• HOME
  • 記事
  • 硬式野球
  • 【硬式野球】東京六大学野球2022秋季リーグ戦 第1週 早大2回戦 再三好機を作るも、本塁遠く開幕から二試合連続の完封負け

【硬式野球】東京六大学野球2022秋季リーグ戦 第1週 早大2回戦 再三好機を作るも、本塁遠く開幕から二試合連続の完封負け

東京六大学野球2022秋季リーグ戦 第1週 早大2回戦
2022年9月11日(日)
神宮球場

1回戦で完封負けを喫し、絶対に負けられない早大との2回戦に挑んだ。リーグ戦初先発となった吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)は試合を作るが、昨日から早大に行った流れは最後まで法大に来ることはなく、散発の4安打完封負けに終わった。痛すぎる2連敗で、優勝へ向けてかなり険しいスタートとなった。

再三の好機にも得点は入らなかった

試合結果

トータル試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
早 大 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 8 0

(法大)●吉鶴、篠木、塙—是澤、村上
(早大)○清水大、鹿田、原、伊藤樹—印出
[本塁打] なし

打撃成績

打順 位置 選手 打率 出塁率 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (4) 齊藤大 2 0 0 .000 .250 四球 二邪 四球 三振
2 (9) 3 0 0 .000 .000 中飛 一ゴ 投犠 投ゴ
3 (7) 中津 4 1 0 .125 .125 中飛 二飛 右安 三振
4 (6) 今泉 4 0 0 .375 .375 三振 三振 二飛 一ゴ
5 (8) 宮﨑 4 1 0 .250 .250 二ゴ 左二 二ゴ 左飛
6 (2) 是澤 2 0 0 .000 .000 二ゴ 中飛
H 福岡 1 0 0 .000 .000 三ゴ
2 村上 1 0 0 .000 .000 三振
7 (3) 内海貴 4 0 0 .000 .000 遊ゴ 一ゴ 三振 三振
8 (5) 海﨑 3 2 0 .333 .333 右安 中飛 一安
9 (1) 吉鶴 1 0 0 .000 .000 三飛
H 平原 1 0 0 .000 .000 三振
1 篠木
H 野尻 0 0 0 .000 1.00 四球
1
30 4 0 .148 .200

 

投手成績

球数 打者 防御率
吉鶴 4 66 20 6 1 2 2 3.60
篠木 2 28 8 1 2 1 0 0.00
2 19 7 1 0 0 0 0.00
8 113 35 8 3 3 2 2.12

 

ベンチ入りメンバー

10 齊藤大輝(人4=横浜) 22 是澤涼輔(現4=健大高崎) 1 野尻幸輝(営4=木更津総合)
12 一柳大地(人3=星槎国際湘南) 3 内海貴斗(人3=横浜) 8 宮﨑秀太(営4=天理)
13 塙雄裕(法3=常総学院) 5 松田憲之朗(キャ4=龍谷大平安) 34 平原大靖(文4=石見智翠館)
16 尾﨑完太(キャ3=滋賀学園) 6 海﨑雄太(文4=埼玉栄) 36 中津大和(営2=小松大谷)
17 武冨陸(営3=日大藤沢) 7 今泉颯太(法3=中京大中京) 37 木下将吾(文4=静岡)
18 篠木健太郎(営2=木更津総合) 9 浦和博(キャ3=鳴門) 38 福岡大真(法3=筑陽学園)
21 吉鶴翔瑛(営2=木更津総合) 24 高原侑希(法3=福井工大福井) 39 伊藤勝仁(文3=常葉菊川)
2 大柿廉太郎(法4=健大高崎) 25 山根滉太(文3=小松大谷)
19 村上喬一朗(法4=東福岡) 31 鈴木大照(文2=明徳義塾)

戦評

第1戦は完封リレーで敗北を喫した法大。第2戦となる今日は先発メンバーを大きく入れ替え、打線の奮起を図った。

初回、先頭打者の齊藤大輝(人4=横浜)がいきなり四球で出塁し、盗塁を成功させる。得点圏の好機を演出するも、後続が倒れる。

対する法大先発は初先発となる吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)。二死を簡単に取った後、2人の走者を出すも無失点に抑える。しかし2回裏、印出太一に安打を浴びると、その後二塁に進められる。すると相手投手・清水大成の右二塁打で先制を許す。その後は2死満塁のピンチを招くも最小失点にしのいだ。


吉鶴は走者を出しながらの粘りの投球

4回の攻撃では二死から5番に入った宮﨑秀太(営4=天理)の二塁打が飛び出すも、続く初スタメンの是澤涼輔(現4=健大高崎)が凡退し、得点を奪えない。その裏先頭の7番・印出にまたも安打を許す。その後二塁に進められると、1番の熊田任洋に右二塁打が飛び出し追加点を許した。

