• HOME
  • 記事
  • 硬式野球
  • 【硬式野球】東京六大学野球2022秋季リーグ戦 第5週 慶大2回戦 左右の2年生コンビで執念の逃げ切り!打線も繋がり連敗ストップ!

【硬式野球】東京六大学野球2022秋季リーグ戦 第5週 慶大2回戦 左右の2年生コンビで執念の逃げ切り!打線も繋がり連敗ストップ!

東京六大学野球2022秋季リーグ戦 第5週 慶大2回戦
2022年10月9日(日)
神宮球場

連敗ストップへ向けて篠木健太郎(営2=木更津総合)がマウンドに上がる。篠木は序盤から落ち着いた投球で的を絞らせない。その好投に打線が応え、山根滉太(文3=小松大谷)らの適時打で3点を奪う。その後、1点差とされるも吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)がピンチを切り抜け、今季2勝目をあげた。


左右の二枚で白星をもぎ取った

試合結果

トータル試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 7 0
法 大 0 0 0 0 2 0 1 0 × 3 8 0

(慶大)●外丸、渡部淳、橋本達ー宮崎
(法大)○篠木、吉鶴—村上
[本塁打] なし

打撃成績

打順 位置 選手 打率 出塁率 1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 (8)7 西村 4 1 1 .333 .333 右飛 遊ゴ 右二 二ゴ 遊飛
7 木下
2 (7) 中津 3 0 0 .103 .161 三振 三振 三振 左飛
H 高原 1 1 1 .333 .333 中安①
8 宮﨑 .152 .235
3 (4) 齊藤大 3 0 0 .207 .378 右飛 一飛 死球 二直
4 (6) 今泉 3 0 0 .219 .324 遊ゴ 捕邪 三振 四球
5 (9) 3 1 0 .212 .235 三振 二ゴ 中安 投犠
6 (2) 村上 2 1 0 .167 .375 左二 四球 四球 三振
7 (3) 山根 4 2 1 .292 .320 中安 左二① 投併 二ゴ
3 松田 .167 .286
8 (5) 海﨑 3 2 0 .318 .385 中飛 右安 中安
9 (1) 篠木 2 0 0 .200 .200 三振 三振 投犠
1 吉鶴 .000 .000
28 8 3 .199 .272

 

投手成績

球数 打者 防御率
篠木 7 0/3 105 28 5 5 5 2 4.50
吉鶴 2 47 9 2 2 2 0 1.86
9 152 37 7 7 7 2 4.71

 

ベンチ入りメンバー

10 齊藤大輝(人4=横浜) 22 是澤涼輔(現4=健大高崎) 1 野尻幸輝(営4=木更津総合)
12 一栁大地(人3=星槎国際湘南) 3 内海貴斗(人3=横浜) 8 宮﨑秀太(営4=天理)
13 塙雄裕(法3=常総学院) 5 松田憲之朗(キャ4=龍谷大平安) 33 西村友哉(法2=中京大中京)
16 尾﨑完太(キャ3=滋賀学園) 6 海﨑雄太(文4=埼玉栄) 34 平原大靖(文4=石見智翠館)
17 武冨陸(営3=日大藤沢) 7 今泉颯太(法3=中京大中京) 37 木下将吾(文4=静岡)
18 篠木健太郎(営2=木更津総合) 9 浦和博(キャ3=鳴門) 38 福岡大真(法3=筑陽学園)
21 吉鶴翔瑛(営2=木更津総合) 24 高原侑希(法3=福井工大福井) 39 伊藤勝仁(文3=常葉菊川)
2 大柿廉太郎(法4=健大高崎) 25 山根滉太(文3=小松大谷)
19 村上喬一朗(法4=東福岡) 31 鈴木大照(文3=明徳義塾)

戦評

昨日の試合で完封負けを喫し、悔しい敗戦が続いている法大。篠木健太郎(営2=木更津総合)をマウンドに送り、嫌な流れを断ち切りたい。

前回登板の明大戦では試合を作れなかったが、今日の篠木は、立ち上がりから球が走っていた。3回まで慶大の強力打線を被安打0に抑える。先制点が欲しい法大だが、今日も得点を奪えず、序盤は均衡状態が続く。5回表1死一、二塁とピンチを迎え、9番・外丸東眞の犠打で投手の前に転がった打球を、篠木が素早く三塁へ送球し、三塁の海﨑雄太(文4=埼玉栄)も一塁へ送球し、併殺打を完成させ、ピンチを自らのフィールディングで防いだ。


