バドミントン

【バドミントン】平成29年度関東学生新人選手権 個人戦 男子 原口が堂々シングルス準優勝!ダブルス2組も3位入賞で、5人全員表彰台の好成績を残す!

平成29年度関東学生新人選手権 個人戦
2017年10月30日(月)~11月25日(土)
千葉商科大学体育館

インカレから約1か月。冬の訪れを感じさせる千葉商科大学で新人戦の準決勝・決勝戦が行われた。シングルスは1年生の原口翔多(社1)が並みいる強敵を下し決勝進出。一歩及ばず敗れたものの、準優勝と健闘を見せた。ダブルスでは野村拓海(社2)・藤原圭祐(経1)ペア、野田悠斗(経2)・春日井一生(経2)ペアが準決勝で敗れたものの両ペアとも3位入賞の好成績を残し、出場した5人全員が表彰台と今後の活躍に期待を持たせる結果となった。

IMGP4497 R
1年生にしてシングルス準優勝を飾った原口

詳細結果

シングルス

選手名結果
原口翔多  準優勝
藤原圭祐 ベスト8
野田悠斗 ベスト16
春日井一生 2回戦敗退 
野村拓海 1回戦敗退

 

ダブルス

選手名結果
野村・藤原  第3位
野田・春日井 第3位

戦評

シングルス

ベスト4で藤原との同校対決を制し、準決勝に進出した原口翔多(社1)。
日大・山元とのこの一戦は終盤にスマッシュを立て続けに決められ、18-21で第1ゲームを落とした。第2ゲームは序盤からきっ抗した展開に。1点差でインターバルを迎えると後半も両者譲らず接戦の末にこのゲームを奪った。第3ゲームは着実にポイントを積み重ねていく。相手が4点を連取するなど粘りを見せてきたものの最後は鋭いスマッシュを決め、21-15で制して見事決勝へと駒を進めた。

 そして迎えた決勝戦だったが、第1ゲームは相手に翻弄される試合展開が続いた。原口も食らいついていったものの7連続ポイントが重く響き13-21で落としてしまう。巻き返しを図りたい第2ゲーム。第1ゲームとはうって変わり接戦を演じた。前半は有利に試合を進めていたが、19-19にまで追い上げられる。原口も果敢に攻めの姿勢を見せたがあと一歩及ばず21-23で負けを喫した。

IMGP4446 R
これまで以上の躍進につながる準優勝だ

優勝こそ逃したものの、準優勝という結果は原口にとって大きな自信になっただろう。この経験を糧にした原口のさらなる飛躍に期待したい。(渡辺詩織)

ダブルス

 ダブルスには野村拓海(社2)・藤原圭祐(経1)ペア、野田悠斗(経2)・春日井一生(経2)が出場。ベスト8まで順当に勝ち進み、ベスト4決めではそれぞれ渡辺・鈴木ペア(早大)、韮澤・大滝ペア(日大)を撃破。準決勝に駒を進めた。 

 準決勝、野村・藤原ペアはインカレ男子ダブルス優勝を果たした山下恭平を擁する、三上・山下ペア(日体大)と対峙。第1ゲーム、どこかチグハグな動きが続く法大を尻目に、日体大は確実にショットを沈め差を広げ、16-21でこのゲームを落とす。第2ゲームも流れは日体大に。藤原が左右に揺さぶり、野村も相手ペアの間にショットを打ち込むも、法大の決め球も固いレシーブを前になかなか得点へ結びつかない。このゲームもある16-21で敗れ準決勝はストレート負け。しかし実力のある緒方・谷口ペア(日大)、渡辺・鈴木ペア(早大)を下したこのペア。特に大学入学後からダブルスでの勝利から遠ざかっていたという藤原にとっては「自信になった」と確かな手応えも得られた大会となった。 

 同じくベスト4に駒を進めた野田・春日井ペアはインカレベスト8の実績を持つ小倉・三橋ペア(日大)と対戦。序盤から相手の熟練されたコンビネーションを前に防戦一方の展開を強いられ、思うように自分たちのペースに持ち込めない苦しい時間帯が続く。結果10-21と大差をつけられ、第1ゲームを落とす。しかし第2ゲームはサイズを生かした鋭いスマッシュが決まり始め、インターバルまで9-11と熱戦を演じる。また、相手の強打もロビングでしのいでチャンスを見出し食らいついていく。16-16と手に汗握る熱戦となるが、法大のミスを皮切りに日大が5連続得点を挙げ万事休す。16-21でストレートでの敗戦となったが、強敵を苦しめた。「のびのびできる」(春日井)という同級生ペアである2人。今後の躍進に期待がかかる。 

IMGP4164 R
層の薄さを懸念されたダブルス陣だが、不安を払しょくする結果と言えるはずだ

 今大会での法大勢の成績については「十分な結果」と野村。今年度の法大ダブルスレギュラー陣は引退する4年生が半数を占めていただけに、両ペアの3位入賞という結果は今後に向けての大きな自信となるだろう。また、個人戦にエントリーした5人全員が準決・決勝の行われる最終日まで残った男子。新たな挑戦のシーズンへ、彼らの視界は良好だ。(本間美来)

