• HOME
  • 記事
  • 硬式野球
  • 【硬式野球】東京六大学野球2022秋季フレッシュトーナメント 東大戦 積極的な攻撃と盤石の投手陣がかみ合い快勝。3位ながらも実りの多い秋となった。

【硬式野球】東京六大学野球2022秋季フレッシュトーナメント 東大戦 積極的な攻撃と盤石の投手陣がかみ合い快勝。3位ながらも実りの多い秋となった。

東京六大学野球2022秋季フレッシュトーナメント 東大戦
2022年11月10日(木)
神宮球場

早大に引き分け、立大にサヨナラ負けとここまで2戦はいい場面こそあれど勝利にたどり着くことができなかった。勝っていい形で終わりたい法大は3位をかけて東大との順位決定戦に臨んだ。初回から内海壮太(法2=御殿場西)の内野ゴロの間に1点を先制していい形で試合を進めると、3回の田所宗大(キャ2=いなべ総合)による適時打で中押し、4回に2点、5回には2本の適時打と犠飛で3点を加えるなど打力で圧倒した。投手陣は先発の丸山陽太(スポ1=成東)をはじめとした神宮初登板組が躍動。7-1で快勝した。結果、3位で秋季フレッシュトーナメントを終えることになった。


積極的な攻撃が印象的だったフレッシュは3位で幕を閉じた

試合結果

トータル試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東 大 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 0
法 大 1 0 1 2 3 0 0 × 7 12 1

連盟規定により8回で打ち切り
(東大)●渡辺、森岡、長谷川大、吉田晃、新城—府川
(法大)丸山、〇宇山、藤森、帯川、山城ー田所
[本塁打]

打撃成績

打順 位置 選手 打率 出塁率 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (D) 増田 2 0 0 .300 .417 四球 左飛 右飛
HD 品川 0 0 0 .000 .333 四球
2 (4)3 浜岡 4 3 1 .417 .417 中安 右安 右二① 投ゴ
3 (5) 武川 4 2 0 .273 .333 三振 三振 中二 右安
4 (7) 内海壮 3 1 1 .300 .364 遊ゴ① 三振 左安
H7 1 0 0 .333 .333 三振
5 (2) 田所 4 2 2 .333 .500 中飛 中二① 右安① 二ゴ
6 (9) 内山 4 1 1 .273 .273 左飛 一飛 右安①
H 大川 1 0 0 .000 .000 左飛
4 山口颯
7 (6) 石黒 1 0 1 .000 .500 投ゴ 死球 中犠① 四球
8 (3) 佐藤拓 2 0 0 .000 .333 死球 一ゴ 一ゴ
H 菅野 0 0 1.00 四球
9 宮原
9 (8) 大沢 4 3 1 .556 .500 右安 中三 中安 二併
30 4 3 .283 .350

 

投手成績

球数 打者 防御率
丸山 3 55 13 2 3 2 0 0.00
宇山 2 31 7 1 4 0 0 7.71
藤森 1 31 7 3 2 1 1 9.00
帯川 1 13 3 0 1 0 0 0.00
山城 1 29 6 0 1 3 0 1.13
8 129 36 6 11 6 2 2.08

 

ベンチ入りメンバー

11 丸山陽太(スポ1=成東) 32 岩間涼星(法2=磐城) 31 品川侑生(文1=三重)
12 宇山翼(人1=日大三) 1 山口颯太(社2=聖隷クリストファー) 37 大川航駿(社2=日大鶴ヶ丘)
13 帯川翔宇(文1=札幌一) 3 武川廉(人2=滋賀学園) 5 瀧倖之介(法2=佐伯鶴城)
17 藤森粋七丞(キャ1=青森山田) 4 桝田洸(営2=池田) 7 大沢翔一郎(法2=上尾)
18 安達壮汰(営2=桐光学園) 9 内海壮太(法2=御殿場西) 28 内山陽斗(文1=天理)
19 山城航太郎(キャ2=福岡大大濠) 23 増田凜之介(社1=春日部共栄) 34 土屋大地(社2=法政二)
2 田所宗大(キャ2=いなべ総合) 24 石黒和弥(法1=高岡商) 39 宮原一綺(文1=常総学院)
20 菅野樹紀(法1=土浦日大) 25 佐藤拓斗(スポ1=山形日大)
22 中岩隼一朗(経1=法政二) 26 浜岡陸(法1=花咲徳栄)

戦評

先日の立大戦に敗れ、ブロックA2位となった法大は、3位決定戦に回ることとなった。その相手は東大。ブロックBの試合ではコールド勝ちを収めるなど、非常に状態がいいチームである。

その初回、先発として起用されたのは丸山陽太(スポ1=成東)。先頭の榎本由伸を遊ゴロに抑えると、続く井之口晃治も左飛に打ち取って2死。そこから四球をだして迎えた4番・工藤雄大の打席。安打になりそうな鋭い角度で上がった打球を二塁の守備に入っている浜岡陸(法1=花咲徳栄)がジャンピングキャッチ。固い守りもあり、無失点で初回を切り抜ける。

