バドミントン

【バドミントン】関東大学バドミントン秋季リーグ戦 第3戦 女子が絶対王者筑波大に執念の勝利!前半戦を終え、単独首位に浮上!!男子も今季初白星!

関東大学バドミントン秋季リーグ戦
2018年9月17日(月)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

女子は、インカレ4連覇中の絶対王者筑波大と対峙。これまで何度も敗北を喫しており、厳しい戦いが予想されたが、主将の勝俣莉里香(営4)を中心に執念のプレーで勝利をもぎ取る。男子も中央大に3-2で勝利し、今季初白星を奪取した。

IMG 7587 R
勝敗が決まるプレッシャーがかかる場面でも持ち味を発揮し、チームに勝利をもたらした東

試合結果

総合試合結果(男子)

法政大学

3

-

中央大学

2


詳細結果(男子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス 〇嶺岸洸2-0古屋樹(21-12、21-12)
第2シングルス 〇山澤直貴2-1佐藤雄輝(19-21、21-18、22-20) 
第1ダブルス  ●桐田和樹・嶺岸0-2中田政秀・柴田陽登(17-21、15-21) 
 第2ダブルス 藤原圭祐・山澤2-1西方優馬・田崎真吾(18-21、21-11、21-14) 
 第3シングルス  日光駿0-2中川正麻(14-21、14-21)

総合試合結果(女子)

法政大学

3

-

筑波大学

2

詳細結果(女子)

試合試合詳細(後者が対戦相手)
第1シングルス 勝俣莉里香2-1安田美空(22-20、13-21、21-16) 
第2シングルス  ●岡部天0-2香山未帆(9-21、15-21) 
第1ダブルス  勝俣・工藤ひな子2-1山中芹里・大関令奈(19-21、21-8、21-9)
第2ダブルス  ●鈴木優香・今野聡子0-2安田・香山(13-21、13-21) 
 第3シングルス  東久留望2-0山中(21-14、21-15)

 

戦評

女子

 女子の対戦相手は、開幕から法大とともに無敗を誇る筑波大。全日本選手権(インカレ)4連覇中の絶対的王者であり、法大にとっても数々の大会で辛酸をなめさせられた最大の宿敵だ。

 山場となったエース勝俣莉里香(営4)の第1シングルス。筑波大が誇る強敵シングルス2本のうち、どちらか1本を取らなければ、勝率はぐんと下がってくるため、ここは何とか白星を奪取したい。迎えた第1ゲームは、勝俣が序盤から積極的に攻撃を仕掛けていく。点を重ねるもミスも目立ち、先にゲームポイントを奪われてしまう。だが、ここから勝俣が臆することなくラインを狙っていき22-20で逆転。勢いのまま第2ゲームも取りたいところだったが、インターバルを取られると相手も息を吹き返し、13-21で取り返された。運命の第3ゲーム。序盤は、激しい打ち合いとなりスピード感あふれるラリー戦を展開するも、後半になると相手がミスを連発。わずかに傾いた流れを自らに引き寄せ、21-16で第3シングルスを奪取。エースとして、主将として勝利への突破口となる1勝をつかみ取った。IMG 7350 R勝俣莉里香選手

 第2シングルスに出場した岡部天(国2)は、東日本選手権(東日本)個人戦王者の香山未帆と対戦。今季好調の岡部も、さすがの香山のプレーに手足が出せない。第1ゲームは相手に思うようにスマッシュやドロップを打ち込まれ、9-21で落とした。第2ゲームでも香山がコート全体を使って揺さぶりをかけてくるが、岡部も必死に食らいついていく。後半から岡部の動きも軽くなり14-14の同点に持ち込むも、ラリー戦になるとわずかに相手のショットが上回り、ストレートで敗戦した。

 第1ダブルスに出場したのは、勝俣・工藤ひな子(人4)ペア。続く第2ダブルスに筑波大のエースダブルスが控えているため、絶対に落としたくない1本だ。第1ゲームから、攻撃的なラリーを続け、プッシュやカットで攻めていくも、インターバルを挟むと徐々に展開は相手本意に。19-21で第1ゲームを奪われたものの、2ゲーム目以降でしっかりと切り替える。「絶対に取ろうと思った」という工藤の言葉通り、気迫のこもったプレーで大量得点を奪うと、流れを自分たちの方にたぐり寄せ、大きく得点差をつけて快勝した。IMG 7517 R工藤ひな子(右)・勝俣ペア

