バドミントン

【バドミントン】引退惜別企画 4年生座談会(男子編)~振り返る「波乱万丈」の4年間~②


2017年11月22日(水)
らーめん武蔵堂

10月のインカレをもって男子バドミントン部を引退した4年生5名の座談会を2回にわたってお届けする今企画。後編となる今回は春からの新たな進路やこれからの男子バドミントン部を背負う後輩へのメッセージ、そして5名の選手プロフィールを掲載する。前編はこちら

IMGP4370 R
らーめん武蔵堂を営む山城さんご夫婦とお店への色紙を手に一枚

 

選手インタビュー

ー4年間で一番嬉しかったことは 
西川:はい!この同期に出会えたことです。 
早川:絶対言うと思った!!
西:俺も絶対言うと思った。 
荒木:もうわかりきってるやんけ(笑)。 
西:高校まではずっとベスト8とかだったんで、団体戦の優勝はやっぱり一番嬉しかったですね。 
荒木:え、なんやろ… 
西:早川とダブルスでインカレ出たことは? 
荒木:笑えましたね、あれは。嬉しいって言うか笑えました(笑)。そもそも練習も全然してなかったんで… 
早川:あれは完全にギャグ枠だった(笑)。 
西:譲れ!! 
早川:譲りたかったよ、そういうシステムがあるなら!!(笑)
前田:自分も須賀さんを胴上げできたことですかね。兒島さん(兒島昇総監督)も胴上げできて、小沢さん(小沢和浩部長)も胴上げできてよかったです(笑)。 

ーでは4年間で一番つらかったこと、悔しかったことは
西:自分は3年のインカレダブルス個人戦で最後の先輩との試合をサーブミスで終わらせたことです。悔いは残ってますね。(ペアを組んでいた)日光(凌=平28年度卒)さんは「勝負に出てミスったら仕方ない」って言ってくれたんですけどね。それと1年の団体戦で自分たちが負けて4年生の最後の団体戦負けちゃったことですね。それは結構心に残ってます。
前田:まあ練習とか1年生のときは辛かったですね。一番下だったんで。
西川:自分は1年のインカレ前に早川の声が小さいせいで3時間ずっと走らされたことです。ほんとに辛かったです。体育館を一生往復させられていつ終わるんだって思いつつ。
荒木:休憩なし、水分補給なしの3時間です。
西川:いつ終わるんだっていうのをずっと考えながら時計見ながら「あと3分、あと3分」ってずっと…それが辛かったですかね。
荒木:苦しかったことで一番最初に浮かぶのは1年の最初の方ですかね。練習もきつかったですし、そもそもあんまり知り合いもいなかったですし、ゲーム練でも勝てないのも嫌でしたし。そういうのは苦しかったですね。悔しかったのは….最後東日本(インカレ)の個人戦のシングルスで負けたときは「これで終わりか」っていうのはありましたね。
早川:悔しかったことはもういっぱいありますよ。まず1年の東日本で激戦で負けたやつ。2年の東も激戦で負け、3年でやっとインカレ出て激戦で負け。それで須賀さんに「お前はいつも通りだなあ」って言われて。
西:あんまりウケてない…(笑)
早川:(笑)。あとあれですね、1年のときやっぱり周りが強かったんで、僕はもう全然歯が立たなかったんですよね。きつい練習もしてたんでまあ辛かったです。 

