• HOME
  • 記事
  • 陸上
  • 【陸上競技】第54回東京六大学対校 2年ぶりの六大学対抗戦は見事優勝し8連覇達成!!

【陸上競技】第54回東京六大学対校 2年ぶりの六大学対抗戦は見事優勝し8連覇達成!!

陸上

【陸上競技】第54回東京六大学対校 2年ぶりの六大学対抗戦は見事優勝し8連覇達成!!

第54回東京六大学対校陸上競技大会
2021年4月18日(日)
鴻巣市立陸上競技場

2年ぶりの開催となった東京六大学対校戦。強風が吹き荒れる厳しいコンディションの中、法大の選手たちは安定した強さを見せて8連覇を達成。今後迎える関東インカレへ幸先の良いスタートを切った。

DSC 5032 R
優勝した法大は8連覇を達成した。

試合結果

男子総合成績

順位 大学名 総合得点
1位 法大 148点
2位 早大 135点
3位 慶大 103点
4位 立大 102点
5位 明大 66点
6位 東大 39点

女子総合成績

順位 大学名 総合得点
1位 早大 15点
2位 立大 14点
3位 法大 11点
4位 慶大 4点
5位 明大 5点
6位 東大 0点

種目別結果

種目 選手名(学年) 記録 順位
男子100m予選 林哉太(2) 10秒77(̟+0.7m) 1組3着
山本祐大(経) 10秒66(̟-1.7m) 2組2着
同決勝 林哉太 10秒48(̟+3.1m) 3位
山本祐大 10秒55(̟+3.1m) 4位
男子400m予選 濱野兼多(2) 48秒72 1組3着
地主直央(2) 48秒54 2組4着
男子400m決勝 地主直央 48秒07 3位
濱野兼多 DQ
男子800m決勝 松本純弥(3) 1分52秒30 優勝
宮下朝光(2) 1分53秒20 4位
男子1500m決勝 安澤駿空(1) 3分53秒70 4位
緒方春斗(2) 4分08秒56 10位
男子5000m決勝 宗像 直輝(2) 14分47秒29 6位
川上有生(3) 15分02秒02 9位
男子110mH予選 緒方陽也(3) 14秒39(̟+0.2m) 1組3着
横地大雅(3) 14秒07(̠+0.3m) 2組1着
同決勝 横地大雅 13秒75(+1.0) 優勝
緒方陽也 14秒31(̠+1.0m) 6位
男子400mH予選 伊藤将大(4) 53秒62 1組3着
黒川和樹(2) 52秒41 2組1着
同決勝 黒川和樹 50秒72 優勝
伊藤将大 58秒80 8位
男子3000SC決勝 中園慎太朗(3) 9分07秒20 3位
細迫海気(2) 9分29秒17 6位
男子4×100mR決勝  桑田成仁(4)-林

-山本-松浦謙聖(3)

40秒18 2位
男子4×400mR決勝 澤田夏輝(4)-濱野-

地主-富田大智(2)

3分11秒59 2位
男子円盤投決勝 岩撫健太郎(1) 42m80 優勝
名城勇輝(4) 36m65 3位
男子砲丸投決勝 岩撫健太郎 12m46 優勝
坂井優太(1) 12m22 3位
男子やり投決勝 齊藤一樹(4) 69m54 2位
名城勇輝 46m41 6位
男子棒高跳決勝 石渡雄也(3) 4m50 2位
竹川泰生(3) 4m20 4位
男子走幅跳決勝 日髙修杜(4) 6m98(+1.7m) 3位
秋山裕樹(3) 6m77(+0.8m) 6位
男子走高跳決勝 石渡雄也 DNS
秋山裕樹 DNS
男子三段跳決勝 秋山裕樹 14m86(+0.2m) 3位
植野諒豪 14m54(+2.9m) 6位
女子100m決勝 川中葵琳(2) 11秒97(+3.3m) 優勝
女子400m決勝  樋口夏美(3) 58秒62 2位
女子800決勝  宮治河奈(4) DNS
女子110mH決勝 齋藤碧彩(4) 14秒32(+1.6m) 2位
女子400mH決勝 中野なみち(2) 1分3秒74 3位
女子走幅跳決勝 佐藤菜月(3) 4m84(+0.5m) 4位
女子やり投決勝 藤田真実子(3) 25m13 3位
女子4×100mR 柴田絹子(3)-川中-