 第2ダブルスの相手は東日本優勝ダブルスとなり、厳しい戦いとなった。今野聡子(人2)が強打のスマッシュで攻撃を仕掛け、昨日リーグ戦初出場となった鈴木優香(国3)もフェイントなどをかけていくが、中々決めることができない。相手実力者に力の差を見せつけられる形で、第1、2ゲームとも落とした。

 勝敗を託された第3シングルス。この重圧のかかる場面で、東久留望(法3)が起用された。第1ゲームはシーソゲームを繰り広げ、1点を争う接戦に。手に汗握る展開となるものの、東が持ち前の粘り強さを見せ我慢強くラリーを続けると、徐々に相手のミスが誘われていく。第1ゲームを21-14で先取し、勝利まであと1ゲーム。応援席の選手たちも固唾を呑んで見守る中、迎えた第2ゲームは意地と意地のぶつかり合いに。両者譲らずラリー戦を展開したが、第1ゲーム同様に、シャトルに粘り強く食らいついた東が相手を振り切り、21-15で第3シングルスを制した。IMG 7747 R東久留望選手

 東がマッチポイントを取った瞬間、祈るように見つめていた選手たちは声をあげて立ち上がり、喜びをあらわにした。昨年のインカレ、東日本、昨季リーグ戦など、これまで幾度となく立ちはだかってきた筑波大の壁。この大きな壁を乗り越えたことは、彼女たちの確かな自信となるに違いない。開幕から3連勝し、単独首位に躍り出た法大女子。中4日を挟んで迎える残り2戦の結末は、最高の笑顔であってほしい。(大平佳奈)IMG 7808 R試合直後、笑顔を向ける選手のみなさん

男子

 リーグ戦も半ばを迎え、ここまで2敗の男子。開幕から続く悪い流れを、上手く断ち切ることができるのか注目の試合となったが、昨季リーグ戦で4-1で勝利した中央大相手に、今季も勝ち星を重ねることに成功した。

 第1シングルスに登場したのはルーキー嶺岸洸(社1)。開始直後は自身のミスや相手の攻撃により、点差を広げることができずに苦戦するも、カウントが9-9になってからは一気に9ポイントを奪取。強烈なスマッシュやヘアピンショットを用いた緩急自在の攻撃に相手はなす術なく、このゲームを奪った。続く第2ゲームも同様の流れとなる。序盤は点を取り合うシーソーゲームを展開するも、中盤からは嶺岸の攻撃が覚醒。相手のミスも増え点差は一気に開き、21-12でゲームを取り試合終了となった。DSC 6837 R嶺岸洸選手

 勢いに乗った法大は第2シングルスに山澤直貴(経2)を投入。序盤は攻撃権を奪うことがなかなかできず、強烈なスマッシュをリターンするも攻めきられてしまう展開が目立つ。また、ネット際でのミスを重ね、第1ゲームを19-21で落としてしまう。続く第2ゲームではスマッシュやドロップショットで果敢に攻める。特にスマッシュは、相手の応援選手が「これはエグい」と話すくらいにキレのあるショットを披露。後半は点差を詰められるも、21-18で逃げ切ることに成功した。勝敗を決する運命の第3ゲーム。両者一歩も譲らない展開が続くが、カウントはついに17-20に。相手にあと1点を決められれば敗戦となってしまうだけに、応援席にはどことなく諦めた空気が漂った。しかし山澤はそこから驚異の集中力を見せる。1点ずつ丁寧に追い上げると、デュースを制することに成功。手に汗握る接戦を制し、関東学生王者の意地を見せつけた。DSC 6947 R山澤直貴選手

 次も取れば中央大に勝利となる法大。第1ダブルスには今季あまり調子の上がらない、嶺岸・桐田和樹(経4)ペアが登場した。試合は出だしから、ドライブやスマッシュを多用するスピードのある展開に。両者積極的に攻撃を仕掛けるが、中央大の攻撃が次々と決まるのに対して、法大はなかなか攻めきれることができない。第1ゲームを17-21で落とすと、流れは徐々に中央大のものに。第2ゲーム中盤に入ると中央大の選手がさらに快調を見せ、スマッシュやプッシュで点を積み上げられる。そのまま流れを取り返すことができずに、15-21で悔しい敗戦となった。

 第2ダブルスは山澤・藤原圭祐(経2)が登場した。この日第2シングルスで流れをつかんだ山澤はダブルスでも相手の強烈なスマッシュを見事にレシーブするが、パートナーのラケットと何度かぶつかるなどコンビネーションの乱れが影響し、第1ゲームを18-21で落とす。続く第2ゲームでは、藤原の強烈なスマッシュが決まり21−11で快勝。第3ゲームでは勢いそのままに21-14で勝利した。