すると、いきなり試合が動き出す。今日も先頭打者として起用されている増田凜之介(社1=春日部共栄)が四球を選ぶと、すかさず盗塁を仕掛けて二塁へ。2番の浜岡も二遊間を破りいきなり得点圏へと走者を進める。今日4番に入った内海壮太(法2=御殿場西)の放った遊ゴロの間に増田は本塁を陥れる。今日も先制点を手に入れて試合を進めていく。
「力任せにならないように丁寧に投げました」と話す丸山は、この1点の援護を守り抜く。自身も自身があると語る変化球でアウトを稼いでいく。守りの好プレーもあり、丸山は3回を無失点で抑えた。


初先発ながら大活躍した丸山

さらに点を取って優位に進めたい法大は3回裏、先頭の浜岡がこの日2本目の安打を放つ。前日、山下嵩晴新人監督(法4=法政二)から「塁出たら思い切って盗塁して良いから」と助言をもらっていた浜岡。ここでも盗塁を成功させてこの日2つ目の盗塁を決める。3番に入った武川廉(人2=滋賀学園)、内海壮はともに外角の変化球にバットが泳いで三振となるも、田所宗大(キャ2=いなべ総合)のバットから快音が響いた。右中間を破る二塁打となって追加点を挙げた。

2点リードに変わった4回から法大は継投に入る。宇山翼(人1=日大三)が2番手として登板。前回登板では1回持たずでの降板となったが、この日は2回を投げて4奪三振、無死点と完璧な投球を披露してみせた。

この好投に打者陣はさらに奮起。四球と盗塁で得点圏を演出すると、佐藤拓斗(スポ1=日大山形)の一ゴロの間に三塁まで走者を進める。前の試合で2安打を放った大沢翔一郎(法2=上尾)は今日も好調。逆らわずに左中間へと鋭い打球を放ち、大沢は快速を生かして三塁へ。適時三塁打でさらに1点を加えると、2番の浜岡も今日3本目となる適時二塁打を放って4-0。かなり試合を優位に進める。

今日も大沢が躍動した

これだけでは終わらず、5回裏には中軸打者の勢いが大爆発。長打も含んだ4連打で2点を追加。さらに7番・石黒和弥(法1=高岡商)の犠飛で1点を加えて7-0。一気に試合を決めにかかる。

6回から登板したのは3番手・藤森粋七丞(キャ1=青森山田)。先頭打者の出塁を許すと、2死までこぎつけるも、暴投で1点を失う。走者がいなくなり、切り替えていきたいところだったが、安打と失策が絡んで再び走者は得点圏、二塁へ。後続に安打と四球で2死満塁と大量点の危機を招くも、途中出場の芳野詢は三振に切って最少失点にどどまった。

7回には帯川翔宇(文1=札幌一)が神宮初登板を3人で抑える。2時間を超えて新しい回に入らないという特別規定のあるフレッシュトーナメント。時間的に最終回となる8回には山城航太郎(キャ2=福岡大大濠)が登板。これで3試合すべてに登板することとなった鉄腕は少し制球を乱し、ピンチを招く場面こそあれど無失点で試合を締めくくった。

結果こそ3位に終わったが、積極的な盗塁といった挑戦する姿勢、積極的な攻撃や十二分に自身の持ち味を発揮した投手陣など、収穫が多く見られたこのフレッシュトーナメント。ここでの経験が必ず選手たちにとってプラスになる。その先に見えるのは東京六大学史上最多となる47度目の栄冠だ。


観客に挨拶するナイン。先頭は主将を務めた山口颯太(社2=聖隷クリストファー)

(写真、記事:皆川真輝)

クローズアップ:丸山陽太『丁寧かつ思い切って。神宮初登板初先発の大役を全うする。』

秋のフレッシュトーナメントを締めくくる大事な1戦。その先発投手が重要なのは言うまでもない。その大役を任されたのは丸山陽太(スポ1=成東)だった。丸山は「緊張でいつも通りの感覚とはかなり違っていました」としながらも、「憧れのマウンドだったので、思い切って投げさせてもらいました」とその大役を精一杯全うした。

140㎞台のストレートをプレイボール直後から投げ込むも、3番・内田開智に四球を与えるなど制球が乱れた点を自身も「ストレートが浮いていてストライクカウントを稼ぐことができなかった」と冷静に分析。その後は「どの変化球もコントロールよく投げることができ、空振りを狙うこともできる」と自信をのぞかせる変化球を中心とした配球に切り替える。ピンチを背負う場面もあったが、ここでも得意の変化球が冴えた。2回には間島悠斗、3回には工藤雄大からそれぞれ三振を奪って3回を無失点で抑えて後続にバトンをつないだ。

神宮のマウンドで臆することなく、丁寧にかつ思いっきりよく投げた丸山。この日の経験が必ずリーグ戦に生きてくる。

(皆川真輝)

選手インタビュー

山下嵩晴 新人監督

ーこのフレッシュトーナメントを振り返ってどうだったでしょうか。
2,3年後の活躍が求められる下級生にとって、その素養を築く機会にしてもらいたく取り組んできました。その点から考えると春優勝、秋3位という結果は様々な試合を経験し、学びの多いトーナメントになったかと思います。
今後はこれらの経験をベースに上の舞台で一人でも多く活躍してくれることを願うばかりです。