5回からは篠木健太郎(営2=木更津総合)が登板。2回を無失点に抑える好投で打線の援護を待つ。


篠木はリリーフで好投を見せた

応えたい打線は6回、先頭の齊藤大が四球で出塁すると犠打で二塁に走者を進め1死二塁の好機を作る。続く中津大和(営2=小松大谷)が右前に安打を放つも、難しい打球判断となり、齊藤大は三塁止まり。ここでギアを入れ直した清水大に、4番・今泉颯太(法3=中京大中京)、5番・宮﨑が打ち取られ、好機を生かせなかった。

早大は7回に投手を鹿田泰生に交代。二死から海﨑のこの日2安打目となる安打を放つと、代打・野尻幸輝(営4=木更津総合)が死球で出塁し、2死一、二塁。この好機に打席が回ったのは主将の齊藤大。しかし、空振り三振に倒れ、またも好機を生かせず。


齊藤大は一番に入るも無安打に終わった

その裏から塙雄裕(法3=常総学院)が登板。今季初登板だったが、7、8回を無失点に抑える好投を見せた。なんとか投手陣に応えたい打線だったが、早大の継投の前に沈黙。まさかの開幕から2試合連続の完封負けとなった。

早大戦では惜しくも勝ち点奪取とはならなかった法大。しかし、尾﨑完太(キャ3=滋賀学園)、篠木を中心に、投手陣が好投を続けている点は明るい話題だ。一度打撃陣に火がつけば、今後の戦いは大いに期待ができるだろう。

(記事:菊池和貴 写真:大井涼平)

クローズアップ:吉鶴翔瑛『見つけた課題とつかんだ手応え いざ実りの秋へ』

公式戦登板3戦目にして初先発となった吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)。「チームに勢いをつけられなかった」と悔しさの残る登板となったが、次に向けて確かな手応えもつかんだ。

立ち上がりは浮き足立つことなく、簡単に二死を奪う。3番、4番に安打と四球を与えピンチを招くが、武器である力強い直球で続く打者を打ち取り無失点で切り抜けた。2回も一死二塁とピンチを招くと、相手先発・清水大成に右越二塁打を許し先制される。しかし、この回は最小失点にとどめ、3回はわずか8球で早大打線を手玉にとる。

味方の反撃に向け流れを作りたい4回の投球は、「ピンチの場面でボールが高くなってしまった」との言葉通り、二死二塁から迎えた1番・熊田任洋に高めに浮いた直球を右越に運ばれ、追加点を与えてしまう。5回からは高校時代からのチームメイトである篠木健太郎(営2=木更津総合)にマウンドを譲り、4回2失点という内容で初先発を終えた。

負け投手とはなってしまったが、持ち味である最速149キロの力強い直球は相手打撃陣をことこどく詰まらせた。特に右打者の内角を突いたクロスファイアーは目を見張るものがある。今後に向けて課題とともに大きな収穫も手にした吉鶴。まだまだ発展途上の2年生左腕が、今季の法政に勢いを与えられるか。今後の投球に注目だ。

(野田堅真)

選手インタビュー

齊藤大輝 主将

ー今日の試合を振り返って
なかなか1本、あと1本が出ないまま終わってしまいました。

ー今のチーム状況は、いかがでしょうか
みんないいスイングもできていますし、打つべき球も悪くないと思います。後はほんのズレがファールだったり、ミスショットになってると思います。

ー一番での出場でしたが、意識したことは
とにかく塁に出ることは頭にありました。

ー得点を奪うために今必要になることは
1本でないときでも、点をとれることはいっぱいあるので、犠牲フライや犠打を絡めていきたいです。

ー立大戦に向けて意気込みをお願いします
勝ち点を絶対にとります!

海﨑雄太 副将

ー今日の試合を振り返って
なんとか勝ちたい試合でしたが、負けてしまいとても悔しいです。

ー2安打ともに粘っての出塁でした
今日回ってきた打席は全てランナーなしの場面で、とにかく出塁することだけを考えていました。

ー三塁での出場で意識していることは
打者のインパクトに合わせることと投手への声掛けです。

ー立大戦に向けての意気込みをお願いします
死に物狂いで勝ち点を奪いに行きます。

塙雄裕 選手

ー今日の登板を振り返って
投げ急いでしまう場面が多く反省も残りました。

ー今季初登板となりました
緊張しました。

ー自身の投球面で、春と何か違う点や特別意識している点はありますか 
違う球種を投げ始めたので、打者の意識だったり一球一球考えて投げるようになりました。

ー次回登板へ向けて意気込みをお願いします
チームが勝てるように良い投球をしたいです

吉鶴翔瑛 選手

ーリーグ戦初先発を振り返って
チームに勢いをつける投球ができなくて申し訳ないです。しかし良い収穫もあったので次に生かしていきます。

ー今日の投球意識した点は
特には意識せず、いつも通りのピッチングを心がけてました。

ー次回登板までに修正したい点は
ピンチの場面での高いボールをなくしていきます。

ー今後の試合に向けての意気込みをお願いします
次戦ではチームに勢いをつけるピッチングをし、勝ち点をとります。

試合の写真は、スポーツ法政新聞会の公式インスタグラムに掲載いたします。

関連記事一覧