ー同期との思い出は
西:1年生の寮の時の話なんですけど、自分が裕次郎と横に並んで座ってて、こいつ(早川)と先輩が風呂に入ってたんですけど、早川が風呂で裕次郎の真似とか文句を超大声で言うんですよ。そしてそれがしっかり聞こえるんですよ。俺は1人で裕次郎のとなりで聞いててめちゃくちゃ気まずい中、飲み物とってくるふりして「お前ら全部聞こえてるぞ」って言いました(笑)。裕次郎は「〜しろや!」っていうのが口ぐせでそれの真似してたんです(笑)。
早川:それはなんか…思い出っていうより苦しかったことじゃないの。
西:お前は苦しくねえだろ(笑)。俺だわ苦しいの。
西川:僕は毎日が思い出ですけどね。
荒木:なんかなあ、そういうのじゃないわ(笑)。
西:あと1年生の時は合宿中に荒木と夜中3時くらいまで洗濯機回してました。洗濯機が壊れてて4個中1個しか使えないのに、みんなの分洗濯しなきゃいけなくて、夜中3時まで洗濯機の前で…
荒木:電気もつけちゃいけなかったので、非常口の明かりのところで2人で座って2.3時まで(笑)。
早川:事故やなあれは。
荒木:でもまあ5人揃うことはなかなかないですね。基本5人で行動することはまずないし…
前田:1年生のときくらいだよね。
荒木:なんなら今卒業旅行の話をしようとしても、だいたいここ(西川・早川)が予定を合わせないので。
前田:キャンプファイヤーね。
西:いやスキーやろ。
早川:(候補に)スキーもあったし、キャンプファイヤーもあった。
前田:でも2人してガン無視(笑)。
早川:いや、冷静にキャンプファイヤーは寒いじゃん。スキーは別に俺は(地元に)帰ったらいつでもできるじゃん。
西:いやそれお前だけや(笑)。
前田:しかも俺もまあまあできるけども(笑)。この2人(西・荒木)は九州やけん、できんやん全然(笑)。
早川:だいたい自分のことしか考えてないからね。却下!
荒木:それこそ個性が強すぎて合わないんですよ。
早川:さっきキャプテンだから上とかいう話あったじゃないですか。これも裕次郎が真っ先にスキー行こうって言い出したんですよ。けど「俺じゃ言っても誰も聞かないから荒木言って」って(笑)。
一同:(爆笑)
西川:違う違う違う!!2人で!!話し合ってて!!!
荒木:いや、まあ俺が言ったけど(笑)。
西川:結局荒木が言っても却下するんですよ。誰が言っても一緒!
早川:卒業旅行どうする?みたいになった時に「ちょっと、荒木言ってくれよ」ってな(笑)。
西:かわいいなあ、裕次郎(笑)。
西川:何言っても却下するんですこいつら。
早川:いやそれはよくない案だったんでしょ。
西川:じゃあ何がいい案なの。
早川:マレーシア。
西:ハワイ!ハワイ!
早川:あと富士急。いいでしょ?
前田:いいねえ。…あ、富士急だめだ。こいつ(西川)絶叫乗れないから。1回すごいジェットコースターに乗らせたらダメになっちゃって…
西川:なしや!(笑)
一同:ほらほらほらほら〜!
早川:今みんな意気投合したじゃないですか、こっちの4人。で、こいつがダメと。
西川:いや行くって言っても行かないですからねこいつらどーせ。行く!わけ!ない!!
西:行くよ?
前田:行くよ??
早川:お前4年間でようやくわかってきたか俺らのこと(笑)。
荒木:…こんな感じです(笑)。 

IMGP4322 R

ー武蔵堂での思い出は
西川:2人とも温かいですね。こっちの親みたいな感じです。頼むのはいつもカレーつけ麺です(笑)。週2か週3で来てましたね。
前田:自分のオススメはつけ麺特盛の細麺です。自分野菜が食べられないんですよ。それも気を遣ってくれて、おっちゃんおばちゃんが海苔とか麩を出してくれて。1年生の時から温かく接してくれて…こっちの家族みたいな感じですね。 

ーライバルはいますか
西川:早川竣です。
早川:最後俺に負けて悔しがってたからね(笑)。
西川:そのあと勝ったよ。
西:西川裕次郎です。何事においても負けたくないです。バドミントンだけじゃなくて色々…(笑)。
前田:高校の時のパートナー(=谷口友章・日大)ですかね。
西:友ちゃんな。
荒木:西川はこう言ってますけど、俺はガチで早川に負けたくないです。一番負けたくないって言ったらこいつです。
西川:ここ(荒木・早川)は多分お互いがライバルです。いつも練習も一緒だし。 

ー荒木さんと早川さんは特に仲が良い印象を受けますが
荒木:仲良いと思ってるのは早川だけです。
西川:仲良いですよ。ずっとラインしてますもん。
西:たしかに〜。最近いつラインした?
荒木:昨日。
一同:(笑)
西川:むしろ途切れることがない。1週間に1回は絶対ラインしてる!
早川:それは盛ったよ。3日に1回だわ(笑)。
前田:前から思ってたけどどっちからライン始めるん?
早川:それは両方。
荒木:うん。
西:同意の上かよ(笑)。
早川:昨日は確か…荒木が「リトグリのライブ2月にあるらしいよ」って(笑)。
荒木:11月入って(早川と)ラインしてない日5日しかない。
西:彼女かお前(笑)。
早川:荒木がいつもラインしてくるんですよ。
荒木:うそつけ!
西:いいやん、ラインやろ。俺裕次郎から電話かかってくるけん。
前田:俺も電話かかってくる。
荒木:裕次郎はすぐ電話してくる。
西:そう。「今何してんの〜」って。
荒木:あれやね、みんなの声が聞きたいんやな(笑)。
早川:あれ、俺電話かかってこない…。
一同:(笑)
荒木:別にショックでもねえだろ。
早川:むしろかかってきても出ない(笑)。
西川:早川は誘ってもこないんです。ラインはめんどくさいんですよね(笑)。 

