準硬式野球

【準硬式野球】東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 対明大2回戦 再三の好機も紫紺のエースの前に沈黙 勝負の行方は第3戦へ持ち越される

東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦
対明大2回戦
2019年9月15日(日)
早大東伏見グラウンド

2連勝での勝ち点獲得のためになんとしても勝利したい法大はルーキーながら大車輪の活躍を見せる春翔一朗(経1)を先発のマウンドに据えた。対する明大もエースの高島泰都を登板させ迎え撃つ。好投手同士らしいテンポの良い戦いは明大が3回に先制、5回に2点を奪い3点ビハインドで折り返す。追いすがる法大は6回に2点を奪うも、裏に追加点を許し、その後は好機を作るもホームが遠く、2-4で試合終了。決着は第3戦にお預けとなった。

mainp R
春は今季2勝目ならず

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 2 0
明大 0 0 1 0 2 1 0 0 × 4 10 1

(法大) ●春、湯浅−乘松、渡邉
(明大) ○高島、槻橋ー武田

併殺:鎌田(4)ー大石智(6)ー土倉(3)(4回)

打撃成績

打順位置選手名出身校打数安打打点四死球
1 (5) 堀江悠介(経2) 健大高崎 5 1 0 0
2 (6) 大石智貴(経4) 静岡 3 0 0 2
3 (7) 堀皓貴(社4)  鳴門 3 1 1 0
4 (9) 佐々木勇哉(社4) 花巻東 3 0 0 1
5 (8) 中川大輔(社3) 日大三 1 0 1 2
6 (2) 乘松幹太(現4)  新田 3 0 0 0
   PH  岩本大河(スポ3) 浜松西   1
   2  渡邉慶輝(現2) 上田西   ー ー 
7 (3) 土倉徳(社4) 遊学館 4 0 0 0
   PR  伊藤滉章(社4) 新居浜西   ー ー   ー
8 (1) 春翔一朗(経1) 静岡 2 0 0 0
   PH 大石悠月(経3)  静岡  1  0  0  0
  1 湯浅創太(経2) 國學院久我山 0 0 0 0
  PH 八木達也(社2) 日大三 0 0 0 1
9 (4) 鎌田航平(社3) 鳴門 3 0 0 1
※通算打率は対戦カード終了時に掲載致します。

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点防御率
 6 9  4  0 4 4.00
湯浅  2  1   2  0  0   0.00

 

戦評

 第1戦で宿敵明大をサヨナラ勝ちで破り、その勢いのままに勝ち点を奪いたい法大。対する絶対に負けられない明大はエース高島泰都を送りこむ。法大打線は四球で走者は出すも、5回まで安打を許さない投球で抑え込まれる。それに負けまいと先発の春翔一郎(経1)も2回まで3者凡退に抑え、テンポの良い投球を見せる。

 投手戦が続く中、3回裏に9番打者に二塁打を打たれると続く1番打者に適時二塁打を打たれ先制を許してしまう。4回裏は無失点に抑えるも5回裏に内野ゴロの間に1点、そしてまたも1番打者に適時二塁打を打たれ、さらに2点を追加されてしまう。

 しかし、ここで黙っていないのが法大打線。6回表、9番鎌田航平(社3)が四球で出塁すると続く1番堀江悠介(経2)が右前安打を放つ。2番大石智貴(経4)は三振に倒れるも、3番の頼れる主将堀皓貴(社4)が左方向へ適時打を放ち1点を返す。続く4番佐々木勇哉(社4)は相手三塁手の敵失で出塁し満塁となる。そして5番の中川大輔(社3)が犠飛を放ち1点差と迫る。
 だがその裏、三連打で1点を追加され差を広げられてしまう。これ以上の失点は許されない法大は7回から今季3度目の救援登板となる湯浅創太(経2)がマウンドに上がる。安定した投球で2回を危なげなく無失点に抑えた。

 湯浅の好投に応えたい打線だったが、8回表に四死球が重なり満塁の好機を作るも無得点。そして最終回も相手の失策と四球で好機を作るも、無得点でそのまま試合終了となり第3戦までもつれ込むことになった。

 優勝には明大から勝ち点を取ることが絶対条件である法大。この敗戦の悔しさを胸に次の試合の勝利を期待したい。

(記事:渡辺光我、写真:梅原早紀)

yuasa R
7回から継投した湯浅

選手インタビュー

岩本大河

―今日を振り返って
2点差で2死満塁の場面、代打で行くということで、かなり前から準備はしていたのですが、結果を残すことができなくてチームは第三戦までもつれ込んでしまったので悔しいです。

―打席の振り返りをお願いします
初球から狙っていくというのが自分のスタイルなのですが、初球のまっすぐがいいコースに来て手が出せず、雰囲気に飲まれてしまったというのがありました。そのため普段振らないようなインコースの変化球を振ってしまいました。

―起用についてはどのような話が
打席に入る前にお話があって、「軽い感じで行くな、初球から行ってもいいけれど当てるようなバッティングはするな」と言われていました。

―今季は様々な選手が代打で起用されているが岩本選手はどのように考えているか
同期では(大石)悠月と南(太貴)がいて、自分も含めて全員外野手で、その二人と比べると自分は劣っている部分があると思うので、滅多にない機会を自分の強みであるバッティングでチームに貢献できたらとは思っています。

―第3戦に向けて一言お願いします
次チャンスをもらえるかは分からないですが、チャンスがあったら初球から自分のバッティングができるように準備したいと思います。

春翔一朗

―今日の試合を振り返って
今日は良いイメージを持って投げられたのですが、勝負所を間違えてしまったのが課題です。

―2戦目を任されたことについて
春季リーグから2戦目を任されているのですが、ここで勝ち点を取れば3戦目にもつれることはないので、どの試合も重要ですがこの重要なポジションを責任もってやらなくてはならないと思っています。

―西村投手がいない中で、チームの中でどのような役割をしたいか
ピッチャー総動員でやっているので、自分もその一人として自分の仕事をしっかりやらなくてはならないと思っています。

―明大の印象について
良い左打者が多く、長打のある右打者もいて自分との相性はあまりいいとは思っていないです。また威圧感もあり今日は投げにくかったです。

―3戦以降に向けて
しっかり勝ち点を取って次の試合を迎えたいので、中1日空きますが調整して自分の仕事をやりたいと思います

フォトギャラリー

  • mainp R春は今季2勝目ならず
  • hori R6回に適時打を放った堀
  • nakagawadai R中川大の左犠飛で追加点をあげる(6回)
  • iwamoto R代打出場した岩本
  • yuasa R7回から継投した湯浅
  • kamadaback R堀の適時打で鎌田が生還(6回)
  • DSC 0894 R生還した堀江にハイタッチする法大ベンチ
 
 
 
 
 

最近の記事

 

S  85311501スポーツ法政 最新号

 

 

定期購読の申込み