• HOME
  • 記事
  • テニス
  • 【テニス】2022年度王座出場校決定リーグ 対慶大 難敵相手に善戦を見せた法大!しかし悔しくも惜敗し、王座出場権獲得は早大戦に託された…

【テニス】2022年度王座出場校決定リーグ 対慶大 難敵相手に善戦を見せた法大!しかし悔しくも惜敗し、王座出場権獲得は早大戦に託された…

2022年9月3日(土) 
2022年度王座出場校決定リーグ 対慶大

王座出場権をかけて行われるリーグ戦。昨年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響によりトーナメント形式で行われたが、今年はついに満を持してリーグ戦が実施された。関東1部に所属する大学が総当たりし、その上位2校が王座決定戦への出場権を得ることが出来る今大会。3戦目は強者ぞろいの慶大と対戦。ダブルス、シングルスともに健闘した法大。しかし王座出場常連校の慶大をあと一歩のところまで追い詰めるも、惜敗した。


猛者相手に健闘する2人

試合結果

トータル試合結果

3

法政大学

1

ダブルス

2

6

慶應義塾大学

2

シングルス

4

ダブルス

勝敗 選手名 スコア 対戦相手
D1 矢島淳揮(スポ4)・平井健太郎(経2) 5-7,4-6 藤原智也・下村亮太朗
D2 大田空(スポ3)・佐藤太耀(現3) 6-2,7-5 白藤成・今鷹洸太
D3 守屋達貴(人4)・加藤木塁(経3) 4-6,2-6 菅谷有作・有本響

シングルス

勝敗 選手名 スコア 対戦相手
S1 平井 2-6,1-6 藤原
S2 大田 1-6,2-6 白藤
S3 松崎稜太朗(スポ1) 2-6,6-3,3-6 菅谷
S4 矢島 7-6,6-4,6-7 下村
S5 佐藤 6-3,4-6,6-4 林航平
S6 森田凌矢(社3) 6-2,7-5 高木翼

戦評

ダブルス

ダブルス1番手に抜てきされたのは矢島・平井ペア。対する相手は昨年インカレインドア王者の藤原智也・下村亮太朗ペア。格上相手に果敢に攻めるもあと一歩及ばなかった。ファーストセット。第1ゲームから平井の強烈なサーブで相手のペースを崩しゲームを先取する。幸先良いスタートに思われたが、相手も隙を見逃さず、浮いた球を打ち込みポイントを連取され1-3に。このままセットを落とすと思われたが、矢島の巧みなボレーと平井の力強いストロークで食らいつく。粘りを見せたものの、最後は藤原のサーブに対応できず5-7でセットを落とした。
続くセカンドセット。第1ゲーム同様、平井のサーブで1-0にするも、その後は流れを奪われてしまう。矢島がネットプレーで粘りを見せるも、終始相手のサーブに翻弄(ほんろう)され、惜しくも4-6で敗戦となった。

ダブルス2番手に登場したのは大田空・佐藤太耀ペア。亜大戦、明大戦と負けなしの2人であるが、今試合も勝利を収めることはできるのか。ファーストセット。序盤からこのペアの持ち味であるストロークとボレーで相手を翻弄。相手の強打に崩される場面もあったものの、6-2でこのセットをものにした。続くセカンドセット。序盤は佐藤のダブルフォルトなどのミスが続き、ブレイクを許してしまう。しかしすぐさま粘りを見せ、相手の意表を突いたプレーでポイントを重ねる2人。ここまでリードされ続ける展開が続いたものの、前に出て強気に攻める姿勢が功を奏し、5-5まで追いつく。そこからは勢いそのままにゲームを連取。セカンドセットを7-5で奪い、ストレートで勝利した。

ダブルス3番手を任されたのは守屋達貴・加藤木塁ペア。加藤木の力強いサーブから始まったファーストセット。巧みなネットプレーで相手に対抗するが、早くも第3ゲームをブレイクされてしまう。その後も相手のミスを誘うプレーに翻弄される守屋・加藤木。それでも相手の隙を見逃さずキープしていくが、ブレイクすることは叶わず。このセットを4-6で落とす。あとがないセカンドセット。先程の流れと変わらず、開始早々にブレイクを許してしまう。なんとか主導権を握りたい守屋・加藤木であったが、相手のコートの隅を突くショットに振り回されて敗戦。明大戦に続いて、悔しい結果となってしまった。