新たなフォームを武器に凡打の山を築いた

5回裏。1死から6番・村上喬一朗(法4=東福岡)が今季初安打となる二塁打を放つと、7番・山根滉太(文3=小松大谷)の適時二塁打での得点を奪う。さらに海﨑が安打で続くと、2死一、三塁から今季初の1番に座った西村友哉(法2=中京大中京)にも適時二塁打が生まれ、2点を先制する。


2点目の適時打を放った西村

さらに7回裏。先頭の海﨑が出塁すると三塁に進み、代打高原侑希(法3=福井工大福井)の適時打で貴重な3点目が入った。高原はリーグ戦初打点となった。

3点リードで迎えた8回。ここまで無失点に抑えていた篠木だったが、四球を挟み3連打を浴び、2点を返され、なおも無死一、三塁の状況でマウンドを2番手の吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)に譲る。その後2死満塁となり、5番・山本晃大の打席中、三塁走者が本盗を狙うも、冷静に三塁走者を本塁で刺し、このピンチを切り抜ける。


8回のピンチも脱した

1点差で迎えた9回表。昨季3試合連続のサヨナラ試合と熱戦を演じた両校が、このまま終わるはずはなかった。1死から安打と四球で満塁のピンチを招く。しかし代打の小川尚人は三振で2死。続く1番・朝日晴人は2ストライク3ボールの7球目、真ん中付近のボールを叩いた当たりは吉鶴のグラブの中へ。なんとか切り抜け勝利を飾った。

約3週間ぶりの白星で連敗ストップ。篠木のゲームメイク、吉鶴の火消しが目立ったゲームだった。3回戦でも勝利を収め、今季初の勝ち点を奪いたい。

(記事:脇野剛 写真:伊藤朱音)

クローズアップ:篠木健太郎『勝利を呼び込む魂の力投!心強い仲間とともに躍動!』

「自分の投球で、負けてしまい申し訳ないです」。今季初めて先発としてマウンドに上がるも5回5失点となった先週の明大2回戦後、篠木健太郎(営2=木更津総合)はそう語った。その後中1日で立大3回戦に5番手として登板するも、1回を投げて4失点。不本意な投球が続いた。

 「チームが厳しい状況の中で、少しでもチームを良い方向に導ける存在になりたいと思って投げました」と今季2度目となる先発のマウンドに上がった。その篠木は「出るタイミングに迷っていたので、左膝を伸ばすのをやめようと思いました」とフォームを見直して挑んだ。その成果は序盤から表れた。立ち上がりから順調にアウトを積み上げていく。3回まで許した走者は四球による一人のみ、安打は1本も許さないという圧巻の投球だった。4回に2死から初めて安打を許すも後続は切って取る。

続く5回、1死一、二塁のピンチを招く。打席に迎えた9番・外丸東眞を2-0と追い込んでからの3球目も犠打を試みた外丸。ここで篠木のフィールディングが光った。素早くマウンドから降りて打球をつかむと、すぐさま三塁へ送球。二塁走者を封殺すると、そのまま一塁へ転送して打者走者もアウトに。併殺という最高の結果に篠木からは渾身のガッツボーズが飛び出した。

この直後に2点の大きな援護を得ると、6回、7回は四球こそ出すも、無失点で切り抜ける。打線はさらに1点を加え、3点リードとなって完封も見えてきた8回、先頭の宮尾将に四球を与える。続く宮崎恭輔にしぶとく三遊間を破られると、9番のところで告げられた代打・北村謙介にちょうど100球目のスライダーを捉えられ、右翼線際に打球が落ちた。これで点差は2点に。1番の朝日晴人にも適時打を打たれると、加藤重雄監督が一塁側ダグアウトから出てきて降板を告げられた。

篠木をリリーフするのは高校時代からの同僚、吉鶴翔瑛(営2=木更津総合)。「頼むわ」と言葉を交わして後を託した。なおも続くピンチにも「厳しい場面で渡すことになってしまいましたが、翔瑛なら大丈夫だと思っていました」、最終回のピンチにも「翔瑛なら抑えられると思って見ていました」と吉鶴の存在が心強いのは間違いない。

心強い仲間とともに、これからも法大に勝利をもたらす投球を披露していく。

(皆川真輝)

選手インタビュー

齊藤大輝 主将

ー試合を振り返って
今日はすごく全員野球ができた試合でした!先制点もしっかりとれて、いい流れで試合運びできたと思います!

