• HOME
  • 記事
  • 水泳
  • 【水泳】第98回 日本学生選手権 最終日 山尾『法政のエース』の背中見せられず悔し涙。「来年は必ず個人で2冠」と決意を誓う。/対抗戦は男子が10位、女子が11位で幕を閉じる

【水泳】第98回 日本学生選手権 最終日 山尾『法政のエース』の背中見せられず悔し涙。「来年は必ず個人で2冠」と決意を誓う。/対抗戦は男子が10位、女子が11位で幕を閉じる

第98回日本学生選手権
2022年8月28日(日)〜31日(水)
東京辰巳国際水泳場

最終日は男子200m平泳ぎで山尾隼人(経3)がメダル獲得を目指すも8位に終わり、悔し涙を流した。リレー種目では男女ともにA決勝に進出できず、得点を稼ぐことができなかった。学校対抗は男子が総合10位、女子が11位でともにシード権を逃す結果になった。

【水泳】第98回 日本学生選手権 1日目 鈴木菜々花・女子主将が直前のアクシデントを乗り越え、チームの先陣を切る!!

【水泳】第98回 日本学生選手権 2日目 関口真穂 意地の泳ぎで2年連続の表彰台に上る!!/1年生の荻野倖太朗は200Mバタフライで自己新入賞!!

【水泳】第98回 日本学生選手権 3日目 副主将・石原諒太郎が仲間の声援に応える力泳!!最終日に僅差の得点争いを制すことはできるか

最後までチーム一丸となって戦った。

大会結果

予選結果(女子)

種目 順位 選手名 タイム 備考
100m自由形 43位 鈴木菜々花(経4) 59秒71
35位 松浦麻里亜(経3) 59秒05
42位 水上夏鈴(経1) 59秒60
100m背泳ぎ 11位 関口真穂(スポ4) 1分02秒93 B決勝へ
9位 石田瑠海(スポ2) 1分02秒82 B決勝へ
400m個人メドレー 19位 田中瑞姫(現4) 4分59秒10
8位 庄司朋世(スポ3) 4分51秒14 決勝へ
200m平泳ぎ 12位 齊藤涼夏(社4) 2分31秒30 B決勝へ
46位 猪狩彩奈(経1) 2分37秒97
38位 川縁茜(現1) 2分36秒66
800mフリーリレー 11位 中島-松野-庄司-田中 8分18秒24 B決勝へ

予選結果(男子)

種目 順位 選手名 タイム 備考
100m自由形 24位 佐々木駿(経3) 50秒90
36位 三浦颯太(社2) 51秒27 自己新
44位 竹鼻涼太(スポ1) 51秒70
100m背泳ぎ 31位 由良柾貴(社3) 57秒25
200m平泳ぎ 7位 山尾隼人(経3) 2分12秒03 決勝へ
30位 阿部晃也(経1) 2分15秒11
66位 渡邊凌(社1) 2分21秒40
400m個人メドレー 35位 佐藤颯(経4) 4分35秒56
28位 市川薫(経2) 4分31秒46
13位 神偉雄 (経2) 4分25秒09 B決勝へ
800mフリーリレー 13位 西田-三浦-佐々木-石原 7分30秒85 B決勝へ

決勝結果(女子)

種目 選手名 タイム 備考
800m自由形 決勝 5位 中島千咲代(現3) 8分49秒99
400m個人メドレー 決勝 7位 庄司朋世 4分51秒53
100m背泳ぎ B決勝 2位 石田瑠海 1分02秒69
4位 関口真穂 1分03秒41
800mフリーリレー B決勝 3位 中島-松野-庄司-田中 8分17秒84

決勝結果(男子)

種目 順位 選手名 タイム 備考
400m個人メドレー B決勝 7位 神偉雄 4分25秒72
100m平泳ぎ 決勝 8位 山尾隼人 2分12秒38
800mフリーリレー B決勝 3位 西田-三浦-佐々木-石橋 7分29秒39

