• HOME
  • 記事
  • 卓球
  • 【卓球】2021年度秋季関東学生リーグ戦 1部 対早大、日体大、筑波大 手塚の活躍が光り、今季初勝利&2連勝を飾った!

【卓球】2021年度秋季関東学生リーグ戦 1部 対早大、日体大、筑波大 手塚の活躍が光り、今季初勝利&2連勝を飾った!

【卓球】2021年度秋季関東学生リーグ戦 1部 対早大、日体大、筑波大 手塚の活躍が光り、今季初勝利&2連勝を飾った!

2021年度秋季関東学生リーグ戦 対早大、日体大、筑波大
2021年12月6日(月)、7日(火)
所沢市民体育館

2年ぶりの関東学生リーグ戦(リーグ戦)が1、2部の入れ替えなどは行われないオープン開催という形式で開幕した。早大と対戦した法大は手塚が白星を挙げるも、1-4で敗戦。翌日には日体大、筑波大と対戦。日体大戦では堀が初白星を挙げ、流れを作ると4-1で今季初勝利。続く筑波大戦は4時間近い激闘を繰り広げたが、最後は加藤が勝ち切り4-3で勝利を収め、2連勝を飾った。

苦戦していたダブルスで白星を挙げた手塚・加藤ペア

試合結果

早大戦

1

法政大学

1 シングルス 3 4

早稲田大学

0 ダブルス 1

勝敗 選手名 スコア 対戦相手
1 蘇健恒(デザ工2) 0-3(9-11、7-11、8-11) 川上尚也
2 手塚元彌(営3) 3-1(11-6、11-7、13-15、11-8) 柏竹琉
3 天野宏哉(国3) 0-3(7-11、11-7、6-11、10-12) 荒井和也
4 手塚・加藤健太(国2) 1-3(11-13、11-9、6-11、9-11) 岩永宜久・柏
5 堀千馬(営2) 2-3(11-7、11-9、8-11、8-11、8-11) 杉本和也
6 内田柊平(営1) 松本累
7 加藤 岩永


日体大戦

4

法政大学

3 シングルス 1 1

日本体育大学

1 ダブルス 0

勝敗 選手名 スコア 対戦相手
1 内田 2-3(6-11、5-11、11-6、11-4、7-11) 芦澤慶音
2 3-1(12-10、11-8、10-12、11-6) 泊航太
3 3-0(11-6、11-8、12-10) 永田佳大
4 手塚・加藤 3-2(5-11、8-11、11-9、11-6、11-7) 平林大青・芦澤
5 手塚 3-2(5-11、11-7、11-8、19-21、11-6) 平林
6 天野 窪龍司
7 加藤 河合優駿

筑波大戦

4

法政大学

3 シングルス 3 3

筑波大学

1 ダブルス 0

勝敗 選手名 スコア 対戦相手
1 2-3(11-5、11-7、4-11、8-11、6-11) 竹内佑
2 米田悠(法2) 1-3(11-2、8-11、7-11、3-11) 大関勇太朗
3 3-1(11-6、9-11、11-8、12-10) 幾石光
4 手塚・加藤 3-2(7-11、7-11、11-9、13-11、12-10) 竹内・佐藤祐人
5 手塚 3-0(11-8、11-3、11-6) 佐藤
6 天野 1-3(7-11、11-9、7-11、9-11) 齋藤玲
7 加藤 3-2(11-9、10-12、6-11、11-9、11-9) 松本光史

 

戦評

早大戦

リーグ戦ここまで2連敗としている法大。第3戦の相手は同じく今季リーグ戦でまだ勝利の無い早大。
1番手の蘇健恒(デザ工2)は、2019年全日本大学選手権シングルスベスト8の実績を持つ川上尚也と対戦。序盤から川上の早い仕掛けへの対応に苦しみ、なかなか自分のペースに持ち込みことが出来ず2セットを連取される。3セット目は連続して得点を取り、流れをつかみかけるも、自身のミスが響きストレートでの敗戦となった。続く2番手の手塚元彌(営3)は、序盤から相手との激しい攻防の中2セットを連取。3セット目はマッチポイントまで持ち込むもあと1点が遠く、デュースにもつれ込み13-15でこのセットを落としてしまう。しかし、相手に傾きかけた流れを離さず4セット目を奪い返し今日最初の白星を収めた。


