バドミントン

【バドミントン】平成31年度関東学生選手権 男子 野田復活!昨年の悔しさを晴らし、シングルス優勝を飾る!

関東学生バドミントン選手権
2019年6月1日(土)~6月23日(日)
千葉大学ほか

男子ダブルスは2ペアがベスト8に終わり、嶺岸洸(社2)・上田竜也(社2)ペアが準優勝に輝いた。シングルスは野田悠斗(経4)、藤原圭祐(経3)、嶺岸の3選手が準決勝へ進出。藤原は日大の三橋健也に惜しくも破れ決勝戦進出とはならなかったが、野田が嶺岸との同校対決の末決勝戦進出を決め、決勝戦での激戦を制し見事関東学生王者に輝いた。

 

DSC 0619 R
優勝が決まり笑顔を見せる野田            

 

 
 
 
 
 
 
 
 

試合結果

シングルス

選手名結果スコア
野田悠斗(経4) 優勝 2回戦:○2ー0岡本(日体大) 3回戦:○2ー0緒方(日大) 4回戦:○2ー0辻(中大) 5回戦:○2ー0霜上(日体大) 準々決勝:○2ー1山田(日体大) 準決勝:○2ー1嶺岸(法大) 決勝:○2ー1三橋(日大) 
藤原圭祐(経3) ベスト4 2回戦:○2ー0三輪(日大) 3回戦:○2ー0河野(日体大) 4回戦:○2ー0伏見(青学大) 5回戦:○2ー1小川(法大) 準々決勝:○0ー×佐藤(中大) 準決勝:●1ー2三橋(日大) 
 嶺岸洸(社2)  ベスト4 2回戦:○2ー0赤池(東経大) 3回戦:○2ー0福嶋(日大) 4回戦:○2ー0斎藤(帝京大) 5回戦:○2ー1後藤(日大)準々決勝:○2ー0原口(法大)準決勝:●1ー2野田(法大) 
 山澤直貴(経3)  ベスト8 2回戦:○2ー1鈴木(中大) 3回戦:○2ー0和田(日体大) 4回戦:○2ー1光島(日大) 5回戦:○2ー0紺野(日大) 準々決勝:●1ー2三橋(日大) 
 原口翔多(社3)
ベスト8 2回戦:○0ー×三田(東情大) 3回戦:○2ー1福田(帝京大) 4回戦:○2ー0中川(中大) 5回戦:○2ー0石井(日大) 準々決勝:●0ー2嶺岸(法大) 
 日光駿(経2) ベスト16 2回戦:○2ー0土平(筑波大)3回戦:○2ー0藤川(日大) 4回戦:○2ー1村本(日体大)5回戦:●0ー2三橋(日大)
小川翔悟(経1) ベスト16

1回戦:○2ー0佐野(神大) 2回戦:○2ー0山元(日大) 3回戦:○2ー0農口(明大) 4回戦:○2ー0柴田(中大)5回戦:●1ー2藤原(法大)

 吉田昇永(経2) ベスト32 1回戦:○2ー0芝野(日大) 2回戦:○2ー0山内(千葉商大) 3回戦:○2ー0久場(日体大) 4回戦:●0ー2池田(明大)
 佐野大輔 
3回戦敗退 1回戦:○2ー0本間(中大) 2回戦:○2ー0川上(東経大)3回戦:●0-2鈴木(日大)
一井亮太 3回戦敗退 1回戦:○0ー× 2回戦:○2ー1森(東情大)3回戦:●0-2大滝(日大)
金子優太(スポ健2) 2回戦敗退

1回戦:○2ー0水村(中大) 2回戦:●1ー2霜上(日体大)

上田竜也(社2) 2回戦敗退 1回戦:○0ー×小笠原(東情大) 2回戦:●0ー2田中(日大)
長峰善(経2) 2回戦敗退 1回戦:○2ー0小林(神大) 2回戦:●0ー2紺野(日大)
阿部文哉(文2) 1回戦敗退 1回戦:●1ー2荒木(青学大)
國分俊秀 1回戦敗退 1回戦:●0ー2三橋(日大)

ダブルス

選手名結果スコア
 嶺岸・上田 準優勝 1回戦:○0ー×阿部・佐野(東海大)2回戦:○2ー0保坂・深谷(帝京大) 3回戦:○2ー0小野寺・山元(日大) 4回戦:○2ー1森田・杉山(筑波大) 準々決勝:○2-1野田・長峰(法大)準決勝:○2-1武井・遠藤(明大)決勝:●0-2小倉・三橋(日大)
 野田・長峰