シングルス

シングルス1番手を任されたのはリーグ戦初出場の平井健太郎。対する相手はインカレで昨年優勝、今年準優勝を収めた藤原智也である。ファーストセット。強者相手にラリーで粘りを見せ、必死に食らいつく平井。しかし技術でも力でも上回る相手になす術なく、幾度となくブレイクを許してしまう。その後はデュースに持ち込み、なんとかブレイクバックをするも、主導権は奪えず。このセットは2-6で落としてしまう。続くセカンドセット。序盤から左右に球を打ち分けられ、翻弄される平井。その後も藤原のプレーに対応しきれず、1-6で敗戦を喫した。

2番手に登場したのは明大戦にてチームを勝利に導いた大田空。対する相手は元プロ選手である白藤成。注目の一戦が幕を開けた。ファーストセット。白藤の鋭いサーブやストロークで乱され、自分のペースで試合ができない大田。相手の力強いプレーに翻弄され、0-4に。その後は武器のボレーで相手のミスを誘い、ゲームをキープする場面もあったが挽回しきれず。1-6でこのセットを落とした。後がないセカンドセット。粘り強く相手のプレーに対応し、徐々にラリーを制していく大田。しかしなかなかゲームを取るところまではいけない。その後も白藤に主導権を握られたまま試合は進み、ストレートで敗戦してしまう結果となった。

シングルス3番手に登場したのはここまで2連勝の松崎。ファーストセットでは終始劣勢となった。第1ゲームから、持ち味である強烈なサーブやストロークを披露。しかし相手は強烈なサーブをものともせず、正確に返球し得点を奪えない。第5ゲーム、第7ゲームではネット際の巧みなプレーやコートの隅を突くフォアハンドでキープするも、2-6でセットを落とした。続くセカンドセットでは接戦に。第1ゲーム、第2ゲームともにデュースにもつれ込むも、取り切れず0-2に。その後は両者キープし、3-3で迎えた第7ゲーム。今試合初めてブレイクを奪うと流れが一変。相手のミスを誘い6-3でものにした。迎えたファイナルセット。序盤から両者1歩も譲らない。展開が変わったのは2-2で迎えた第5ゲーム。ミスが絡み今セットはじめてリードを許す。その後は松崎に焦りが出たのか、ミスが目立ち相手のペースに。最後はドロップショットに追いつけず3-6で敗戦となった。

今試合、シングルス4番手として登場したのは主将・矢島淳揮。対する相手は昨年、王座出場校決定トーナメントでストレート負けを喫した下村亮太朗。主将としての意地を見せ、昨年の屈辱を果たせるか、注目の一戦となった。ファーストセット。序盤から下村の鋭いサーブに対応できず、流れを奪われる。しかし1-4で迎えた第6ゲームでラリー戦に持ち込みブレイクを奪うと、矢島にも勢いが戻る。両者譲らぬ接戦となり試合はタイブレークへ。タイブレークでは、ギリギリを狙う正確な返球で得点を重ね見事セットをとった。続くセカンドセットではお互い粘りを見せ、終始ラリー戦にもつれ込む展開に。4-4と接戦になる中、相手・下村が要所要所で巧みにドロップショットを織り込み、得点を奪われ4ー6でセットを落とした。ファイナルセット。序盤からお互いサーブで翻弄(ほんろう)し、キープを続ける展開に。試合途中、同時に試合を行なっていた松崎が敗戦したため法大の敗戦が決まったが、その後も諦めないプレーを披露。両者一歩も譲らず、またもタイブレークに。しかし相手の勢いに押され、ミスが重なってしまい6-7で敗戦となった。

昨年も含めリーグ戦無敗の佐藤太耀はシングルス5番手に登場。強者が出揃う慶大を相手にこの記録を伸ばすことはできるのか。ファーストセット。序盤から激しいラリーを展開し、揺さぶりをかけ合う両者。しかし佐藤は伸びのある鋭いフォアハンドを武器にブレイクを果たす。その後も相手の意表を突くプレーでポイントを重ね、6-3でこのセットを奪取した。続くセカンドセット。前後左右に相手を振り回し、主導権を握る佐藤。このままストレートで勝利なるかと思いきや、第4ゲームで流れは一変。バックカウンターで乱され、試合は相手のペースに。その後は緩急をつけたショットでなんとかデュースを制し、ゲームをキープ。しかし第7ゲームでついにブレイクを許してしまう。このまま逃げ切りたかったが、粘り切ることができず、試合はファイナルセットまでもつれ込んだ。試合後「ファイナルを取りきれた要因は気合だ」と語るように、アグレッシブなプレーを見せる。そして幾度となく長いラリーを制し、主導権を取り戻した佐藤。どんな球も懸命に返球する姿勢が功を奏し、このセットは6-4で試合終了。約3時間半にもわたる接戦を制し、連勝を重ねた。