 法大の勝利が確定した中で迎えた第3シングルス。メンバーチェンジで登場したのは、リーグ戦初出場となった日光駿(経1)。しかし、第1ゲーム序盤から相手のペースに飲み込まれ、些細なミスを繰り返し14-21とこのゲームを落とす。続く第2ゲームでも、相手の勢いから脱することはできず、14-21でデビュー戦はほろ苦いストレート敗戦となった。

 初日の日体大戦、2日目の早大戦に敗退し、開幕から連敗を重ねるという悪い流れの中で迎えた3日目の中央大戦。3-2で快勝とはいかないものの、そんな雰囲気を感じさせることなく、下級生シングルス陣の活躍にチーム全体が流れを取り戻した。この結果が今週末に行われる筑波大戦、日大戦への大きな弾みとなるだろう。まだまだ法大バドミントン部の本領は発揮されたばかりだ。(村井美咲・大政欣也)

監督・選手インタビュー

宮康二監督

ーこれまで苦戦を強いられてきた筑波大に勝利しまし
今回の3日間はキャプテンの勝俣が非常によく頑張って、大事なポイントを取っていることで、その後続いている2、3年生も大事なところを取れているので、チーム全体としての流れが良くなっていますね。

ー勝俣選手の第1シングルスについて
この前の東日本の個人戦では(安田選手に)やられてはいるのですが、勝俣は今季初戦の日体大戦でもずっと勝てていなかった池内(萌絵)選手に勝ったことによって、彼女自身が乗っているのだと思います。試合の途中から「このままいけば、いけるんじゃないかな」という試合運びをしていて、相手もしぶといので油断はできなかったのですが、よく頑張ったと思います。

ー今日は理想的な試合展開だったのでしょうか
筑波の安田さん香山さんが強いので、あの2人のどっちかを倒さないと今日みたいな試合にはならなかったと思うので、そういう意味では勝俣が頑張ったことで思い通りの展開にはなりました。

ー第2、第3シングルスを入れ替えた理由は
岡部と東どちらが良いということではなくて、東が東日本の個人戦で香山さんと当たっていて、中盤くらいでやられていて印象があまり良くないので、だったら逆にして岡部を当たらせてみようと思いました。

ー東選手は重圧のかかる場面で勝利しましたが
彼女はスタミナがあるので変なミスをしなかったり、球だけ拾えればああいう展開になって体力的には勝てると思っていたので、良かったと思います。

ー筑波大に大敗した先日の東日本から、何か修正した点など
特に変えたことはないですが、みんなに言ったのは、やられたので気持ちを入れ直してやらないと、特に3年生以下は来年からはもうないよ、しっかりやらないとだめだよという話をしました。

ー残り2戦に向けて
ここで気を緩めることなく、まだ優勝したわけではないので、1週間しっかり準備をして土曜日から戦いたいと思います。

勝俣莉里香・工藤ひな子ペア

ー筑波大に勝利しましたが
工藤:めちゃめちゃうれしいです!
勝俣:本当にうれしいです!今日1日は、はっちゃけます(笑)。

ー勝俣選手は第1シングルスを振り返って
勝俣:安田選手との直近の試合は負けているのですが、何か「いけるかもしれないな」というのが今季の2戦であったので、落ち着いてできたのかなと思います。筑波に関しては、シングルどっちか勝たないと勝てないので、それができてよかったです。その後の第2シングルスも負けたけどよかったですし、みんながいい流れの中で第3シングルスにいけたのでよかったと思います。

ー第1ダブルスは絶対に落とせない1本だったと思うのですが、プレッシャーは
工藤:相手が2番手ダブルスというのもあって、勝って当たり前と多分周りも思っていたと思います。でも、昨日一昨日の2戦とも1ゲーム目を絶対に取られていて、今日は絶対取ろうと思ったのですがやっぱりだめで。でも2、3ゲームで「絶対に取る」と思って攻めていったら、どんどん良くなったのでそこは良かったと思います。

ーこれまで苦戦してきた筑波大に勝てた要因は
勝俣:本当にすごく雰囲気がいいです。毎回すごいポジティブで、負けてしまってもそのこと自体は仕方がないので「大丈夫、大丈夫」と言って。
工藤:いい意味ですごくポジティブだと思います。

ーまだ油断はできないですが、優勝の可能性も見えてきたと思います
勝俣:本当に油断できないですが、油断しそうになるので今はまだ浮ついているのですが…
工藤:1回喝を入れてね。
勝俣:来週の土日にはまた気を引き締めていきたいです。本当にこんなチャンスきたの初めてなので。
工藤:確かに!まだ優勝したことなくて…
勝俣:(このチャンスを)つかまないわけにはいかないです。
工藤:絶対勝ちたいです!

