盤点差を縮められるが、絶妙なコースに強打を打ち込み流れを渡さない。このゲームは21-16で奪い勝利し、団体戦優勝を果たした早大のエースダブルスをストレートで打ち破った。

 迎えた決勝戦。相手は準決勝の同校対決を制した玉手・山下ペア(日体大)。玉手は昨年優勝を遂げたディフェンディングチャンピオンである上、団体戦でもこのペアには敗北を喫しており、プライドとプライドがぶつかる一戦となった。 意気込んで挑んだ第1ゲームだったが、鋭いドライブでの低い展開が続くなか、「甘くなって浮いた球を突かれた」(野村)と一瞬の隙を突かれ主導権を握られる。6-11でインターバルを奪われると、その後も立て直すことが出来ず、結果14-21と第1ゲームを大差で落とした。絶対に落とせない第2ゲーム。連続得点でスタートダッシュに成功すると、その後も相手に粘られるが、西川の器用なネットプレーと野村の強打が噛み合いなんとかリードを保つ。ラリーが続く息詰まる攻防となるも14-19と第2ゲーム奪取にほぼ王手をかける。しかしここから予想外の展開に。法大のイージーミスが続き、流れを奪った日体大がここ一番の集中力を発揮。法大が得点を奪えないまま19-19で追いつかれると、再逆転は叶わず。19-21と相手に7連続得点を許し第2ゲームは痛恨の逆転負け。結果0-2のストレートで今大会は準優勝という結果となった。

DSC 0234 R
決勝は悔しい敗戦となったが、東日本インカレの優勝に続き結果を残した

 決勝戦の正念場となった第2ゲームを「自分らしく逆転負けした」と振り返った西川。敗因は「自分の性格」と飄々と話す一方で「第2ゲームを取れていれば勝てた」と静かに悔しさをにじませた。野村も「優勝できるチャンスをつかみきれなかった」と語ったものの「結果を残せたことは素直に嬉しい」と得られた達成感も口にした。4年生の西川はひとまず引退というかたちとなるが「来年は自分が引っ張っていけるように」と野村。キャプテンとして、またエースダブルスとしてチームをけん引し続けた西川の意思は確かに引き継がれている。大きな収穫も、課題も得られた今大会。4年生の残した功績は、これからも法大バドミントン部を支えていくことだろう。(本間)

 

選手インタビュー

西川裕次郎・野村拓海ペア

ー試合を振り返って
西川:自分らしく逆転負けしたって感じです。その一言です!
野村:この結果がこの1年の成果なのかなと。受け止めてまた来年頑張りたいです。 

ー敗因としては
西川:自分の性格ですかね(笑)。やっぱり気持ちが抜けた部分がありました。
野村:真面目な話だと、自分が落とした球が甘くて山下に突かれることが多かったので、そこをうまくやってれば結果は分からなかったのかなと思います。あとは2位しか取れないっていう僕のジンクスですね。2位ばっかり取ります(笑)。 

ー団体戦でも玉手・山下ペアに敗れました
西川:団体の時は野村が1試合目だったし、そういうのもあってあんまり球に慣れてない部分もあったんですけど、今回はそれとは違って1試合やってからだったので違う展開になるかなと思ったんですが、まあ相手の方が上手だったというか。やり方次第によっては勝てる部分もあったと思うんですけど、あとちょっとが長かったですね。2点が遠かったなと思います。
野村:団体戦で負けたのでリベンジしてやろうとは思ったんですけど、勝てなかったのでやっぱり悔しいですね。優勝できるチャンスはあったのでそこで取りきれなかったというか、つかみきれなかったっていうところですかね。 

ー準々決勝の日大戦は押され気味の展開でしたが
西川:1ゲーム目が終わって、2ゲーム目に入るときに感覚的に大丈夫だろうなと2人で話していました。それが当たったというか、やっているとき大丈夫な感じはしていたので、流れが来たらいけるかなと思ってやっていました。
野村:1ゲーム目は球に慣れてなかったというかうまく対応できてなかったんですけど、西川さんも言うようにいけるなとは思っていたので、そこで流れを持ってこれたのはよかったかなと思います。 