ー攻撃面では、積極的に盗塁を仕掛ける場面が目立ったように思えます
リーグでは盗塁が試合結果を左右することが多いように感じており、下級生のうちから「走れる自信」をつけて欲しかったので、オープン戦時には「3球以内に走れ」と指示したり、本戦でもほとんど盗塁のサインを出していました。
その結果として、初球から積極的に走れる選手が沢山出てきたことは嬉しく思いますし、何より彼ら自身が「走れる自信」を会得した証拠だと思います。

ーベンチの選手からつなぐことを意識するような声かけも目立っていたように思います
チームが勝つ為に必要なことを極限まで単純化した結果、「ただ点を取れば良い」という事に行き着き、日頃から打線として1点でも多く取れるように各々の役割を果たすよう言い続けてきました。
その先で皆が繋ぐ意識を持ってくれていたのだと思います。

ー投手陣はかなり良い結果が出たように感じます。監督にはどう写りましたか
3試合で計6失点は十分すぎる結果です。特に2戦目の安達壮汰(営2=桐光学園)の力投は完璧でした。2戦目の敗戦はそれまでに攻撃面で成果を出せなかった自分の責任です。
同期に篠木健太郎(営2=木更津総合)や吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)がいる中で、2年後の投手陣がどのような編成を組まれるのかが物凄く楽しみで、今回活躍した安達、山城航太郎(キャ2=福岡大大濠)を中心に一人でも多く上で投げてほしいです。

ーこれから下級生に託したいことは
とにかく「組織」として強くなってほしいということです。その為に必要な経験を今年の1,2年生はできたと思います。今後が期待される下級生ですが、一人も余すことなく組織の力になれれば、必ず優勝が手に届くと思います。
それを果たしてもらえれば、1年間やってきたことが報われると思います。
今後に期待しています。

山口颯太 選手

ー今日の試合を振り返って
まずは試合に勝てたことがよかったです。打てて点数を取れたというのがよかった点であると思います。

ー優勝は無くなった中での試合でした
この試合でこのメンバーでできるのは最後だったので勝ち負けももちろん大事だったんですけど悔いが残らないようにやっていこうというのは試合前に声をかけさせてもらいました。

ーこのフレッシュトーナメント全体を振り返って
優勝出来ず悔しかったという感情に尽きますがこのチームで楽しくできたのでいい経験になりました。私事といたしましては秋のレギュラーメンバーから外れてしまい、悔しい思いをしたのでこれから頑張っていこうと思います。

ーフレッシュトーナメントでの収穫は
神宮で野球をできたという経験はこれからの野球人生にも生きてくると思います。まずは神宮の舞台に立てたということが一つの収穫になりました。

ー反対に課題は
個々の野球のレベルは非常に高いのでその力をいかに大舞台で発揮できるかが課題になってくると思います。

ー来年に向けた意気込み
チームとしては日本一になれるようにやっていき、個人としてはまずはリーグ戦メンバーに入れるように頑張っていきたいです。

丸山陽太 選手

ー今日の登板を振り返って
無失点で抑えられたのがよかったです。

ー初先発でした。どういった調整をされたか
力任せにならないように丁寧に投げました。

ー神宮のマウンドで投げた感覚はどうだったでしょうか
緊張でいつも通りの感覚とはかなり違っていましたが、憧れのマウンドだったので、思い切って投げさせてもらいました。

ー自信の持ち味は
自分は変化球に自信を持っています。どの変化球もコントロールよく投げることができ、空振りを狙うこともできるので、自分でも良いと感じています。

ーその持ち味はどの程度発揮できたか
今日は十分に発揮できました。ストレートが浮いていてストライクカウントを稼ぐことができなかったので、安定している変化球で相手打線を抑えられました。

ー来季に向けて
神宮の雰囲気やマウンドの傾斜や硬さを経験できたので、この経験を活かして、次はよりよいピッチングをしたいです。

浜岡陸 選手

ー今日の試合を振り返って
このフレッシュチームでできる最後の試合で何としてでも勝ちたかったので、とにかく勝てて良かったです。

ー今日は守備にも就かれました
春も秋も全て指名打者での出場で、また違う緊張感を味わう事ができいい経験ができました。起用して頂いた山下監督に本当に感謝しています。

ー打撃の方では3安打を放ちました
昨日良い結果で終われなくて先輩に立教戦での打ち方の悪い所を教えてもらったり、手袋やリストバンドを変えたり、走り込んで気持ちを一転させたり、フレッシュなのでリフレッシュして打ちました。

ー盗塁も2つ記録されました
昨日の試合中に山下監督から、塁出たら思い切って盗塁して良いからと言って頂いたので今日もとにかく思いっきり走りました。

ー来季への意気込み
このような素晴らしい経験を一年時からさせて頂き本当に感謝しています。絶対レギュラーの座を掴んでリーグ戦で活躍します!

試合の写真は、スポーツ法政新聞会の公式インスタグラムに掲載いたします。

関連記事一覧