その他

【相撲】Aクラススタートも予選全敗で決勝トーナメント進出ならず。

東日本学生相撲選手権
2017年6月11日(日)
両国国技館

1部として挑んだこの大会。1部定着へ向け結果を残したいところだったが、予選3戦全敗で敗退。選手たちにとっては悔しさの残る形になってしまった。

negoya R
今年から主将としてけん引する根古谷

試合結果

団体戦

法政大学

先鋒

○ 上平晴輝(法2)

3

拓殖大学

二陣

● 松浦智哉(人3)

中堅

● 根古谷直道(人4)

副将

○ 五十嵐唯人(営3)

大将

● 望月翔平(営2)

 

0

法政大学

先鋒

●上平晴輝 

5

日本大学

二陣

●松浦智哉 

中堅

● 根古谷直道

副将

●五十嵐唯人

大将

●望月翔平 
 

1

法政大学

先鋒

●上平晴輝 

4

専修大学

二陣

○松浦智哉 

中堅

●根古谷直道

副将

●五十嵐唯人

大将

●一佛晏聡(人1) 

個人戦試合結果

 選手名1回戦2回戦3回戦
松浦智哉 - -

五十嵐唯人

増田貫信郎(営4) - -
宇野滉史(法3) - -
根古谷直道 -
福田紘也(営1) - -
上平晴輝 -
 

戦評

 昨年行われた東日本学生選手権で1部に昇格した法大。1部定着に向けた戦いとなった。
 2部から勝ち上がった4チームに1部の8チームを加えた12チームで決勝トーナメントに進む8チームを決める予選からのスタート。ここで、一定の成績を残すことができなければ、決勝トーナメントに進むことができない。予選は3試合行われた。
 1回戦は1部に属する拓大と対戦。先鋒・上平が押し出しで相手を破り、勢いに乗るかと思われたが二陣の松浦、中堅の根古谷が立て続けに敗れる。勝ち星を掴むためには負けられない場面で土俵に上がったのは副将・五十嵐。粘りの相撲で相手を突き落として勝利し、大将・望月につないだ。勝てば勝ち星となるところだったが、相手に寄りきられ敗戦。拓大戦を落とす。
 2回戦は1部の日大と対戦。強豪を相手に意地を見せたいところであったが、先鋒から大将まですべて敗れる結果に。力の差を見せつけられてしまった。
 後がない法大は3回戦で2部の専大と対戦。望みを繋ぐべく、勝ち星を狙う。先鋒の上平が敗戦し嫌なムードとなるが、二陣の松浦がここで気迫の取組を見せる。粘りの相撲で相手を上手く交わして勝利し意地を見せた。しかし、中堅・根古谷、副将・五十嵐が連敗を喫し勝負あり。最後、大将望月に代わって1年生の一佛が出場するも敗戦。専大戦も落とすこととなった。
 結局3戦全敗で決勝トーナメントに駒を進めることはできなかった法大。1部スタートもトーナメントに進出することができなきず、2部への降格となってしまった。この大会で見つかった課題を克服し、再び1部に戻るべく精進するのみだ。(増田卓巳)

選手・監督インタビュー

永池監督

ー今日の試合を振り返って
昨年1部に上がり、今年も調整は上手くいってましたが、全体の波に乗ることができませんでした。一発目、一番勝負をかけたときに乗れず、ずるずるいったことがだめでしたね。

ー予選3敗という結果になりましたが
そうですね。今回は、上位と下から上がってきた下位のチームも遜色ない実力だった中で、自分達の力を発揮できなかったことが1度も勝てないという結果になったのかなと思います。

ー選手に向けてひとことお願いします
今の学生は昨年の1部に上がった喜び、今年また2部に戻るという悔しさを両方体験できているのでそのいいときもあれば悪いときもあるという経験を活かしてつなげていければなとおもいます。

ー今後に向けて
自分に甘えず、人に優しく自分に厳しく頑張ってくれればなと思います。

根古谷直道主将

ー団体戦を振り返って
団体戦に関して自分主将という立場であり最上級生であるという立場なんですけど後輩たちのお手本になるような相撲を1度も取れずにとても悔しい思いをしました。

ー個人戦に関してはどうですか
一番目はいい相撲を取れたんですけど二番目があまりにも情けなく、このような相撲を無くさないとな、という気持ちにさせられます。

ー4年生としてチームを引っ張ることは意識されてましたか
去年やっと1部に昇格できたということで嬉しかったんですけど、その分今年プレッシャーも大きくて、それでもやんなきゃなという気持ちはあります。

ーチームを引っ張り身として何かされていることはありますか
誰よりも声を出すようにします。それでチームの雰囲気をよくしようと心がけています。

ー1年生への想いなどは
最後の試合で大将に1年の子が入っていたので、勝ってる状況で回してあげたかったんですけど、ダメだったのでダメージを受けましたね。

ー今後に向けてひとことお願いします
インカレの方は2部スタートになってしまうんですけど、2部でいい順位残してそのまま1部で活躍できるようにみんなで頑張りたいです。