 

選手インタビュー

原口翔多

ー今大会を振り返って
自分が準優勝というのはちょっとできすぎたかなと思いますけど、これを自信にして今後も頑張っていきたいと思います。 

ー準優勝という結果は想定外だったということですか
やっぱり2年生とか強い相手もいたので、その中で2日目に残れたらいいかなと考えていたんですけど、でもやるからには頑張ってみたらここまでいけたのでよかったかなと思います。 

ー日大の小倉選手との対戦はいかがでしたか
遊ばれたので、次はちゃんとやってもらえるように実力つけて頑張りたいです。 

ー藤原選手との同校対決について
とにかく負けたくなかったですね。やっぱり同級生でしかも藤原はダブルスも残っていたのでこれはダブルス、シングルスともにあいつを残らせたらだめだと思ったので、同期として勝ちにいきました。 

ーやはり同級生は意識しますか
そうですね、同期の藤原と山澤は強いのでその2人には負けないように頑張っていきたいです。 

ーインカレが終わってから力を入れてきたことはありますか
今回の試合もミスが多かったんですけど、いつも少しずつミスを減らせたらいいかなと思っているので、あととにかく下手なので下手なりに入れていけたらと思っています。 

ー団体戦には出場できていませんが
自分はダブルスできないんで、シングルスのほうが強いので出る幕なく終わってしまったんですけど、正直とりあえず団体戦は出たかったですね。 

ー1年間を振り返って
今年は結構内容のある1年だったので、来年は後輩とかも入ってきて立場が変わると思うんですけど、そこで自分の実力を発揮して自分の勢いあるプレーをできたらなと思います。 

ー来季に向けて意気込みをお願いします
とにかく春リーグに出て、勝てるように頑張っていきたいと思います。

野村拓海・藤原圭祐ペア

ー今日の試合を振り返って
藤原:まだまだ相手の方がパワーもスピードもレシーブ力も全部上だったので、これからもっと強化していくところが分かったのでそれを次に生かしていきたいと思います。
野村:アップも十分にできなかったのもあったんですけど、それは相手も一緒だったので。自分の方が学年も上なので、そこでうまく藤原をカバーしきれなかったかなとは思いますね。

ー3位という結果については
藤原:
大学入ってこの大会始まる前まで、まだダブルスで1回も勝ったことなかったんですよ。まず1回勝てたことと、日大の強いペアにもちゃんと試合ができて、そのなかで勝てたので少し自信にはなったかなと思います。
野村:ダブルス1回も勝ったことがないということらしいので。そこでしっかり3位まで入れたっていうのが藤原くんに自信をつけられたのかなと僕も思います(笑)。

ー藤原選手はシングルスを振り返って
まず原口に当たる前に三橋(健也=日大)さんとやって、そこでしっかり自分の中で持ってるものを全部出して勝てたっていうのはとても自信になったんですけど、次の原口の時に体力不足とか体幹とか原口にもまだまだ負けている部分もあったし、自分の中で足りないところがしっかり分かったので、また来年に向けてシングルスもダブルスもしっかり強化していきたいなと思います。

ー野村選手はインカレ決勝でも山下選手と当たりましたが
別に意識はしていなかったですね。インカレで勝てなかったのは悔しかったんですけど、まあできれば勝ちたかったですね。負けたものはしょうがないし来年また。とりあえず総合があるので総合頑張りたいと思います!

ーお互いに組んでみた印象は
藤原:
僕よりもめちゃくちゃレシーブが固いので、安心して野村さんの方に上げられます。でも頼ってるだけじゃだめなので自分もちょっとずつでもそのレベルに近づいていけるように頑張りたいなと思います。
野村:なんだかんだ関選のときもインカレチャンピオンのペアにファイナルゲームまでいってるので。今回も緒方・谷口ペア(日大)とか強いところにも一応勝ててはいるので弱くはないと思います。あとは自信持って…頑張りましょう(笑)。

ーインカレが終わってどういった点に力を入れてきましたか
藤原:
やっぱりインカレは個人戦に出られなかったっていう悔しさもあって。来年こそはまず出ることが大事なのでそこに向けて今はちょっとした技術とかインカレの上位の人とかのプレーを見て、差があるなと思ったところをしっかり練習してます。
野村:総合があるので、インカレ終わって一回休んで、総合は西川さんと組める最後の試合なので悔いのない試合できるようにできる限りのことは一応やってきたつもりではいます。

ー藤原選手はルーキーイヤーでしたが今年はどんな1年間でしたか
インカレの個人戦に出られなかったっていうのが一番悔しかったですね。他の1年の2人は出てる中で自分だけ応援してるっていう状況はやっぱり悔しかったので、来年こそは団体戦も個人戦もしっかり出て勝てるような選手になりたいなと思います。

ー後輩も入ってくると思います
藤原:
1年目は先輩についていくことだけで精いっぱいだったんですけど、次1年生が入ってきたらしっかり周りを見て下を引っ張っていけるように頑張りたいです。