明大戦では粘りを見せるも惜敗してしまった森田。今試合では、持ち味の粘りを見せ見事快勝となった。ファーストセット。序盤は相手のネットプレーに対応しきれず0-1に。しかし、第2ゲームでデュースの末にキープすると、その後は得意とするラリー戦で着実に得点を重ね6-2でセットを取る。続くセカンドセットでは相手の強いフォアハンドに苦戦し2-4に。しかし、ここでも持ち味である粘りのプレーで5-5に。相手も、連続でサーブミスをするなど動揺が現れ、最後は7-5で勝利した。

 (取材:溝口真央、東夏紀)

選手コメント

矢島淳揮・平井健太郎ペア

―亜大戦、明大戦からダブルスのペアを変えた理由は
矢島:慶應の1番手ダブルスの藤原智也・下村亮太朗ペアは去年のインドアで優勝、今年のインカレもベスト4と強いペアで。法政で今いちばん強いと思う大田・佐藤でも勝てるか分からないため、僕と平井がノンプレッシャーで行って、太田・佐藤、守屋加藤木には番手を下げてしっかり勝ってもらおうということでこのペアになりました。

―お2人で組まれたことは
矢島:練習試合ではあったんですが、公式戦では初めてでした。

―今日の試合を振り返って
矢島:最初は、インドア優勝ペアという結果だけを見て強いと思い込んでいたのですが、やってみたら戦える部分があって、それが平井のストロークと僕のボレーでした。唯一戦える所を明確にしてやってみたら思ったよりも競ることができました。

平井:淳揮さんが言ったように、まともに普通のダブルスをやったら勝てる可能性は低かったので、僕のストロースと淳揮さんのボレーで戦いました。団体戦で簡単に負けると周りの士気も下がってしまうので、相手を簡単に勝たせないというのを第1に、周りを元気にできるかを考えてやっていました。

―事前に対策は
矢島:法政のダブルスは2人で前に詰めていく形が多いんですが、それでは勝てないので平井がストロークで粘り、僕は状況に合わせてストロークかボレーか2つの選択肢を持っていました。

―2セットとも接戦になりましたが、勝てなかった原因は
矢島:ファーストセットでは5-4まで持っていけたんですが、5-5の時に僕のサービスゲームをブレイクされてしまったところが大きいです。セカンドセットは1-1でブレイクされてしまったところが大きいかなと思います。

平井:5-5の矢島さんのサーブの時に簡単に0-30になり余裕を与えてしまい、流れを持っていかれてしまいました。あとは、下村のサービスゲームを最後まで打ちきれなかったところです。

―今後に向けての意気込み
矢島:早稲田に関しては、ダブルスも強いですが、シングルスも強いので。今日はダブルスが捨て1番手のような感じだったんですけど、早稲田には絶対に勝たなきゃいけないので、力まず伸び伸びやれればと思います。中大戦は勝たなければいけない相手なので、息を合わせて頑張っていきたいです。

平井:今日やってみて通用しないわけではなかったので、早稲田ではしっかり試合をして、中大戦に出られたら勝ちたいです。

佐藤太耀

―ファーストセットは順調そうでしたね
そうですね。初めてやった相手だったから、最初は探りながらやりました。ですがその中でも、締められるところは締めてプレーできたと思います。

―1セット目を終えて、相手にどのような印象を持ちましたか
バックのカウンターが上手いと思いました。自分が無理に攻めて、前に行きすぎると上手くいきませんでしたね。なので丁寧に丁寧にプレーして、相手が浅くなるところまで待って、そこからフォアで展開していきました。

―2セット目と3セット目は苦戦していたように見えました。3セット目を取れた要因は?
ファイナルは気合いです!ラリーで勝ってやろうと思っていました。相手が100球繋げていくなら、こっちは101球繋げるという気持ちでいましたね。もう気合いで勝ってやろうと思って、それがうまく勝ちに繋がったので良かったです。

―早大戦に向けての意気込みをお願いします
早大戦は傍から見て、勝てない相手ばかりです。ですがそれでも勝つつもりで臨みますし、革命を起こしたいです。そしてもし勝てなかったとしても、次に繋げられるプレーやチーム状況にしたいと思います。次戦は自分がやれることを全力でやるだけですね。

関連記事一覧