ー準決勝については
西川:朝から試合でみんな寝起きっぽく4人ともあんまり動いてなかったですね(笑)。あっさり終わったと言うか、比較的楽でしたね。 

ー準優勝という結果は
西川:4年間やりきったっていう気持ちもあるし、最後勝てた相手だったかなっていうのもあります。多分2ゲーム目取ってたら勝ってたと思うので、その2点が足りなかったのは大学生活の汚点のせいかなと(笑)。あと2点の運を貯めれなかった行いですかね。トイレのスリッパ並べたりゴミ拾ったりしてたんですけどそれだけじゃダメでした(笑)。
野村:複雑というか、2位というのは普通に嬉しいですし、結果を残せたかなというのはあるんですけど、やっぱり優勝できないなあというところです。あと一歩なのかまだまだ弱いのか…どっちにしろ自分は弱いので、受け止めてというか、これが今年の練習の集大成なので、やってきた分の結果なんだなとは思ってます。 

ー全日本総合は控えていますがひとまず西川選手は引退となります
野村:とりあえず自分は西川さんに頼っていた部分は大きいので、来年から自分が引っ張っていけるように頑張りたいですね。この2位という結果を自慢できるようにしていきたいです。 

ー西川選手はシングルスの試合を振り返っていかがですか
西川:東日本インカレまではあんまり練習してなかったんですけど、自分的には東が終わってから誰よりも頑張った気がするんですよね。(団体戦は)出なかったですけど。本当にシングルス頑張ったんですよ。団体のためにずっとシングルスやってたんです。むちゃくちゃ頑張ったんですけど…回ってきませんでした。
野村:すみませんでした(笑)。 

ー団体戦について
西川:自分たちの代の雰囲気が出たのかなと思います。さっきも言ったんですけど、運を貯められなかったのが一番の原因かなと。誰でも勝ちたいに決まってるじゃないですか。でも流れってあるじゃないですか。どうしようもないときってあると思いますし、それで負けたらもうしょうがないと思うんですよね。トーナメントですし。優勝しないと悔いは残るので、悔いは残ってないってことはないですが。けどまあ、そんなもんじゃないですかね。来年また頑張ってくれます。
野村:自分たちがあの場面でとって西川さんが練習したっていうシングルスに回すのが、その先の結果がどうであれ、一番負けてもしょうがないなと思えるんですけど。そこまで回せるのが一番良かったんですが、そこで勝ちきれなかったというか自分も緊張していました。あんまり本領を出しきれなかった部分がありますね。そこは後悔も残ってます。でも終わってしまったので、また来年は同じことしないように気持ちのつくり方もしっかりしていこうと思います。 

ー最後のミーティングではどういったことを話されていましたか
西川:大したこと話してないです。お疲れ様でした、とは伝えましたね。 

ー1年間キャプテンを務めて
辛いこともあったけどみんなで楽しくできたし、自分たちの代らしい雰囲気で1年間できたと思うのでよかったです。最後はよかったなと思います。 

ーインカレ全体を総括して
西川:1年のときに団体2位になって、個人戦2位で終わって、よかったのか悪かったのかわからないですけど、まあ自分は高校の時強くなかったし、このくらいが妥当じゃないですかね。またこの後も実業団でやっていくので、大学で4年間経験したことを生かしてみんなに憧れられる選手になれたらいいのかなと思います。
野村:個人戦は結果を残せたということで素直に嬉しいんですけど、団体戦は来年は最低ベスト4に入って優勝目指して頑張って、自分もですが、来年4年生になる人と中心になって頑張っていきたいです。あとこれでもし別のペアと組んで結果残せなかったら本当に西川さんのおかげみたいになっちゃうので、ここで来年もしっかりベスト8とか結果を残せたら自分も今年の2位が自分の実力で取れたんだなと思えるので、また切り替えてというか、一回リフレッシュしてまた練習頑張っていきたいと思います。

山澤直貴

ー今大会を振り返って
団体と個人どちらも優勝しようと思って臨んだんですけど、団体も活躍できなくて、ダブルスも負けて、シングルスは残ったのですが、今日負けて悔しかったです。 

ーシングルスはベスト4という結果です
インカレまでは勝てていなくて悔しい思いをしていたので、シングルスを頑張っていたので、シングルスだけですけどベスト4に入ることができて自信になりますね。 