ー強力な慶大打線相手に1点差を競り勝ったことについては
投手陣が良く粘ってくれたと思います。

ーメンバーの入れ替えもありましたが、チーム全体として昨日と狙いを変えた点などはありますか
1勝に全員で向かっていったと思います。

ー終盤は雨の中での試合になりましたが、守備において意識していたことは
暗さもあったので、焦らずいつも通りプレーすることを心がけました。

ー第3戦に向けて意気込みをお願いします
明日も全員野球で泥臭く勝ちます。

村上喬一朗 選手

ー今日の試合を振り返って
今までで一番記憶に残る試合となりました。

ー久しぶりのスタメンマスクとなりました。どのような気持ちで試合に臨みましたか
今までの全てをかけるつもりで試合に挑みました。

ー今季初安打含む3出塁でした。打席で意識したことは
監督と毎日練習してきたので、その日々を信じて打席に立ちました。

ー篠木投手、吉鶴投手をリードする上で心掛けたことは
彼らの良い球を見極めて配球しようと思いました。

ー明日への意気込みをお願いします
必ず勝ち点を取って、笑って終えられるよう頑張ります!

山根滉太 選手

ー強敵慶大に大きな勝利。今日の試合振り返って
今日は全員野球でやることができてよかったです。良い流れで勝つことが良かったです。

ー5回には適時二塁打。打席で意識したことなどは
なんとか先取点を取ろうと必死で食らいついた結果です。

ー2安打1打点。山根選手自身を振り返って
しっかり振って行った結果がこのような結果になったので、明日もしっかり振っていこうと思いました。

ーチームの雰囲気はいかがでしょうか
とても良かったです。

ー明日慶大3回戦へ意気込みをお願いします!
なんとか明日勝って勝ち点取れるように頑張ります。

高原侑希 選手

ー今日の試合を振り返って
絶対に負けれない試合でした。どんなに負けていても必死で応援してくれる応援団やファンの皆さんと一緒に久しぶりの勝ちを喜べてよかったです!

ーチャンスの場面での代打でした。打席で意識したことは
どうしても1点がほしかった場面なのでどうにかバットに当ててヒットゾーンに飛ばそうと思いました。

ー技ありのセンター返しを放ちました。そのときの心境はいかがでしたか
最高でした!

ー次の試合に向けて意気込みお願いします
明日も厳しい試合になると思いますが、必ず勝ち点を取って、みんなで喜びたいです!

篠木健太郎 選手

ー今日の試合を振り返って
勝つのが簡単じゃないのは感じましたが、勝って明日につなげることが出来て良かったです。

ー今日の登板にあたり、意識したことは
チームが厳しい状況の中で、少しでもチームを良い方向に導ける存在になりたいと思って投げました。

ー投球時の足の使い方に変化があるように見えました。どのような狙いがありましたか
出るタイミングに迷っていたので、左膝を伸ばすのをやめようと思いました。

ー降板時に吉鶴投手と話されたことは
厳しい場面で渡すことになってしまいましたが、翔瑛なら大丈夫だと思っていましたし、「頼むわ」と話しました。

ー最終回、どんな心境で見守っていましたか
翔瑛なら抑えられると思って見ていました。

ー次戦に向けての意気込みをお願いします
勝ち点取れるように頑張ります!

吉鶴翔瑛 選手

ー今日の試合を振り返って
簡単には勝たせてくれないのを改めて感じた試合でした。

ーピンチの場面での登板でした。どんなことを意識してマウンドに上がりましたか
健太郎がここまで試合を作ってくれたので、簡単に点はやらせない気持ちでマウンドに上がりました。

ー最終回、粘る慶大を振り切っての勝利となりました
春も3試合連続サヨナラと、簡単に勝たせてくれないのが慶応さんだったのでとりあえず1勝できたことにほっとしてます。

ー最後の打球は、ご自身のところに飛んできました
思ったように足が動かなくて取れるか心配でした。

ー次戦に向けての意気込みをお願いします
次も『一心』で野球を楽しみ、勝ち点をとります。

試合の写真は、スポーツ法政新聞会の公式インスタグラムに掲載いたします。

関連記事一覧