熊谷遥未(2)-齋藤

47秒98 2位

戦評

トラック種目
 総合優勝を果たし、8連覇を達成した法大。短距離種目では多くの選手が活躍し、入賞する姿が見られた。特に法大選手の活躍が見られたのがハードル種目だ。110㍍障害では横地大雅(スポ3)が、400㍍障害では黒川和樹(現福2)がそれぞれ優勝。他にも男子の短距離種目では4種目5名の選手が入賞し、得点を大きく伸ばした。また、全カレで2連覇を達成した実力者・松本純弥(経3)も男子800㍍で優勝を果たした。
長距離種目では、中園慎太朗(社3)が3000㍍障害に出場。長身を生かした障害さばきで先頭集団にくらいつき3位に。「長距離としては厳しい結果」と坪田智夫駅伝監督が語るように、長距離種目では苦戦を強いられたが、関カレや箱根に向けてどのようなチーム強化を行っていくのか。今後の活躍が楽しみだ。
女子選手の躍進も多く見られた。女子100㍍では、関カレの入賞経験もある川中葵琳(スポ2)が優勝したほか、400㍍の樋口夏美(スポ4)と100㍍障害の齋藤碧彩(法4)が2位、400㍍障害の中野なみち(スポ2)が3位にそれぞれ入賞を果たした。
男女の4×100mR、男子の4×400mRでは、3種目ともライバルの早大に惜敗し2位に。中盤まではトップを走っていたものの、最後に追い抜かれてしまうというレース展開が見られた。苅部監督は「課題を明確にして、もっと上をめざして行ければ」と今後への期待を語った。

フィールド種目
 跳躍種目においては、日髙修杜(経4)と秋山裕樹(経3)走幅跳に出場。強風にあおられ多くの選手が足合わせに苦戦するなか、日髙が3位入賞した。棒高跳では石渡雄也(スポ3)と竹川泰生(3)の3年生コンビがそれぞれ3位、4位となった。
投擲では岩撫健太郎(1)が存在感を見せた。1年生ながら砲丸投と円盤投で2冠を達成し、今後の成長に期待がかかる。また、やり投では、投擲ブロックの主将を務める齊藤一樹(経4)2位に入賞するなど、投擲種目でも法大の躍進が見られた。

監督・選手コメント

苅部俊二監督

 ―今日の大会を振り返って
まず、風がかなり強くコンディションが難しい大会であったというのが一つあります。また、けが人も多く、十分に力を発揮できなかった選手がかなりいた、という印象です。

―個人種目では多くの選手の活躍が見られました
力のある横地、黒川、松本は学生トップの選手なので、横綱レースというか、力を上手く発揮してくれたと思います。けがをしている選手が多かったということと疲労等を考慮すると、しっかり合わせていない状況の中で、結構頑張ってくれたと感じます。大きい大会の初戦としては、まずまずだったのかなと思います。

―リレー種目については
全て、トップを走っていて最後に早大さんに抜かれてしまう、という形でした。決定力に欠けるといいますか、力が不足しているなという感じですね。ただ、四継については男女ともにミスがありましたし、マイルについても改善の余地はたくさん残されていますので、課題を明確にして、もっと上をめざして行ければと思っています。2位であったのは残念ですが、悲観的な2位というわけではないですね。

―関カレに向けて
関カレに向けて、ここからいくつか試合にも出ていく予定です。良い新人も入ってきているので、その子たちをどういうふうに使っていくか、楽しみだなと思っています。また、黒川、横地、松本あたりが優勝してくれればと思っています。法政大学としてしっかりアピールしていければいいですね。

坪田智夫駅伝監督

―今大会をふり返って
長距離としては良くなかったのかなと思っています。近年は、早大さんや明大さんともある程度勝負できていましたが、勝負に絡んでほしかった選手たちが勝負に絡めておらず、厳しい結果でしたね。

