• HOME
  • 記事
  • ハンド
  • 【ハンド】2022年度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 第1戦 対早稲田大学 終盤追い上げるも、あと一点届かず。リーグ開幕戦を勝利で飾ることはできなかった

【ハンド】2022年度関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 第1戦 対早稲田大学 終盤追い上げるも、あと一点届かず。リーグ開幕戦を勝利で飾ることはできなかった

ハンドボール

2022年8月27日(土)
中央大学多摩キャンパス

秋季リーグが開幕し、初戦は早稲田大学と対戦した。序盤は拮抗した展開だったが、徐々に点差が開き始め13-18で前半を折り返す。後半も互いに点を取り合う状況が続いたが、終盤に攻め込み点差を縮めていく。しかしあと1点届かず31-32で惜しくも敗戦となった。

リーグ初戦に挑む選手たち

試合結果

トータル試合結果

31
法政大学
13

18

前半

後半

18

14

32
早稲田大学

試合後順位表

順位 大学名 勝-分-負 得点 失点 得失点 勝ち点
1位 日本体育大学 1-0-0 34 24 10 2
2位 中央大学 1-0-0 31 22 9 2
3位 筑波大学 1-0-0 24 22 2 2
4位 早稲田大学 1-0-0 32 31 1 2
5位 国士舘大学 1-0-0 21 20 1 2
6位 法政大学 0-0-1 31 32 -1 0
7位 立教大学 0-0-1 20 21 -1 0
8位 日本大学 0-0-1 22 24 -2 0
9位 東海大学 0-0-1 22 31 -9 0
10位 明治大学 0-0-1 24 34 -10 0

 秋季リーグ戦結果

日付 対戦校 結果 会場
1 8月27日(土) 早稲田大学 ●31-32 中大多摩
2    28日(日) 中央大学 中大多摩
3      9月3日(土) 筑波大学 国士大多摩
4      4日(日) 立教大学 国士大多摩
5   11日(日) 国士舘大学 明大和泉
6       17日(土) 日本体育大学 日大八幡山
7     18日(日) 東海大学 日大八幡山
8     25日(日) 日本大学 国士大多摩
9     10月2日(日) 明治大学 国士大多摩

戦評

秋季リーグ戦が開幕。大事な初戦の相手は早大だった。試合開始早々に石田季里(経3)がシュートを決め1点目を取ったが、相手も負けじと得点を重ねていき一進一退の攻防に。法大は果敢に攻めていくがミスも多く、思うように得点を奪うことができない中で、課題であったディフェンスが上手くいかず失点を重ねてしまう。9-9の同点から5連続失点を許し、流れは早大へ。その後も流れは変わらず13-18で前半を終えた。

今季チーム初得点を決めた石田季里

5点ビハインドで始まった後半。序盤は変わらず早大ペースで試合が進み、一時は7点差まで点差を広げられたが、前半の課題を修正し、ディフェンスを立て直したことで試合は再び拮抗状態に。渡邊桂也(経2)や石田が得点を決め、じわじわと点差を詰めていき24-28で残り8分を迎える。その後も着実に差を縮め2点差まで詰め寄るが、2連続失点を許し再び差を広げられてしまう。しかし、選手たちはあきらめていなかった。石田、加藤怜央(現4)のゴールで得点を奪取。その後1点返されるも、渡邊の2連続得点でついに1点差となるが追い上げもここまで。試合終了の時間となり、勝利まであと一歩届かず。リーグ初戦は黒星スタートとなった。

渡邊桂也は多彩な攻撃を見せた

(写真・記事:齋藤彩名)

選手インタビュー

高木アレキサンダー 主将

―今日の試合を振り返って
戻りのディフェンスが課題で、前半はそこでやられてしまった場面が多かったです。負けてしまいましたが、後半ディフェンスなどを修正していい形に持っていくことができたのは良かったです。明日は前半からアグレッシブなディフェンスを意識してやれば、結果も出てくるのかなと思います。

―リーグ戦に向けてはどのようなことを意識して練習していましたか
得点源の一人が国体で熊本に帰っていて4年生もけがなどで一人いない状況ですが、ディフェンスや走り負けないことが課題なのでそこを意識して練習していました。

―早稲田大の戦い方で春季リーグから変わった点は
早稲田はディフェンスで勝つチームで、彼(渡邊桂也選手)が早稲田得意でわりと(シュートが)決まるので、相性は悪くないんですけど、今日に関してはミスが多くて、相手が春から強くなったというよりは自分たちのミスで負けてしまいました。

―今季の目標は
ベスト4あたりを目標にしていますが、順位は気にしすぎずインカレにつながるようにやっています。

―明日以降の試合に向けての意気込みをお願いします
初戦負けてしまいましたが、もう一度みんなで話し合って頑張っていきたいと思います。

 

渡邊桂也 選手

―今日の試合を振り返って
課題が戻りのディフェンスだったんですけど、案の定それでやられてしまいました。

―課題のディフェンスに対して取り組んだことは
ディフェンスの隊長を変えたりして、練習を結構したんですけど、コロナや国体で人数がいない状況で上手くいかなかったです。

―リーグ戦に向けてのチームの状態は
あまり良いとは言えないです。前回のリーグは右肩下がりだったので、今回は右肩上がりでいけるといいなと思います。

―今日のご自身のプレーで良かった点は
今日はあまり調子が良くなくて、ノーマークのシュートもキーパーに当ててしまいました。パスミスも多かったので、良いプレーはあまりなくて課題の方が多いです。

―明日以降に向けての意気込みをお願いします
明日もメンバーはおそらく同じですが相手が今日より強くて、春はたまたま勝った感じでした。前回のメンバーがこっちにはいないこともあり、中大は勝てるぞという気持ちで来ると思うので、後半残り10分までに良い勝負に持っていって春リーグのような展開にできればベストかなと思います。

 

関連記事一覧