IMGP4343 R

ー寮と一人暮らしの両方を経験して
西:寮だと洗濯機一個トイレ一個お風呂一個みたいな感じだったんで…
早川:寮は寮で楽しかったけどね。
(ーどちらがよかったですか)
西・早川:一人暮らしです。
前田:自分は寮です。楽しいから(笑)。ハッシュドポテト事件とか… 一同:(笑)
(ーハッシュドポテト事件というのは)
前田:早川が近くのスーパーでハッシュドポテト買って冷凍庫に入れてたんですけど、勝手にこいつ(西川)が食おうとしたんですよ。
早川:僕は朝2個ずつ食べてたんですよ。で、偶数だったんで2個ずつ食べたらしっかりなくなるはずじゃないですか。なのに「あれ、一個ない」みたいな(笑)。しかも台所焦げ臭いと思ったらこいつ焦がしてました。
一同:(笑)
早川:勝手に食べようとした挙句調理してたの忘れるっていう。
前田:で、捨てるっていう(笑)。
早川:もうガチギレですガチギレ。
西:くだらねえほんとに(笑)。
前田:でもあれはおもしろかった(笑)。 

ー期待する後輩とその理由をお願いします
西:2人いて、野田と小森園です。野田は高校の後輩なので頑張ってほしいのと、ゾノ(小森園)は1年間組んでやってたので頑張ってほしいです。 
前田:みんなに期待してます。いい結果を聞けることを楽しみにしてます!
早川:各学年に1人ずついるんですけど…小森園、野田、原口です。やっぱり次世代のギャグ要員として(笑)。 
荒木:一番結果を残してほしいのは桐田かなって。キャプテンですしあれだけやれるのでしっかり頑張って今年こそは満足いく結果を出してくれたらなと思います。個人的に好きなのは野村と藤原です。2人ともすごくかわいいので(笑)。
早川:あ、もしかしてお前そっち系?かわいいってそういうこと?(笑) 
西川:期待してるのは…桐田はインカレいつも総合決めとかで負けちゃってるんですけど、実際勝てる選手だと思うので、来年は優勝も狙えると思うのでしっかり優勝してもらいたいです。あと春日井は自分たちが思ってることと違う路線にいつも走っていくので(笑)、上級生になったら今後自分が色々やらないといけない立場になると思うので、どう先輩の姿勢を見せられるかですよね。あいつが変われば何かあるかはわからないですけど、新人戦も結果は残してるので、できる選手だと思うのでしっかり頑張ってほしいですね。 

ー後輩へのメッセージを
西:悔いなくやってほしいですね。後悔はしてほしくないです。
前田:4年生は就活とかで大変な思いもすると思うんですけどそこは気持ちを強く持ってもらえれば。他は悔いを残さず、いい結果を残して頑張ってほしいなあと思います。
早川:バドミントンだけは頑張ってほしいですね。それ以外は何しても自由です(笑)。
荒木:後悔はしないようにやってほしいですね、はい。
西川:後悔は絶対残ると思うんですけど、1日1日をむだにしないように。絶対何かしらで後悔は出るんですよ、毎日。そこを少しでも少なくしていけばまた優勝を目指せるチームになると思うので、むだな練習や時間を過ごさないようにしてほしいです。 

ー4年間共に戦ってきた同期へ
荒木:おつかれさまでした!!!
一同:(笑)
西:間違いない(笑)。いつかまた飲みに行きましょう!
早川:いやちょっとキツイな。
西:うそつけ一番行きたいやろお前(笑)。
前田:バラバラになっちゃうので、また何年後か集まって飲みに行きたいなと思います。
荒木:寂しいのか…(笑)。
西:あ、裕次郎にはちゃんと上行ってもらわないとね。
前田:オリンピック出てもらって応援しにいこって話をしてるんですよ。
西:お前の権限で俺は東京オリンピックをただで見に行く。
荒木:チケットと航空券は準備してもらいます。
西川:僕はこの5人でできてよかったです。
西:へー。
早川:ふーん。
前田:初めて聞いた。
西川:出会えてよかったなあと。それが全部です。
早川:まあよくこの我の強い軍団で4年間やりきりました!お疲れさまでした!! 