ー今日対戦した小本選手(日体大)について
東日本でもやって負けていたので、チャレンジャーとして思い切ってやっていこうと思っていたのですが、1ゲーム目の入り方で大きくリードされたのでそこが敗因ですね。 

ー海外遠征で得たものは
遠征にはたくさん行ったのですが、試合で結果を残せていなくて海外の選手のプレーを見て、自分に近いスタイルの選手のプレーやラリーの組み立て方を参考にはしていますけど、行くからにはしっかり勝ちたいです。 

ー遠征とチームの練習の両立は大変ですか
自分がインカレ前も海外遠征に行ってしまって、なかなかチームで練習できる機会はなかったです、それでも練習した時は4年生の先輩方を中心に楽しくできたので、団体戦の時はウルっときてしまいましたね。 

ー今回桐田選手とダブルスを組みましたが
桐田さんとは練習を全然していなくて。あまりしないほうが良いんじゃないかと思った部分もありますし、インカレの前日に合わせただけなんですけど、お互いに楽しくやろうという感じだったので、硬くなることなく楽しく組めたと思います。 

ーダブルスの結果について
ちょっと厳しかったです(笑)。でもまあそんなに練習をガチガチにしていなかったので仕方ないかなと思います。 

ー全日本総合の目標は
ベスト8です。去年総合で1回勝ってすごく満足したので、今年は2回勝って一つあげられるようにしたいです。 

ーそのために必要なことは
まずはフィジカルです。次はなかなか自分で考えてプレーすることが苦手なので、勝つためにしっかり考えてコートに立てたらなと思います。 

ー新人戦への意気込みを
団体だけなのですが、優勝を狙います。ダブルスが多くなると思うのですが、みんなで盛り上げて優勝できたらなと思います。

早川竣

ーシングルスを振り返って
最後だったんですけど、力は出し切れたかなと思います。相手の方が実力は上だったので、負けてもしょうがないかなと。やりきったと感じます。 

ーダブルスについては
ダブルスは練習不足っていうのもあって、思うようにプレーできませんでした。考えはできてるんですけど動けなくて。ダブルスはあんなもんです(笑)。 

ー団体戦の結果については
負けて悔しかったです。僕は出てないですけど4年生の責任でもあると思いますし、久しぶりにベスト8っていう結果を残してしまって、これから後輩達がこの悔しさを晴らすために頑張ってくれると思うので期待してます。 

ー試合後のミーティングではどういったことをお話しされたんですか
それは…秘密です(笑)。 

ー最期のインカレを終えた今のお気持ちは
4年間バドミントンをやるっていうのは僕にとっては長く感じたんですけど、今日終わったのでやっと引退したかって感じです(笑)。でもまあ悔いなく終われたので清々しくこれから残りの学生生活を楽しみます! 

ー新体制となる後輩たちにメッセージを
今の後輩たちはもうちょっと僕に似てきてもいいと思うんですよね。後輩たちはみんな僕になれるようにって感じでこれから頑張ってほしいです!…あ、これ載せないでくださいね(笑)。

荒木惇

ー個人戦で早川選手とダブルスを組んでいかがでしたか
自分は団体戦があって、早川は個人戦があったので全然練習はしていなかったのですが、楽しくやれたので良かったと思います。 

ー個人戦はダブルスのみの出場となりましたが
もちろん悔しかったのですが、自分の力を出しきれずに負けたというよりは、相手の実力が優って負けたという感じでした。悔しさはありますが、納得している部分があります。東日本が終わって、全日本まであと1ヶ月という時に監督や(西川)裕次郎から団体戦が残ってるから一緒に練習をしてほしいと言われて、正直悩んだのですがしっかり出来たかなと思います。 

ー団体戦ベスト8という結果を振り返って
裕次郎をはじめとしたフルのメンバーで出た結果だったので、素直に受け止めるしかないのかなと思いますね。 

ー副キャプテンとして迎えたインカレはどうでしたか
チームに出来ることというのは、役職あるなしに関わらず、4年生としてやっていかなくてはならないと思っていました。団体戦も自分が出るにしろ出ないにしろサポートという部分を4年生としてみんなやっていたかなと思います。 

ー名古屋に来て何か美味しいものは食べましたか
試合に影響が出そうだったので、消化の悪い物とかは控えていてまだ何も食べていないです。(ー何か食べたいものはありますか)味噌カツを食べたいです! 