単複で活躍を見せる手塚

3番手には3年生の天野宏哉(国3)が登場。互いに一歩も引かない展開の中、セットカウント1-2で迎えた4セット目。順調に得点を重ね一時は5点のリードを築くも終盤、相手に得点を詰められデュースとなり、最後は10-12で惜しくも敗戦となった。1勝2敗で迎えたダブルス。今回のペアは2番手で勝利を収めた手塚と2年の加藤健太(国2)。序盤から相手のボールさばきに翻弄されるも必死に食らいつき、2セット目を奪取。続く3・4セット目も勢いづけたかったが、返球に苦しみ惜敗。チームが追い込まれた中、4番手として現れたのは2年の堀千馬(営2)。1・2セット目は上手く自分のペースに持ち込み奪いとるが、相手も調子を上げ始め後半から一進一退の攻防が続いた。相手からの難しい返球を何度も打ち返すがあと一歩攻めきれず、立て続けに3セットを奪い返され、勝利とはならなかった。 (石井那音斗、川口綜一朗)

 

日体大戦

前日の早大戦で勝利を逃し、迎えた日体大戦。1番手の内田が惜しくも敗れたが、2番手で登場した堀が躍動。積極的に攻めて流れをつかみ、2セットを先取する。3セット目はデュースの末、落としてしまうが、相手に流れを渡さず、セットカウント3-1でチームに1勝目をもたらした。


初勝利を挙げた堀

流れに乗った法大は3番手の蘇がストレート勝ち。続くダブルスも序盤は相手ペアの勢いに押されていたが、接戦となった第3セットでは要所で得点を奪い、11-9でこのセットをものにする。その後も互いに1点ずつ取り合う展開となったが、勝ち切り逆転勝利。敗戦の続いていたダブルスが、ついに今季初白星を挙げた。勝利に王手をかけて迎えた一戦には、今季シングルスで全勝中の手塚が登場。セットカウント2-1とリードして迎えた4セット目は、互いにマッチポイントを握るも決めきれず、気づけば19-19に。ここで決めたかったが、最後は相手に2連続得点を許しこのセットを取られてしまう。しかし、集中を切らすことなく第5セットも戦い続け、セットカウント3-2で勝利。4勝1敗で日体大を下し、今季初勝利をつかみ取った。 (齋藤彩名)

 

筑波大戦

日体大戦で今季初勝利を挙げ、良い流れを続けたいと皆が願う中、次のカードは対筑波大。
最初に登場したのは蘇。試合開始から蘇のフォアハンドが冴え渡り、連続で2セットを先取する。しかし、3セット目から対戦相手の竹内が正確なラリーを続け、相手のペースに飲まれてしまい、セットカウント2-3で1試合目が終了した。次に登場したのはリーグ戦初出場の米田悠(法2)。危なげなく1セット目を取ったものの、2セット目から大関勇太朗のカウンターが確実に決まるようになり、ペースを握られてしまう。大関に対して米田は攻め続けたが、セットカウント1-3で2試合目を終えた。
筑波大に先に2勝を取られ、流れを変えたい状況の中で登場したのは日体大戦でも活躍を見せた堀。1セット目から果敢に攻め続け、スピードの速いラリー戦を制し、1セット目を取った。その後2セット目は相手のカウンターが冴え、惜しくも落としてしまう。しかし3セット目以降は落ち着いて点数を重ね、セットカウント3-1でチームに1勝をもたらした。日体大戦で今季初勝利をあげた手塚・加藤ペアはミスが目立ち、相手に2セットを取られてしまう。しかし3セット目以降は粘りの戦いを見せ、セットカウント3-2でチーム2勝目をあげた。
再びチームの流れを変えたい状況で登場したのは、今大会最も勢いのある手塚。終始激しい打ち合いとなったが、常に攻撃姿勢を崩さず、セットカウント3-0と安定感のある試合を見せた。次に登場したのは主将の天野。キレのあるスマッシュを打つも相手の素早い対応が目立ち、1セット目を落としてしまう。2セット目は相手のミスを誘い、カウント11-9でセットを取り返した。しかし、3セット目以降は再び相手のペースに飲み込まれてしまい、セットカウント1-3で試合を終えた。
勝負の行方が委ねられたのは、2年生の加藤。相手の松本光史は鋭い球を撃打ち続けたが、加藤のカウンターが冴え渡った。大事な局面で確実に決め、5セット目まで試合を運んだ。そして迎えた最終セット。互いに点数を取り合い、会場の緊張感が最高潮に高まっていた。しかし、加藤の落ち着いたプレーにより、最終セットも加藤に軍配が上がった。


チームを勝利に導いた加藤

日体大戦からいい流れを崩さず、4勝3敗で今季2勝目を飾った。
残るはあと1戦。勝利を手中に納め、リーグ戦を終えられるか。最終戦にも期待したい。(芦川有)

 

 

関連記事一覧