Close Up

山尾隼人

リベンジの夏にするはずだった。平泳ぎ2種目で表彰台を目指していた山尾は、これまでのインカレの中で最も厳しい結果に終わった。最終日の200m平泳ぎのレース後、「自分は結果を出してチームを引っ張っていかなくてはいけない立場なのにそれができなくて本当に悔しい」と涙を流した。

「法政のエースとして頑張れ」ー。大会前、前年度主将でチームの大黒柱だった宮本一平さんの思いを引き継いだ。1年時、個人2種目で入賞を果たしたものの、昨年は200m平泳ぎで予選敗退。男子チームもシード権を逃し、チームの誰よりも責任を感じていた。

関東インカレ後に新型コロナに感染し、10日間程練習から遠ざかったが、「それを言い訳にせず、精一杯頑張りたい」という思いだった。しかし練習不足は否めず、100mは決勝進出者を決めるスイムオフの末に敗戦。200mは決勝にこそ進出したものの、自己ベストから大きく遅れて最下位。雪辱を果たすことはできなかった。

直前のアクシデントの中でよくやったという慰めもあるだろうが、きっとエースには通用しない。1年後は「必ず個人で2冠をして、リレーでも活躍して、チームとしてもシード権を獲得したい」。自らを鼓舞する言葉を口にし、大学ラストシーズンが幕を開けた。

小野吏久人

プールから上がった小野は、スタンドの仲間からの労いに応えた。「ラスト50mでこれまでお世話になってきた方々の顔が浮かんできて、最後のタッチまで自分の100%の力を出し切ることができた」。大会2日目の400m自由形が0歳から始まった水泳人生の最後のレースだった。

主将に就任当初、個人2種目と800mフリーリレーでA決勝進出を目標に掲げたが、崩していた調子が戻らず、出場は400m自由形の1種目になった。結果は4分04秒36で予選敗退と、8位入賞を果たした大学2年時のジャパンオープンのような強さを発揮することはできなかったが、「とても清々しい思いで一杯だった」と振り返った。

個人種目を終えてからは、チームメイトの応援やサポートに徹した。3日目を終えた時点で、対抗戦は男子が総合10位、女子が11位。シード権獲得を目指した最終日が始まる前、「チーム一丸となって、支え合って戦おう」。手本として行動し、最後までチームを引っ張り続けた。

最終的に男子が総合10位、女子が11位で幕引き。男子は2年連続でシード落ちを喫し、悔しさを晴らせなかった。それでも、「最後の8継までチームが一丸となって応援している姿や選手たちが懸命にタイムを上げようとしている姿を直接見ることができて、改めてチームの良さを実感した。『このチームで良かった』と思う」。1年間主将として必死になって背中を見せてきた。もう、悔いはなかった。

(取材/記事:根本 成)

インタビュー

小野吏久人・鈴木菜々花

ー 4日間を終えての感想は
(鈴木) 厳しい戦いを強いられたんですけど、「チームって最高だな」って実感できた4日間になりました。
(小野) 当初は男子がシード権、女子が総合5位を目指していました。結果としては男女共にシード権を逃す形になって残念な気持ちはありますが、最後の8継までチームが一丸となって応援している姿や選手たちが懸命にタイムを上げようとしている姿を直接見ることができて、改めてチームの良さを実感する試合になりました。

ー 最終日始まる前はどういった声かけをしましたか
(小野) 3日目を終えた時点で、男女ともにシード圏内まで僅差となっていました。最終日は疲労困憊の中で気力と体力の勝負になるので、チーム一丸となって、支え合って戦おうと朝のミーティングの時に話しました。
(鈴木) 最終日のレースに出ていた選手は、前日からもレース数をこなしてきていて疲労があったんですけど、自分たちがやってきたことを信じてスタート台に立つようにということを伝えました。また、泳いでいる人たちだけが頑張れば良いという訳ではないので、サポートメンバーに対しても一丸となって応援をしようと言いました。