ベスト8

1回戦:○0ー×森・高江洲(東情大) 2回戦:○2ー0韮澪・福嶋(日大) 3回戦:○2ー0久場・髙野(日体大) 4回戦:○2ー0池田・川端(明大) 準々決勝:●1-2 嶺岸・上田(法大)
原口・日光 ベスト8 2回戦:○2ー0関口・杉山(筑波大) 3回戦:○2ー1今野・瀬川(日大) 4回戦:○2ー1加藤・日野(日大) 準々決勝:●0-2 武井・遠藤(明大)
山澤・藤原   ベスト16  2回戦:○2ー0遠藤・三輪(日大) 3回戦:○2ー0米山・坂東(専大) 4回戦:●1ー2光島・緒方(日大)
阿部・斎藤 ベスト16 1回戦:○2ー1菅原・山内(千葉商大) 2回戦:○2ー0杉村・宮坂(東経大) 3回戦:○2ー1樽・岡田(東海大)4回戦:●0ー2武井・瀬川(明大)
 金子・國分 3回戦敗退  1回戦:○2ー1古屋・辻(中大) 2回戦:○2ー1酒井・仁平(明大) 3回戦:●0ー2西川・村本(日体大)
吉田・一井 2回戦敗退 1回戦:○2ー0山下・田辺(千葉商大) 2回戦:●0ー2大滝・田中(日大)
小川・佐野 1回戦敗退 1回戦:●1ー2小倉・三橋(日大)

 

戦評

 並みいる強者を次々と制し、法大の選手3人が準決勝進出を決めた男子シングルス。その中でも最後まで激戦を勝ち抜き、決勝戦へ駒を進めたのは最上級生である野田だった。

 決勝戦は息を呑むような激戦だった。第1ゲームは野田が一歩リードした状態で進んだが、後半、相手に次々と強烈なスマッシュを決められてしまう。上がったところをすかさず叩かれ、なす術なく第1ゲームを奪われた。しかし続く第2ゲームでは野田が意地を見せる。相手が勝ちを急いだのか、スマッシュを決めようとしてサイドオーバーする展開が何度か見られると、野田は着実にスマッシュやプッシュで得点し、点差を広げる。すると相手はストレート勝ちを諦め、打ち合いを放棄。勝敗は第3ゲームに持ち越された。
 運命の第3ゲーム。他の試合は既に終わり選手の息遣いが体育館中に響く中、観客席までもが強い緊張感に包まれていた。野田は積極的に攻撃を仕掛けていくが、相手も一歩も譲らない。ネットにかけるミスやラインオーバーなどの細かいミスが響き、野田が相手を追いかける展開になったが、粘り強さを見せ試合はデュースまでもつれ込んだ。
「ここまで積み重ねてきたから大丈夫だと思っていました」と試合後に語ったように、野田は最後まで落ち着いたプレーを披露。決勝戦にふさわしい激戦を制し、見事男子シングルス王者に輝いた。

DSC 0595 R

 一方、男子ダブルスでは嶺岸・上田ペアが決勝戦進出を決め、日大の小倉由嵩・三橋健也ペアと王座をかけて争った。2人は好調な滑り出しを見せ、一歩リードした状態で試合は進んだが、インターバルを挟んだ後は相手ペアに強打を打ち込まれ逆転を許してしまう。そのまま第1ゲームを奪われると第2ゲームでも思うように挽回することができない。必死にくらいついていくが、終盤に一気に畳み掛けられ16-21、14-21で敗北を喫し、あと一歩のところで優勝を逃した。

DSC 0577 R

  ダブルスは後一歩で優勝という結果なだけに悔しさが残るが、それでも2人が大躍進を遂げたことははっきりと言えるだろう。嶺岸・上田ペア以外にも2ペアがベスト8入りを果たし、課題となっていたダブルス陣が今大会で確かな成長を見せている。さらに昨年から不調に陥っていた野田も回復の兆しを見せ、シングルスも更なる安泰が見込める。東日本やインカレを前に見通しは明るい。後は勝負の夏に向けて突き進んでいくだけだ。(村井美咲)

選手インタビュー

野田悠斗

ー優勝について
去年は全然結果とかを出せずにいたので、優勝できて素直に嬉しいです。

ー2017年の関東学生選手権では準優勝でした
そこらへんはあまり考えていませんでした。2年前は結構インカレとか、リーグでも勝てていたので良かったのですが、去年とかは全部負けて負けて。今回は自分が挑戦者というか相手の方が強いと思ってやりました。

ー最後デュースになった時の気持ちは
去年とかも練習してたのですが、今年は悔いなくやりたかったので毎日練習をしていました。デュースになった時もここまで積み重ねてきたから大丈夫だと思っていたので、そんなに焦らずにプレーできました。

ー東日本に向けて意気込み
東ではシングルスでもダブルスでも結果を残せるように頑張りたいです。

 

 
 
 
 
 

体育各部一覧ページへ

6スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み