ーお2人にとっては最後のリーグ戦となりますが、意気込みを
勝俣:インカレ優勝が最終目標ではあるのですが、まずは優勝してこれを、絶対。インカレはどこと当たるかまだ分からないですが、今日勝ったことでみんな自信もついたし、私もこれまでシングルスは本当に自信がなかったのですが、自信がついてきたのでこの勢いのまま頑張ります。優勝します!
工藤:正直今まで団体で結果が中々出ていなかったのですが、今日の勝ちが自信に繋がると思うので、まずは残りの2戦をしっかり戦ってインカレに向けて勢いをつけていけたらいいと思います!

東久留望

ー勝敗が懸かる第3シングルスが始まる前のお気持ちは
第3シングルス自体が初めてだったので、とても緊張しましたが、(試合のカウントが)2ー2だというのを気にしないようにしていました。

ー試合に入る前に監督から言われたことは
焦らずに、自分のプレーをすればいいよと言われました。

ー今日の対戦相手について
昨日と同じラリー型だったのですが、昨日と違い、今日は自分と相性の良いラリー型だったと思います。昨日の選手は球が速くてやり難かったのですが、今日はコートを大きく使い、打ち合うことができたのでそこが良かったです。

ー何度も泣かされた筑波大に勝利しました
すごくうれしいです!(笑)

ー先日の東日本では筑波大に敗退しましたが、何か変えた部分は
特に無いです。でも、東日本で負けたからこそ勝とうという気持ちが強くなって、今回の結果に繋がったのだと思います。

ー今回筑波大に勝利したことで優勝も見えてきました
そうですね。でも気を抜いてしまったら負けてしまうと思うので、しっかりやって、今回の勝利を無駄にしないようにしたいです。

山澤直貴

ー今日の試合を振り返って
シングルは負けゲームだったんですけど、粘り強くやって勝てて良かったです。ダブルスも徐々に良くなってきているのでもっと勝利を重ねて自信を持てるように頑張りたいです。

―シングルスは非常に競る試合でしたがなにが勝因だったのでしょうか
相手が自分と同じ高校の同期でプレースタイルをお互い把握していたのでやりにくい部分はあったんですが、とにかく気持ちで押し切りました。

ー第2ダブルスの前に何か監督から指示はあったのでしょうか
特になくて、自分と藤原でプランがあったのでそれを繰り返し確認していました。

ーどのようなプランが
自分たちが簡単にミスしてしまう事がこの2日間よくあったのでそれをなくす事と、あとは思い切ってやろうと話し合いました。

ー男子は今季初勝利となりましたが
自分自身でも1年ぶりの勝利だったのですごくうれしかったですし、それでチームも勝てたのはもっと嬉しかったです。

ー苦戦していた団体戦のシングルスで白星を挙げました
個人戦だけで言ったら関東選手権でも優勝していますし、東でも8位に入っていますけど、団体戦では勝てていなくてそれを払拭するために今日は臨みました。それを果たせたので、今後も続けていけば団体でシングルに出られる機会を増やせると思うので、気持ちで勝ちにいきたいと思います。

―次回に向けて
後半戦、あと2戦出られるかわかんないんですけど、間の練習でもっとキャプテンや監督、コーチにアピールして役目を果たせられるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 7458 R必死に食らいつくも、格上相手に苦戦を強いられた岡部
  • IMG 7534 Rエースダブルスの貫録を見せつけ、2ゲーム以降に大差をつけて快勝(工藤(左)・勝俣)
  • IMG 7549 R攻撃的なアタック力が魅力の今野(左)・鈴木ペア
  • IMG 7768 R勝利が決まった瞬間、立ち上がって歓喜する選手たち
  • DSC 7006 R団体戦のシングルスで久しぶりに勝利した山澤
  • DSC 7113 R昨日に引き続く敗北を喫した桐田(左)・嶺岸ペア
  • DSC 7324 R後衛からスマッシュを打ち込む藤原(右)と山澤
  • DSC 7436 R白星は挙げられなかったが、リーグ戦初出場となった日光
 
 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

スポーツ法政 最新号

 1men

定期購読の申込み