ーラストインカレの総括を
出る試合は少なかったのですが、自分なりにできることを思いっきりやろうと思って臨めたインカレだったので悔いはないです。なので、思い切って気持ちよく引退します!

野田悠斗

ー今日の試合を振り返って
誰が勝つか分からない中で、自分が勝ち上がっていけなかったことが悔しいです。 

ー2回戦では原口選手(日大)と当たりましたが
東日本で負けた相手で自分の方が弱いと分かっていたので、向かっていこうという気持ちでいきました。相手の方が少し引き気味だったので自分からどんどん攻めていきました。 

ー3回戦では悔しい敗戦となりました
ああいう競った場面、マッチポイントを取ってからの20-19の時は自分が決めるチャンスだったのですが、焦ってミスをしてしまって。練習で甘い部分があったから、ああいう競った場面で勝てなかったり、チャンスでミスをしたりすると思うのでもっと自分に厳しくやっていこうと思います。 

ー桐田、山澤選手が隣のコートで戦っていましたが刺激になりましたか
桐田さんも山澤もどっちも勝っていて、自分も勝ちたいし勝たなくてはいけないと思っていました。自分に回ってきたチャンスをものにできなかったというのが悔しいです。来年もしインカレに出たらこういった場所に入れるか分からないので、今日負けたことは実際とてももったいなかったなと思いました。 

ーインカレを終えて
例えばランニング10周と言われた時に、1周でも長く走ったりとか少しでもみんなより練習をすれば、ああいう競った場面で意地とか我慢強さが出てきて勝てると思うので、頑張って練習をしていきたいです。

原口翔多

ー今大会を振り返って
最低限の目標にしていた古賀さん(=穂・早大)と対戦するところまでは持って行けたのですが、1、2回戦の勝ち方が良くなくて最後の試合でキツくなりました。体力がないなと、自分に足りないところが良くわかりました。 

ー古賀選手との対戦でしたが
自分とはスピードが違うなと。あとは自分と比べて、ミスが少ないと感じました。 

ー初めてのインカレでしたが
1回戦は緊張したのですが、2回戦以降は緊張することなくプレーできました。 

ー2回戦は接戦となりましたが勝てた要因は
体力面ですね。相手はダブルスもしていて疲れていたと思うので、自分の方が体力的に我慢できたかなと思います。 

ーこの大会の課題は
実力が上の人とやるためにプレーのスピードを上げたり、ミスが多いのでミスを減らすことですね。少しずつ減ってきてはいるのですが、ミスをしたら負けるのでこれからもっともっと減らしていきたいですね。 

ー収穫は
思った以上に戦えたことです。古賀さんの時は無理でしたが、その他はある程度戦えたことは自信になります。 

ー4年生が引退となりますが
本当に寂しいです。いつもお世話してもらっていて、頼れる先輩たちだったのでいなくなってしまうのはすごくショックです。 

ー新人戦にむけての意気込みを
ダブルスは出ないのですが、団体とシングルスで優勝を目指していきたいです。

フォトギャラリー

    • DSC 2073 R堂々の準優勝を飾った西川(左)・野村ペア
    • DSC 2077 Rルーキー山澤はインカレ初出場ながら3位に入賞
    • 0X0A5114 R決勝戦は悔しい敗戦となったが、この一戦がさらに2人を強くする(西川(左)・野村)
    • 0X0A4923 R日体大のエース相手にフルゲームの熱戦をくり広げた(山澤)
    • 0X0A3886 R序盤から強敵との対戦が続いたが、粘り強く戦った桐田
    • DSC 0118 R桐田(左)・山澤ペアはベスト16の結果を残した
    • 0X0A4060 R3回戦に惜敗した野田。さらなる躍進につなげられるか
    • 0X0A3836 R強敵に圧倒されたものの、確かな手ごたえをつかんだ原口
    • DSC 0821 R日大・小倉と好戦を演じた西川はシングルスでも躍動
    • 0X0A3782 Rラストインカレとなった早川。第2試合に敗れたものの格上を苦しめた
    • 0X0A3721 R4年生ペアとなった荒木(左)・早川ペア。悔いなく最後のインカレを終えた

 

体育各部一覧ページへ