―今後の課題は
現段階では、上級生がチームを引っ張っていくという意識が欠如しているのかなと思います。当然、けがでスタートラインに立つことができない選手も多くいますので、選ばれた選手たちはしっかりと意識を強く持って準備しなければなりません。自分たちがチームを変える、引っ張るという意識を持ってやってほしいなと思います。

―関東インカレに向けて
長距離としては、1点でも多くとっていきたいです。2年前のように大量得点というのはなかなか難しいかもしれませんが、1点でも多く点数をもぎ取って、チームに貢献できればと思っています。それが箱根につながると思いますので、良い流れに手繰り寄せることができるように、結果を出したいと思います。

横地大雅選手(男子110mH優勝)

―優勝という結果をふり返っていかがですか
今回、優勝は確実に押さえなければいけないところだと思っていました。しっかりと勝ちに行って、記録も狙いに行かなければと思っていたので、優勝できたことについて、とりあえずホッとしています。
―今大会の感触は
スタートが課題だったので、この冬の練習でスタートを強化しました。去年と比べてかなり良くなった部分はあったので、自分が得意とする後半に上手くつながったのかなと思います。
―関カレに向けて
今日の記録では、関カレでは全然上位で戦うことはできないと思います。ここから大きな大会がいくつかあるので、しっかりと作り直して、関カレで優勝争いができるようにしたいなと思います。

黒川和樹(男子400mH優勝)

―今日のレースを振り返っていかがですか
優勝できたのはうれしかったですが、タイムがあまり良くなかったのでそこに関しては良くなかったです。

―タイムが良くなかったのはグラウンドコンディションが影響していたのでしょうか
コンディションが悪かったのもありますが、自分の動きも悪かったです。

―走る前の調子は
走る前は結構良かったんですけど、走っている最中で少しミスが多くて、それが後半の垂れにつながったかなと思います。

―ミスというのは
6台目に逆足を使うんですけど、逆足がちょっと浮いてしまってそこから7台目につなげる動きが少し力んでしまいました。
―今後の目標は
48秒90のオリンピック標準を切って日本選手権で3番以内に入ってオリンピックに出るというのが一番の目標です。

川中葵琳(女子100m優勝)

-優勝された今のお気持ちをお願いします

うれしいですね。良かったです、安心しました。

-走る前の調子はいかがでしたか
先週くらいまでは調子は良かったんですけど、ここ最近で授業が始まってそれで疲れてしまったことあって不安でした。
-今日の走りで良かった点は
追い風がすごく強かったんですけど、中盤の走りで乗れたのが良かったかなと思います。
-今後の目標は
昨年関カレで入賞したので今年も入賞できるように頑張りたいのと全カレの標準を切れるようにしたいです。

松本純弥(男子800m優勝)

―優勝の気持ちは
優勝はしたんですけど、内容はあまりよくなかったので次回へ向けて修正したいです。
―コンディションは
アキレス腱のけがで4か月くらいしっかり練習できていなかったので調子は悪かったです。
―その中でも勝ち切れたのは自信になった
そうですね。ただ六大は前回も1位を獲っていますし、勝てたということは良かったですけど内容は良くなかったです。
―今後へ向けて
けがをかばった動きが染みついていて、良い動きができていないのでそこを修正したいと思います。

岩撫健太郎(男子円盤投・砲丸投優勝)

左から岩撫選手、黒川選手、横地選手
―今大会をふり返っていかがですか
優勝したというよりも関カレ標準記録を切ることを目標にしていたので、そこを切ることができてすごく嬉しく思います。
―コンディションは
1週間くらい前までは練習でも思ったように投げられなかったんですけど、一昨日の調整の投げからだんだん調子を取り戻していました。昨日の法大記録会では納得いくようにできたので今日に上手くつなげられたと思います。
―関東インカレへ向けて
1年でたくさん調整してきたと思うんですけど、自分の実力では入賞は厳しいですがしっかり関東の強い選手達の雰囲気を味わってきたいです。そして、来年、再来年へ向けてつなげられるような大会にしていきたいと思っています。

 

&nb

関連記事一覧