ー 最終日の戦いを振り返って
(小野)最終的には、男女ともに次の代にシードを残すことができませんでした。そこはすごく悔しい部分です。しかし、1年生から4年生までチーム全員が最後のタッチまで諦めずに戦ってくれたのを見て、良いチームだなと思いました。

ー 1年間主将としてチームを引っ張ってきた感想は
(小野) 主将になった当初、僕自身全然記録が出ていなくて、最後のインカレでも結果を残すことができませんでした。悔しい1年間だったという思いもありますが、僕に主将を任せてくれた、最後のインカレを主将として戦わせてくれたチームメイトにすごく感謝しています。自分の中でも「このチームで良かった」と思うほど最高のチームメイトに恵まれました。
(鈴木) 最後まで仲間に支えられたなという思いが強いです。同期も後輩もとても心強かったです。最後のインカレでは精神的にも支えられましたし、得点の面でも稼いで盛り上げてくれる仲間に巡り会えて本当に良かったです。当初は私が主将でいいのか不安な部分がありましたが、最後の私のレースを見て「カッコよかったです」と言ってもらえてここまでやってきて良かったな、皆んなに応援される選手になれて良かったなと感じています。

ー 最後の個人レースを終えての感想は
(鈴木) 一言で言えば楽しかったです。最後のレースに4年間分の思いを込めることができました。タッチしてすぐに仲間の方に笑顔を見せることができたので良かったです。
(小野) 0歳から水泳を続けてきて、21年目ですけど、レース前は本当に今日で終わってしまうのかなという思いがありました。レース直前に応援席の仲間の姿が目に入って、やる気をもらうことができました。最後は自分のためにも、そしてチームのためにも頑張ろうという思いで飛び込むことができました。タイムとしては自己ベストからかけ離れてしまいましたが、ラスト50mでこれまでお世話になってきた方々の顔が浮かんできて、最後のタッチまで自分の100%の力を出し切ることができました。もちろん悔しい気持ちもありますが、とても清々しい思いで一杯です。

鈴木主将は100m自由形で競技生活を締めくくった

ー 後輩たちに向けてメッセージをお願いします
(小野) 男子8位、女子5位を目指したインカレは、目標には届かない結果になりました。今年男女ともにシード権を逃したので、この悔しい気持ちを絶対に忘れないで1年間過ごして来年のインカレで戦ってほしいです。
(鈴木) 主将として上に立ってきて感じたのは、チーム全体で頑張ることの大切さでした。新主将を筆頭に皆んなで力を合わせて頑張ってほしいです。また、競技以外でもたくさんの最高の思い出を作ってほしいです。

山尾隼人

ー 決勝を終えてどういった気持ちでしょうか
本当に予選から全力で行ってなんとか決勝に残ることができたんですけど、全然勝負になりませんでした。今年も全然チームに貢献できていないと思いますし、情けない気持ちで今はいっぱいです。

ー 予選が終わった段階での手応えは
調子が昨日、今日と上がってきていたんですけど、それでもやはり練習不足が響いて200mは厳しかったです。ただ僕自身、表彰台に上れるレベルだったので、コンディションは良くないですけど、出るからには表彰台を目指して最後まで泳ぎ切りました。

ー 直前にアクシデントがあり悔しかったと思います
今回出場している神奈川大学さんにもアクシデントがあって、それでもチームとして活躍している姿を見ると直前にコロナになったのは言い訳にはならないなと思います。自分としても試合が始まる前は、それを言い訳にせず、精一杯頑張りたいと思っていたので。まだまだ実力不足です。

ー 昨年卒業した先輩の思いを引き継いでのインカレでした
大会直前に前主将の宮本一平さんから「法政のエースとして頑張れ」って連絡があったんですけど、全然一平さんに及ぶような活躍ができなくて、自分は結果を出してチームを引っ張っていかなくてはいけない立場なのにそれができなくて本当に悔しいです。

ー 来年の目標は
来年のインカレは必ず個人で2冠をして、リレーでも活躍して、チームとしてもシード権を獲得したいです。この1年間で、みんなにコイツになら任せられるという存在になれるように頑張りたいです。

関連記事一覧