ー今大会の男子全体の結果については
野村:
団体戦で1回戦負けしたっていうのがあって、申し訳ないというか不甲斐ない結果だったので、その分個人戦は頑張れたのかなと思います。全員残れたっていうのはみんな実力があるってことだと思うので十分な結果だと思います。

ー来季に向けて
藤原:
まずはリーグにまだ1回も出たことがないので、そこはしっかりメンバーに入って一本取れる存在になれるように頑張るのと、インカレもまずは出ること第一でそのあとしっかりインカレで結果残せるように頑張りたいです。

野田悠斗・春日井一生

ー今日の試合を振り返って
野田:
相手が強いと分かっていて、自分たちから決めなくてはいけなかったのですが、自分が前に落とすことに集中しすぎて空回りしてしまいました。逆に球が甘くなって相手に攻められて、1ゲーム目はボコボコにされました。でも2ゲーム目は自分たちから攻めたことで、中盤に攻めの形ができたので良かったです。でもやっぱり、相手の方が強かったです。相手は絶対に上げてくれないし、自分たちは大事な場面で守ってばかりだったので負けてしまったのだと思います。
春日井:ネット前を制することが出来なかったです。ダブルスは上げたら負けてしまうので、でも僕らが一方的に上げさせられた展開でした。2ゲーム目は少しづつ攻められるようになっていたのですか、相手がうまかったですね。

ーお2人は今後もダブルスを組む予定はありますか
春日井:リーグ戦は野田くんがシングルスの方が強いので分からないです。
野田:春は1年生も入ってくるのでどうなるか分からないです。インカレの個人戦でもシングルダブル、どちらも結果を出していた子もいるのでダブルスのペアは本当にどうなるか分からないですね。

ー同期ペアはやりやすいですか
野田:やりやすいです。年下と組んだら自分が引っ張らないといけないし、年上だと頼ってしまうので。同期と組んだらお互いに引っ張りあえるし、どっちかダメな時は励まし合えるのでそういう部分ではやりやすいですね。
春日井:伸び伸びできますね。

ーお二人の強みは
野田:
身長じゃないですかね。(ー何センチくらいですか)2人とも180㎝くらいです。他の大学を見てもこんなに背の高いペアはいないと思いますね(笑)
春日井:逆に、身長を生かして攻め続けたらもっと強くなれるかなと思います。けど今日は攻め切れなかったですね。

ーベスト4という結果について
野田:
自分はいつもダブルスでは1回戦負けとかが多くて、2日目に勝ち残るということがあまり無くて。先の大会に繋がるわけではないですが、自分のためにはなったかなと思います。
春日井:結果がどうこうというより、大会に出ることによって良いイメージが持てたと思うので、そこは大会期間中で強くなれたかなと思います。

ー会場は寒かったと思いますが、コンディションはいかがでしたか
野田:
僕は普段からあまりアップをしないので大丈夫でした(笑)。性格的にあまり試合のことを考えずにやっているので。逆に考えすぎると緊張していつも通りにできなくなるので、身体を温める程度にやっています。

ーシングルスにも出場されていましたが
野田:
インカレが終わって4年生が抜けて、正直気が抜けていました。でも原口とかの試合を観ていてやっぱりもったいなかったなと思います。
春日井:僕はいつもシングルスをメインでやるタイプなので。優勝まで紙一重だったと思います。
野田:結果見たら分かります。2回戦負けしてます(笑)

ー来季は上級生となりますが
野田:
もう1、2先生のような先輩の姿を見て自分も頑張ろうとか先輩にやった方がいいと言われたことをやるだけだったのですが、もう言ってくれる人はいないし、自分がしっかり気持ちを持たないと練習にも身が入らずにみんなの足を引っ張るだけになってしまうので、1、2年生のお手本というかちょっと変わったなと思われるくらいにはなりたいですね。
春日井:僕はアドバイスとかうまく出来ないので、一生懸命練習して1、2年生には負けないようにしたいです。その姿を見てじゃないですけど、下級生に勝ち続けることで勝ちたいなって思ってもらえるようになりたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • IMGP4497 R1年生ながらシングルス準優勝を飾った原口
  • IMG 4363 R準決勝では熱戦を制しガッツポーズを見せる(原口)
  • IMG 4426 R準決勝は粘りを見せるも悔しいストレート負けを喫した野村(左)・藤原ペア
  • IMG 4590 R2年生同士の野田(左)・春日井ペアは高い打点のショットを生かし3位入賞を果たした
  • IMGP3911 Rダブルス3位の藤原はシングルスでもベスト8と健闘
  • IMG 4885 R「できすぎ」と振り返った準優勝。新たなチームの起爆剤の存在を予感させる(原口)
  • IMG 4645 R力強いショットを得意とする2人。この結果は「自信となった」と藤原(野村・右、藤原)
  • IMG 4649 R上級生となりチームの中心となる2年生の2人にとってこの結果は大きな収穫だ(野田・左、春日井)


 
 

 

 

体育各部一覧ページへ