ー進路について
西:4年生です!
一同:(笑)
前田:自分は商社に行くので来年からは営業マンとして頑張っていきます。バドミントンは趣味でやるくらいですかね。
早川:僕はこのキャラで言っていいのかわからないんですけど…高校の教員になります(笑)。バドミントンはふつうにクラブチームに入ってやりますけど、もうそんなにやらないですね。いずれは教える方にまわります!
荒木:僕は九州の鉄道です。最初の2年くらいは車掌さんをやって(笑)。
西川:強いチームに入れるので上を目指して頑張りたいと思います! 

ーみなさんにとってバドミントンとは
前田:なんかあれみたい、プロフェッショナル…
西:アナザースカイ!(笑)
西川:普通に生きててもそうなんですけど、バドミントンで出会えた人って自分の中で大切なので、そういう人との出会いの場だと思います。
西:生活の一部でした。
前田:授業で習ったやん兒島さんの。「様々なストロークを攻撃的にかつ継続的に打つことによって対戦相手がミスをするのを仕向ける競技」。
一同:(笑)
早川:あったわあ(笑)。
荒木:そういうことじゃないやろ(笑)。…楽しい時も苦しい時も一緒にあったので。やってた時間はあっという間でしたね。
前田:自分はちょっと人見知りなんですけど、バドミントンを通じてなら友達もできたんですよね。
西:陰キャかお前は!(笑)
前田:おかげで全国に友達がいるので、友達をつくってくれるいいものですね。
西:きた、早川大トリ。
早川:生活ですかね。今までずっとやってきたので。まあバドミントンを通して監督とか様々な人に出会えたので、そういうところは大事かなと思いましたね。あとは結局バドミントンは「個」っていうのが大事だと思うんで!
前田:俺は笑わんぞ。
西:俺も笑わん。
西川:俺も。
荒木:もう厳しいさすがに。
早川:そういうところも含めていいものだなと思います!最後、(涙)ってつけてください。 

ー最後に
早川:最後締まってないからさ、俺ららしくいこう。ジャンケンで締めるやつ決めよう。男気じゃんけんジャンケンぽい!
(西勝利)
一同:(笑)
西:今日という貴重な時間をつくっていただきありがとうございます。
前田:これから乾杯始まんの?
西:今日はこれで終わりということなんですが、これからも長いおつきあいをしていきましょう。じゃあ、乾杯!おつかれ!!
荒木:くだらん!!(笑)

選手プロフィール

西川裕次郎(にしかわ ゆうじろう)

社会学部4年・比叡山高校出身

DSC 1075 R左腕からくり出される強烈なスマッシュと独特なリズムのネットプレーを駆使し、単複でチームをけん引。熱く面倒見の良い兄貴分で、キャプテンとして、また1人のプレーヤーとしてチームを引っ張った大黒柱だ。

 荒木惇(あらき まこと)

国際文化学部4年・山門高校出身

DSC 0362 R堅く崩れないプレーが持ち味で、安定したゲームメイクには絶大な信頼を寄せられる。穏やかで気さくな人柄に後輩のみならず同期からの人望も厚い。

西智寛(にし ともひろ)

経済学部4年・八代東高校出身

DSC 0061 R
チャンスを逃さず強打を打ち込み、守備では素早くカバーに回る、経験に裏打ちされた広い視野を持つダブルスプレーヤー。明るくくだけた人柄だが、責任感の強さは人一倍だ。

早川竣(はやかわ しゅん)

スポーツ健康学部4年・大町北高校出身

0X0A3782 R
俊敏性と軽いフットワークから生まれる鋭いショットを武器に、インカレ個人戦では単複両方の出場を果たした。落ち着いた見た目とは裏腹にユーモアに溢れている。

前田賢史朗(まえだ けんしろう)

経済学部4年・高岡第一高校出身

IMGP2855 R
4年次はなかなか出場機会には恵まれなかったものの、ベンチでは常に声を出し仲間の士気を高めた。朗らかで温厚な、チームになくてはならないムードメーカーだ。

体育各部一覧ページへ