上平晴輝

ー今日の取組を振り返って
まずまずでした。

ー先鋒としてどのように臨みましたか
チームに流れを作るという役目と、あとは先鋒なので突っ込むしかなかったですね。

ー拓大戦で1勝してから、負けが続きましたが敗因としては
拓大戦に集中しすぎて、あとの2戦が疎かになってしまったところですかね。

ー去年も出場されていましたが、今年と心境の変化などはありましたか
今日の方が大分気持ちも高まっていて、調子も少しは良かったですね。

ー1年間で成長した点
体重が元に戻りつつあるのと、悪いところが少しづつ直ってきている点ですかね。

ー悪いところとは具体的に
具体的には、自分は左手から出るのですが右手が抱えてしまうので、それをちゃんと相手を押す形にして、右手が伸びるようにしたいです。

ー体重は戻した方がいいものなのですか
自分は押し相撲なので、軽いと押されるのもそうなのですが、押せないんですよ。なので、押すために大学にきてから落ちてしまった分を戻したいということですね。

ー今日の収穫や、改善したい点は
一番一番、ちゃんと集中することと、体重を増やしてもっと自分の相撲を取れるようにしたいと思います。

ー次回への意気込み
次回はインカレになると思うのですが、ちゃんとレギュラーとして出場できるように頑張りたいと思います。

松浦智哉

―団体戦の取り組みを振り返って
1回目の対戦が大事だと思ったのですが、自分の力が発揮できなかったのが心残りですね。あそこで勝てたらチームも流れに乗れたと思うので、やっぱり悔いが残ります。

ー1回戦、2回戦と連敗で迎えた3回戦、どんな気持ちで土俵に上がりましたか
今日は良い相撲が取れてなかったので、がむしゃらに前へ出て最後は気持ちで頑張りました。

ー3回戦の決まり手は
突落しか突き出しだと思います

ー今日の調子はどうでしたか
調子は悪くないが怪我の影響があり自分としては納得できないですね

ー個人戦と団体戦で違うところは
相撲は個人スポーツですが、団体戦になるといつもより気持ちが入ります。

ー個人戦の取り組みはいかがでしたか
立ち会いが全然ダメでした。言い訳になるかもしれないですけど相手とうまく合わなかったですね。

ー監督から何かアドバイスはありましたか
ガンガン攻めていけとか、自分の相撲を取れとかですね

ー今後に向けて
二部に落ちてしまったので、もっと練習して一部に戻りたいと思います

五十嵐唯人

ー今日のコンディションはいかがでしたか
試合前は良く調整ができていて、ケガなどもあったんですけど、しっかり治して試合に臨めました。体調もまあ良かったです。

ー団体戦の対拓大では勝利されました。取組を振り返っていかがですか
よく自分の身体が動いていたなという感じです。

ーその後、対日大、対専大と敗戦が続いてしまいました。敗因は
日大はちょっと悔しい部分があったんですけど、専大は勝つ気持ちでいったんですけど負けてしまい、チームに迷惑をかけてしまったかなと思います。

ーチーム全体の団体戦での反省点は
やっぱり気持ちの問題だと思うので、前に出る気持ちが無くなってしまっていたので、そのへんがダメかなと思います。まだビビってしまったところがあったと思うので、相手に合わせないで自分から自分から攻めることが大切だと今回の大会で思いました。

ー個人戦では1回戦で押し出し、2回戦で突き落としと、とてもいい勝ち方となりました
団体戦で悔しい思いをしたので、個人ではいい相撲を取りたいなと思っていました。

ー3回戦、力と力のぶつかり合いとなったものの敗戦。振り返っていかがですか
組んでしまうと自分はそんなに強くないので、まわしを取らせないようにしたかったんですけど、組んでしまってそこがダメなところでしたね。

ー監督から取組後どんなアドバイスがありましたか
とりあえず気持ちで負けるなということを伝えられて、自分から攻めていけと言われました。

ー3年生になり、チームを引っ張っていく立場にもなりますが、チームをどのように変えていきたいですか
今回の試合の反省を生かして、またこの後も試合がありますが、しっかりチーム全体で話し合って自分がどこが悪かったかを反省しつつ、気持ちもメンタルでも強くなっていかなければならないので、そして新しい後輩もできたので、しっかりチームを引っ張っていけるように頑張りたいです。

ー最後に個人での目標を教えてください
今回の大会でまた2部に落ちてしまったんですけど、一から練習をやり直して、必ず1部に上がります。

フォトギャラリー

  • negoya R今年から主将としてけん引する根古谷
  • kamitai R先鋒として1勝の上平
  • matuura R専大戦では意地の白星を挙げた松浦
  • matuura2 Rさらなる活躍が期待される松浦
  • igarasi R副将五十嵐は1勝
  • motiduki R大将として試合に挑むも未勝利に終わった望月
  • itibutu R専大戦に出場した一佛
  • zentai R未勝利に終わり愕然とする法大選手陣
 

 

体育各部一覧ページへ